キシリトールガムで歯を健康に

高齢化が進む中で、「歯を丈夫で健康に保つこと」に改めて注目が集まっている。

ある研究者は虫歯のできるメカニズムについてこう話します。

「虫歯菌(ミュータンス菌)は、歯の表面や隙間に残った食べ物の糖をエサにして歯垢を作り出します。その歯垢の中に住みついてドンドン繁殖すると、糖を発酵させて酸を生み出し、歯のエナメル質を溶かしてしまうのです。」
と言っています。

白樺などから作られる甘味料のキシリトールには、歯の健康を保つ2つの特徴が報告されています。

1つは虫歯の原因にならないこと。

なぜキシリトールは虫歯の原因にならないのか。。。

それは、キシリトールを虫歯菌がエサにして食べても、歯垢の原因となる成分や酸を作り出すことができないからです。

もう一つの歯の石灰化については、キシリトールに加えて海藻であるフクロノリの抽出物とリン酸一水素カルシウム3つが合わさることで、唾液による歯の再石灰化の増強が期待できます。

この3つの成分を含むトクホのキシリトールガムは噛んで楽しみながら唾液に備わっている再石灰化の働きを増強させることができます。

ガムを噛むと唾液が出やすくなりますし、歯の再石灰化を助ける成分も口の中に長く留まります。

そこがキシリトールガムを噛む習慣を今から身に着けたいものですね。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております