りんご歯科医院ブログ

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

入れ歯では、健康な歯には勝てません。だから、予防に励みましょうね。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 当院では、若い世代(40代~50代)の方の入れ歯診療も多いです。

僕は、入れ歯診療を得意としていますし、入れ歯治療は大好きですからね。

ありがたいことだとは思います。

また、ちょうどこの世代から歯周病がひどくなってしまい、抜歯せざる負えなくなり、入れ歯を装着するという方が増えてきますからね。

もちろん、極力は抜かないで保存することに努めたくは思いますが、現実は、何でここまで放っておいたのだろうかと僕自身が悩むことが多いですよ。

若い世代で入れ歯になるということは、これから40年か50年も入れ歯と付き合っていかなければならないわけですからね。。。

正直、大変なことだと思います。

残存してある歯も、恐らく歯周病か虫歯は少なからず存在するかと思いますし。。。

できるだけ、残存歯を守って行きたいとは思うのですが、入れ歯を装着した方の多くは、歳を取った歯は抜けるものだと思っている人がいまだに多くいるように感じます。

正直それはないですよ。

歯をきちんと磨いて、健康な時からメンテナンス(定期健診)に罹っている方は何歳だろうと歯は残りますからね。

要は、その口腔内をキレイにするという意識の差が全然違うのです。

特に、過去に歯周病の治療を受けていたことがあるとか虫歯で詰め物が多いというような方は、要注意ですよ。

歯を抜いてから、入れ歯になってしまわないように歯が健康なうちから、予防に励むことをお勧めいたしますよ。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


総入れ歯で何でも食べれるというのは、難しいことです。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 総入れ歯を使用中の方は解るかと思いますが、総入れ歯で何でも食べれるかというと正直、難しいと思います。

総入れ歯は歯が一本もないため、部分入れ歯のように残存歯に維持を取ることはできません。

つまり粘膜負担になるのですね。

総入れ歯を安定させるのには顎堤の状態、口腔周囲の筋圧による安定と、唾液による粘着力も必要です。

条件が良ければ、それほど難しくなく作ることができますが、条件が良いという人も決して多くはないです。

僕たちは、この総入れ歯を安定させるために、型取りや咬み合わせ決めを行いますが、なかなか簡単にいかないことの方が多いです。

そのため、時間はかかりますし、時間をおいてもう一回、やらなければならないことも多いです。

まあ、そうやることによって精度は上がっていきますが。。。

また、この総入れ歯をセットしてから、使いこなせるようになるための時間も相当かかりますね。

総入れ歯になると、本当に思ったように食べれない、喋れないということが起きやすいのは知っておいてほしいと思います。

もちろん最大限は努力いたしますし、ご満足いただけるように頑張って行きます。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 


入れ歯修理や増歯には時間がかかることがあります。

 

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 先日来られた患者さんですが、入れ歯を作ってほしいということで当院に来られました。

上顎は歯が一本もなく、総入れ歯です。

下顎はプラプラに揺れている歯が一本のみありました。

これはすぐに抜歯をしなければならないと思い、説明をすると、患者さんの方も「そうしてください。」とすぐに同意を得ました。

しかしながら、問題はその後なのですが、この歯だけの抜歯と増歯(既存の入れ歯に歯を足すこと。)の処置のみならず、その他にも歯が抜けていてそのままにしていた箇所があり、そこにも入れ歯に人工歯を足さなければならないような状態でした。

もちろん、その場合はそれを行うべきなのでしょうが、その時間は営業終了時間に近くなっており、大変患者さんが込み合っていました。

しかも、とてもその時間で終わるような処置ではないため、「この入れ歯を預かって修理させてもらってもいいですか?そして明日のお昼までには直しておきますので。」と提案したのですが、患者さんの方から「いや、今日これがないと困る。」と言われてしまいました。

日にちを改めて、抜歯と増歯の時間を取ろうかとも思いましたが、その動揺している歯はもう今にも抜けそうです。

次の予約で時間を取れる日を確認すると、2週間後でしたからね。。。

その間に、この歯は絶対に抜けてしまうなと思いました。

患者さんも、「この歯を何とか抜歯してほしい。」という気持ちに、揺るぎはないようでした。

でも、それを抜いてそのまま帰って、入れ歯を使えるようには絶対にならないだろうなという予測は誰の目からも明らかでしたからね。。。

結局、患者さんにお時間をいただいて、待機していただき僕とスタッフで何とかその日に数本の増歯も行いました。

勤務時間をオーバーしてしまったにも関わらず、「私は大丈夫です。」と笑顔で対応してくれたスタッフ達に本当に感謝いたします。

それにしても、今後はこういうことが続いてしまわないように何か対策を立てていかなければならないなと思いました。

当院では、入れ歯の患者さんが本当に多いですからね。

必然的に、抜歯操作と増歯などの入れ歯修理もすごく多いです。

できるだけ、勤務時間を越えずに良い意味で要領よくやれるように頑張っていきたいです。

僕はともかく、スタッフの負担はあまり増やしたくないですからね。。。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 


日曜日は、ほとんど講習会に参加しています。

 

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 今日は日曜日で当院はお休みです。

最近、日曜日に新潟にいるのは珍しいです。

僕は月に1回は、東京に歯科矯正のセミナーに泊まり込みで参加していますし、それ以外の講習会や学会にも結構行っています。

大学生の時は、あまり歯科の勉強をすることはなかったです。

留年さえしなければいいやと思っていましたからね。

幸いにもストレートで大学を卒業し、国家試験も1回で合格し大学院にも入ることができたのは本当にラッキーです。

そんな感じだったので、今になって大学生の時にもっと一生懸命に勉強しておけばよかったなーと思うことは正直、たくさんありますね。

また、その時に習ったものよりも機械や材料はドンドン良いものに変わってきました。

従って、考え方そのものを変えるということよりも、その新しい機械を使いこなせるようになる必要性を感じますね。

本当は、もっともっと新しい材料や機械を取りそろえたい気もいたしますが、いかんせん高額なものばかりです。

すぐには導入できないこともあります。

でも少しずつ、セミナーや講習会に行ってその導入を伺っているような状況ですね。

ただ、歯科の勉強は本当に楽しいです。

学生の頃は、歯科って口腔内のことがメインで口の中だけで終わってしまうのは面白くないなと感じたことも多くありましたが、今は口の中から全身の健康に繋がっているんだということが実感として解るので、面白くてたまりません。

歯周病と糖尿病の因果関係も大分明らかになってきましたし、咬合の不調和が脳の機能障害にも繋がったりします。

訪問診療で、ほぼ寝たきりだった人が入れ歯を入れてご飯を食べれるようになって、元気になり立ち上がって僕に「ありがとうございました。」と言われたときは涙が出そうになるほど、嬉しかったですから。

歯科には無限の可能性がありますね。

現在の僕は、まだそれを全ての人に提供できるわけではないですし、知識的にも技術的にもまだまだと思うことがあります。

もっともっと多くの人に提供できるように勉強していきたいなと思いますよ。

僕も、今年で50歳です。

若いとは言えない歳ですよね。

でも、現役である時間はあと15年はあるわけですよね、一般的には。

現役である以上は、この努力を続けて頑張ることを約束しますよ。


即時入れ歯の後の本入れ歯は自由診療で作りませんか?

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯は自分のモノとして機能するまでは、時間がかかることは知っていただきたいものです。

特に、即時入れ歯のような仮入れ歯となるものは、なかなか適合のいいものにはなりにくいです。

この即時入れ歯は歯があるうちに型と咬み合わせを取らせていただき、あらかじめ作製しておき、抜歯後、すぐにセットされるので、抜歯窩が塞がるのは完全に予想して作っていますからね。

傷の範囲にもよりますが、個人差も大きいですから。

まして、初めて入れ歯を作る方はこの辛さがなかなか理解できないものです。

入れ歯で、もともと自分の健康な歯と同じように噛むのはほぼ無理ですからね(重度の歯周病でプラプラ動く歯よりはいいかもしれませんが。。。)。

でも、この段階で頑張って使っていただいた方は、新しく入れ歯を再製作する際には必ず良いものになりますよ。

新製された入れ歯は、即時入れ歯よりも格段に適合もいいでしょうからね。

ただ保険で即時入れ歯を作られた場合、仮に抜歯した傷が完全にふさがって歯茎が安定していたとしても、6カ月は保険診療内で再製作することは認められておりません。

自由診療であるならば、このルールに縛られることなく入れ歯の製作に入ることができます。

その際には、金属床の入れ歯であれば、保険の入れ歯の欠点も補うことができます。

それこそ、傷が治って歯茎が落ち着いた段階で自由診療でやらせてもらえるのならば、もっと早く良い入れ歯ができるのになと思うことはたくさんありますよ。

入れ歯は毎日、自分の器官として使用するものです。

生活の質の向上のためにも、自由診療を是非、考えていただけたらと思います。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


入れ歯治療は大好きですが。。。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯診療は自分の中でも本当に大好きな治療です。

 

入れ歯製作をお願いされると、心の中で「やったー、また入れ歯を作れる。」と思えます。

 

入れ歯が、どんだけ好きなんだろうと、自分でも驚いてしまいますよ。

 

それは、自由診療だからとか保険診療だからとかというのは関係ないです(といっても、自由診療の方がやっぱりうれしいですね。。。)。

 

好きな入れ歯の、診療後はおいしいビールがこれで飲めるなーと帰りの車ではいつも考えています。

 

反対に、嫌な気分になるのは入れ歯が装着後に痛かったと言われることと、僕が作った入れ歯を作り替えなければならない時ですかね。。。

 

特に、それがクラスプというバネが係る歯が歯周病などで抜歯をしなければならなくなり、それが増歯だけでは済まなくて、造り替えなければならないというときは、結構嫌なモノです。

 

それは、そうなったのには恐らく、定期健診には来なくなり、歯周病が進行した歯だと思われることが多いからですね。

 

つまり、口腔内の衛生管理が悪いと言えるのです。

 

その管理は、患者さんだけの問題とは言えないかもしれませんね。

 

でも前から、口腔内の衛生面については患者さんに口頭のみでなく、書面にしたり、データ値を見せたりしていますが、なかなか理解してもらえないこともありますね。。。

 

それを伝えて患者さんに解ってもらうのも、歯科医院の仕事と考えると、まだまだ患者さんに歯磨きや定期健診の大切さはあまり浸透していないなと思いますね。。。

 

本当に、ある意味、責任を感じますね。

 

当院では、できるだけ残存歯は残し、その上で欠損があれば良い入れ歯を提供していくことを目標にしています。

 

あまりにも重度の虫歯や、歯周病ならば抜歯はしなければならないでしょうが、中程度以下ならば、極力保存することを目指しています。

 

でも、そのためには定期健診を受け、歯科衛生士によるブラッシングのチェック、プロフェッショナル・クリーニングは必須です。

 

これをしっかり、やっていただけたらかなりの確率で、残存歯を残せると思います。

 

実際、部分入れ歯の方で、しっかりメンテナンスに来てくれている方の抜歯はほとんどなくなりましたよ。

 

是非、この定期健診にしっかり通っていただき、口腔内の衛生管理の徹底を図りましょう。

 

そして、部分入れ歯だとしても、入れ歯のバネが係る歯はもちろん、残存歯があるのならば、それ以上歯をなくさないことが、入れ歯を長持ちさせるために必要なことと言えます。

 

これ以上、入れ歯を作り替えなくても良いように、一緒に頑張っていきましょう。


ノンクラスプ入れ歯は、診査が大切ですね。

1427273025427.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯に悩み、相談に来られる方は多いです。

でも、多くの人は部分入れ歯で悩まれていますね。

特に、多いのが入れ歯のバネを見えないようにしたいという方ですね。

でも、この入れ歯のバネを見えないようにするためには、設計の点で奥歯にバネを掛けて、前歯には掛けないというだけで改善されるケースもありますが、前歯しか残存していないと保険の入れ歯では難しいですね。

自由診療であれば、ノンクラスプ入れ歯で対応できることが多いです。

しかしながら、これも適正かどうかの診査が必要です。

大体多くの歯の欠損の理由は、歯周病によるものが多いですからね。

もし残存している歯にも、中程度以上の歯周病があると、ノンクラスプ入れ歯もリスクがあります。

ノンクラスプ入れ歯は、金属のバネを使わない代わりに弾力性の高い歯肉色の床を残存歯の歯頚部に這わせて作ります。

そこをウイングと言っていますがそれで、維持を図るのですね。

歯を挟むようにして、把持させ、それで維持を図るので入れ歯の着脱の際に歯が引っ張られます。

そうすると、健康な歯では何の影響もないのですが、歯周病によって歯が揺れている場合、その歯の揺れを大きく助長させてしまう可能性がありますからね。

そうすると、その歯の寿命を短くしてしまうかもしれませんからね。

従って、ノンクラスプ入れ歯の場合、その歯周病の程度により向き、不向きが決まると思いますよ。

メリットとしては、金属のバネを使わないので特に若い方などには喜ばれますが、そういう意味でのデメリットもあるということは知っておいてほしいと思いますよ。

その辺りは、歯科医師とよく相談していただき、決めていただけたらと思います。


入れ歯を作る前段階で時間がかかることがあります。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯を新製したいということで、口腔内を拝見させていただくと、根管治療が必要な方がいることがあります。

その場合は、根管治療から行って冠が入るまで、入れ歯製作は出来ないことが多いです。

それに不満を持つ方も中にはいます。

もっと早くならないのかとか、入れ歯だけを作ってくれればいいんだと言う人も。。。

その方もいろいろ事情があるので、急ぎたい気持ちはわからないでもないですが、そこをおろそかにすると、ゆくゆく大変です。

できれば、その歯を金属のバネをかけられるようにしたいという意図があり、入れ歯の維持安定に関わってくるわけですからね。

もちろん、咬合にあまり関与しないような歯であれば入れ歯製作を先に急ぐこともありますが。

その辺りは、患者さんにきちんと説明しているつもりではありますが。。。

僕は、あまり残根状態(重度虫歯)を残して入れ歯製作をするのは好きではありません。

顎堤が維持されるので残した方が良いという考えもあるようですが。。。

あるデータでは、その残根の残存する確率は5年無いそうですからね。

あまり、咬合の関与ができない歯や維持に期待できない歯は抜いたほうが良いのではないかと思います。

もちろんその方の、全身状態にもよるところがありますが。。。

もちろん、できるだけ歯は残していきたいです。

保存することを第一に考えてはいます。

ただ、あまりにも歯の保存ということに傾倒し過ぎると良い結果が出ないということも中にはあるのだと思ってほしいです。

 


総入れ歯の維持・安定は大変です。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

総入れ歯が外れやすいので、何とかしてほしいという方が来院するのも珍しくはないです。 
 
総入れ歯は、歯が一本もないために入れ歯の維持を図るのは非常に困難なモノです。 
 
特に、歯茎が痩せてしまっており、入れ歯が乗っかる部分が不安定な方は、維持安定を得るのに非常に苦労します。 
 
特に入れ歯が乗る歯茎がやせている人は、入れ歯を吸着させるのに困難なケースがないわけでもないです。 
 
また、歯茎だけの問題だけでなく、唾液の量や舌圧、開口量や口腔周囲の筋圧の強さなどもかなり関係します。 
 
いろいろな問題をクリアして初めて、吸着を得ることができるのですね。。。 
 
また、総入れ歯を使いこなすための食べ方や食べ物の工夫も必要になることがあります。 
 
総入れ歯で、前歯を使ってフランスパンを嚙みきりたいという人も中にはいます。 
 
また、厚いビーフを食べたいという方も。。。 
 
正直、それは難しいです。 
 
特に総入れ歯の場合、前歯に大きな負担がかかると、後方部分から空気が入り簡単に入れ歯が外れますよ。 
 
何でも食べれる入れ歯がほしいという気持ちは解りますが、もし、そのようなことが簡単にできるのならば、みんな歯周病や虫歯になったら歯を抜いて、総入れ歯にするでしょうからね。。。。 
 
今の時代は、上下顎で総入れ歯の人は少ないです。 
 
総入れ歯になってしまった人は、歯科の世界ではかなり重症だと知って下さい。 
 
最大限の努力はします。。。でも、そのことは理解していただきたいです。 
 
今、お使いのモノよりも少しでも良いものを作るために、僕らは頑張っているのですが、神様が作った天然の歯には足下にも及ばないモノなんです。 
 
そのため、総入れ歯の前段階にいるブリッジや部分入れ歯を入れている方は、総入れ歯にならないように少しでも歯を残し、定期健診と、歯科衛生士が指導するブラッシング指導やプロフェッショナル・クリーニングに励みましょう。 
 
少しでも、総入れ歯にさせないようにするために、僕達もあらゆる努力をいたしますよ。 
 
今、そのような段階にいる方は、早めに歯科医院で相談されて下さいね。


近々、当院に新しいメンバーが加わります。

IMG_6851.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

今年の年末と来年度に新しく歯科衛生士の二人が、当院に来てくれることがほぼ決まりました。

そして、今まで非常勤で月・土曜日に来てくれていた歯科医師も来年4月に常勤医として当院に勤めてくれることが決定しました。

今年の12月(年末)に来てくれることになった歯科衛生士は、過去に他院の歯科衛生士として働いた経験のある方です。

でも、その方は8年間ほど歯科衛生士の仕事は一切しておらず、ブランクがある方です。

その方と僕は以前から知り合いで、ここを開院した際にもお声をかけさせていただいた方なのですが、その時は良い返事を頂けず、その方は他の職業についていました。

先日、その方が患者さんとして当院に来られた際にもう一度声をかけさせていただいたのですが、その日の夜にFBのメッセンジャーから、「是非、働きたいのですが。」という返事をいただきました。

ただ、過去に勤めていた歯科医院ではあまり良いイメージがないらしく、そのイメージに悩まされて不安に駆られてしまい、先日、僕の方にその不安な気持ちを打ち明けに医院に来られました。

その時にかなり弱気になっている彼女のコメントに対し、僕は、「あなたならできると思うし、今までの歯科医院の嫌なイメージを僕が払拭してみせる。」という言葉を発してしまいました。

正直、自分にそんな甲斐性があるのかは自分でも甚だ疑問ではありますが、全く根拠がないわけでもないです。

というのは、僕はともかく当院のスタッフはチーフを初め皆、素晴らしく人間ができている方達ばかりですから。

皆で、協力してその方のブランクを埋めていこうと今から張り切っていますよ。

その方は背が高く、スマートで素敵な女性です。

人当りも良く、素晴らしい歯科衛生士になるだろうと信じています。

そして、来年の4月(来年度)に当院に来るスタッフは来年の3月に衛生短大を卒業し、新しく歯科衛生士免許を取得される人です。

先日、問い合わせがあり2回の見学を経て、当院に決めてくださいました。

2回も見学に来られた彼女の真面目なところから、恐らくかなりの慎重派だとは思いますが、明るく笑顔がチャーミングな女性です。

この医院で歯科衛生士の第一歩を歩んでくれるのが本当に嬉しいですし、期待をしていますよ。

そして、現在アルバイトで来られている歯科医師の先生が、来年度から常勤で当院に来られることを思うと、診療の幅が広がりますし、その先生は人間的にも明るく頼りになる先生なので本当に楽しみです。

思えば、開院当初のスタッフは妻だけで、本当に寂しかったものですが今は多くのスタッフに囲まれ、そのスタッフ達と患者さんとのトークの中での笑い声があちらこちらで聞こえます。

皆、冗談が好きで楽しくて明るい素敵な人ばかりです。

本当にあと少し、あと少しで、僕が開院当初に描いていた青写真の人財が形になってきます。

でも、まだまだ満足はできません。

もっともっと設備的にも充実させていきたいですし、根本的には医院そのものも広く新しくしたいです。

でも、先ずは何よりも人財の確保が最優先と考えています。

優秀な人財には、僕が頭を下げてお願いしてでも来てもらいたく思います。

今はIT化が進み、機械を使ったサービスが重宝されていますね。

例えば、自動支払機なんかはそれの最たるものかもしれません。

でも、受付で「お大事にどうぞ。」と言われて医院を後にするのと、何も言われずささっと帰っていくのでは、その個人が持つ医院の印象ってどうなんでしょうかね。。。

確かに働き手不足のこの時代、当院でも絶対に行わないという訳ではありませんが、出来る限りは人財を確保していきたいと思います。

良いスタッフが多く集まるところに、良い患者さんは多く集まるのではないかと僕は思っていますからね。

僕の好きな戦国武将の武田信玄の言葉にもあるように「人は城 人は石垣 人は堀」という格言があります。

このことからも解るように、武田信玄は自分の部下を本当に家族のように思い、大切にしてきたようです。

僕も、このりんご歯科ファミリーを本当の家族だと思って大切にしていきたいです。

そしてそのファミリー達が、ずっと笑顔でいられるように僕は頑張ります。

そのためには、僕は力の限りを尽くしていきたいと思うのです。


12345...102030...