医院ブログ

スタッフブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

「だらだら食べ」はやめましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

食べ物を食べている時はお口の中が酸性になり、歯を溶かします。

歯が解ける原因は長い時間食事をする「だらだら食べ」です。

間食をとる際は食事の前後にしたり、飴やキャラメルも歯にはよくありません。

ぜひ、食事のとり方も見直してみてください。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 R.Y)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

虫歯を起こしやすい人に見られる特徴として上記に挙げる「だらだら食い」があります。

いつも間髪入れずに、口の中に食材やガム、飴を入れているような人は要注意ですね。

食事やおやつのとり方にも注意していきましょうね。

虫歯予防には大切なことですよ。


入れ歯でお悩みならば、ご相談ください。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

保険内で作る入れ歯(義歯)、保険外(自費)で作る義歯。

もし義歯を入れたことのある方なら、義歯を作る際に悩んだことがあるかもしれません。

実際に、義歯作製の際にはこの選択肢からまずは決定しなくてはなりません。 

まず保険内のものは、材料がいわゆるプラスチックのようなものになります。強度を出す為に、厚めにつくられたり、残っている歯に維持をもたせるための金具をつけたりします。

保険内なので、金額的にはそんなに高額にならないのが、メリットでしょうか。

ただ保険内義歯で、デメリットとして出てくるのが、先に話した厚さや、金具の金属色です。このデメリットを解決できるのが、保険外のものになります。

厚さを抑えるために、金属を使用することで、熱の伝わりも良くなり、食べているものの温かさを知ることもできます。

またバネの金属色が嫌だと言う方には、バネのないタイプの義歯を作ることができます。

もしかすると、色々な方法で今、患者さんが悩んでいることに解決法があるかもしれません。 

気になることがある方は是非ご相談を。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.O)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

入れ歯でお悩みの方は多いですよね。

より快適なものをお望みならば、自由診療の方が良いかもしれませんね。

自分の健康な歯と同じようにはなり得ませんが、保険診療内のものよりも材質的には快適になり得る可能性が多いですからね。

気になる方はご相談くださいね。


被せ物や詰め物を入れる前に考えてほしいこと。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院で扱っている補綴物の種類が増えました!

補綴物(被せ物)にもたくさんの種類があるのをご存知ですか?

「保険外の被せ物は高すぎる」と最初から保険内の銀歯にすると言う方もいらっしゃると思いますが、高いのにはそれなりの理由があるんです!

今後長い目で見ると、それ以上に満足のいくものになると思うので、1度自分にはどんな物が合っているのか、話を聞いてみてくださいね!

実は、保険内の銀歯は安いと言うのがメリットですが、長い時間噛んでいるうちに歪みがでて、歯と銀歯の間に隙間ができやすく、そこから虫歯菌が入り、知らない間に大きく虫歯が進行してしまっていたというケースが多いです。

一方で、保険外の被せ物は高いというのがデメリットですが、メリットとして、白いものはもちろん、壊れにくいもの、歪みにくいもの、プラーク(歯垢)がつきにくいもの、また、金歯は歯と同じようにすり減ってくれるので歯に優しいなど、保険外の被せ物は決して安いものではないですが、その人にとって生涯、満足して使ってもらえるものだと思います。

メリット、デメリットなど、スタッフやドクターに聞いた上で被せ物を選んでみてくださいね!

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 H.M)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

被せ物や詰め物は保険診療内で製作するとなると、保険のルール上、銀歯になる傾向があります。

基本的に歯の色に近いセラミックを使った被せ物や詰め物は自由診療になるはずです。

この材料のメリットとしては、色が天然歯と近くなり、艶もあっていいものです。

もし、気になるようならご相談くださいね。


定期健診に通うことは大切です。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

日本の定期検診の受診率は10%以下と言われているように治療が終わった途端、歯科医院から足が遠のいてしまうという方は少なくありません。

痛みや症状、虫歯が存在していた時にはあった不安が治療を終えることで安心に変わるからかもしれませんね。

ですが、久々に来院される方の多くは、口腔内の状態が悪くなっており最悪の場合、抜歯ということも少なくありません。

「定期検診を受ければよかった」「もっと歯磨きを頑張ればよかった」と後悔するのではなく今、将来の自分にできることをしてあげましょう。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M )

 

上記ブログについての院長の追加コメント

定期健診にしっかり罹ってくれる患者さんは、それほど多くないのが日本の現状ですね。

歯科医院は痛い時に行くところと思っている人が多いからだと思っています。

でも、それでは予防を本当の意味で達成できないのは周知の事実です。

是非、今ある歯を健康な状態で維持するように皆で務めるようにしましょうね。

 


歯の色が気になるようならば。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

皆さんは、自分の「歯の色」が気になったことがありませんか?

歯の着色の原因は内部からの原因と外部からの原因があります。

内部からの原因では、加齢によりエナメル質が薄くなり、その中の象牙質の色が透けて見えてしまうことです。

象牙質は黄色っぽい色をしていますが、加齢によってさらに色が濃くなっていきます。これらのことにより、象牙質の色が歯の色に影響し、歯が黄ばんだように感じてしまうのです。

外部からの原因では、コーヒーやお茶などに含まれる色素が歯の表面に沈着することで着色をしてしまいます。

またタバコのヤニが歯を黒くする原因となります。

他にも虫歯で歯が黒くなることや、歯の神経を取ると色が変わってしまうこともあります。

当院では、歯の着色が取れるパウダークリーニングや歯そのものを白くするホワイトニングも行ってます。

自分の歯の色が気になる方はお気軽にお声掛け下さい。

 

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.T)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

歯の色を気にして、当院でホワイトニングを受けられる方も少なくないです。

しかしながら、単なる着色で歯が黒っぽくなっている人も多いものです。

そのような方には、パウダークリーニングをお勧めしていますよ。

歯の色でお悩みならば、ご相談ください。


12345...102030...