医院ブログ

スタッフブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

どのような歯ブラシをお使いですか?

 

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

毎日使う歯ブラシ、皆さんは硬さはどのようなものをお使いですか?

硬さの好みはいろいろあるかと思いますが、選び方を間違ってしまうと汚れがしっかり落ちていなかったり、歯や歯茎を傷つけてしまったりしてしまうこともあります。

例えば、歯茎が弱い、歯肉炎で出血しやすい、磨く時に力が入ってしまうという方は「やわらかめ」、磨き方が弱いという方は「かため」といったようにその方に合った硬さがありますので、良く解らないという方はご相談ください。

(りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.H)

上記ブログについての院長の追加コメント

歯ブラシの硬さもいろいろありますよね。

よく患者さんは硬くないと磨いている気がしないといわれる方が多いですが、正直、歯ブラシの硬さはあまり関係ないです。

それよりも、歯ブラシを月に一回は新しいものに代えて磨くことや、自分の歯並びや隙間を考慮して磨きやすいものを選ぶことが大切です。

もし、自分に度の歯ブラシが適しているのか解らないようであるならば、ご相談いただけたら幸いです。


歯と歯の間も、しっかり掃除をすることを心掛けましょうね。

 

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯と歯の間のお掃除はしっかりとできていますか?

よく耳にするのが、「食べカスが挟まった時は、歯間ブラシやフロスを通しています。」というお話です。

もちろん食べカスを取るというのも大事なのですが、フロスや歯間ブラシはプラークを除去するという大切な役割もあります。

一見、綺麗にブラッシングができたと思っても、歯と歯の間にはべっとりとプラークがついています。

そのプラークは虫歯、歯周病、口臭の原因ともなります。

せめて1日1回は歯と歯の間をしっかりお掃除しましょうね。

(りんご歯科医院 歯科衛生士 R.M)

上記ブログについての院長の追加コメント

日常の毎回のブラッシングで、歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助材を使用している方は多くないかもしれませんね。

でも、歯と歯の間は虫歯にもなりやすい部位の一つです。

実際ここから、虫歯を作ってくる人をかなり見かけますよ。

極力、最低1回は磨くように心がけましょうね。

特に寝る前のお掃除は重要視してほしく思いますよ。


人に会う機会が増える前にホームホワイトニングをしませんか?

 

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

クリスマス、年末年始は人に会う機会が増えますね。

その前にホワイトニングをして口元をキレイにしてみませんか?

当院ではお家で2~3時間ほど使用していただく、ホームホワイトニングをご提供させていただいています。

医院内で行うオフィスホワイトニングよりも色持ちが良いですよ。

詳しくは、スタッフまでお尋ねください

(りんご歯科医院 歯科衛生士 M.H)

上記ブログについての院長の追加コメント

ホームホワイトニングを当院は行っています。

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べて、時間もかかります。

そのため、何かのイベントに合わせて歯を白くするのには不向きであります。

しかしながら、歯が痛みにくく後戻りしにくいといわれています。

ご興味のある方は、当院スタッフにお尋ねくださいね。

 


歯周病は怖い病気です。

 

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯垢は歯の表面だけでなく、肉眼では確認が難しい歯と歯肉の間にも溜まります。

歯垢が付着した状態が長く続くと、歯肉に炎症が起こります。

これを歯肉炎と言います。

歯肉炎を治療せずに放置すると歯を支えている歯槽骨という骨が溶かされてしまい「歯周病」が進行します。

虫歯と同様、歯周病は重症化すると歯を失いかねない恐ろしい病気ですが、初期段階では自覚症状がほとんどなく、発見が遅れてしまうことも少なくありません。

従って、定期的に歯科医院を受診し、悪化する前に治療することが重要です。

(りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.O)

上記ブログについての院長の追加コメント

歯周病は、歯肉のみならず歯槽骨や歯根膜にまで炎症が波及した状態です。

自覚症状は乏しく、気づいたら重症化してしまいます。

もし、歯肉からの出血や歯の動揺、歯肉の腫れなどを感じることがあれば、早めに歯科医院で相談しましょうね。

手遅れになると歯を抜かなければならない状況もあるかもしれませんからね。


詰め物、被せ物にも自由診療で行うという選択肢があります。

 

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 

虫歯になってしまった際に行う詰め物には、保険内で行う金属の詰め物から自由診療のセラミックやゴールドを使用したものなど、様々な種類があります。

できるだけ安く済ませたい、見た目が気にならないものなどがいい、汚れのつきにくいものにしたい、割れない、虫歯になりにくいものがいいなど患者さんによって重要視するものを変わってくるかと思います。

後になって後悔しないためにも是非、お話だけでも聞いてみてください。

(りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M)

上記ブログについての院長の追加コメント

当院では、被せ物や詰め物を装着するための型取りの際に患者さんの希望を聞くのと、実際のメリットとデメリットをお話させていただくことが多いです。

保険診療では、銀歯しか認められないものでも、自由診療であるならば見た目が歯にそっくりなセラミック素材で作ることが可能です。

患者さんの中には、銀歯しかないと思っている人もいますので。。。

しっかり当院スタッフがその辺りを説明させていただきますね。


12345...102030...