医院ブログ

スタッフブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

顎関節症をご存知ですか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

顎関節症という名前は聞いた事がある方は多いと思います。

今回は顎関節症に多い原因と症状、治療方法についてご説明いたします。

まず顎関節症に多い原因としてはストレスやストレスによる歯軋りや食いしばりです。

症状は顎の関節や筋肉の痛み、カクカク・ボキボキ・ザラザラ・ジャリジャリなどの関節音、開口障害・顎運動異常などです。

顎関節症は自然経過に伴い症状が軽減する傾向にあるので初期治療では開口運動などの理学療法やマウスピースのようなもので噛み合わせをコントロールするスプリント療法などが行われます。

顎の痛みや開口量に悩んでいる方は是非、ご相談ください。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 A.A)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

顎関節症の本当の意味での原因は、不明なことが多いです。

一般的にストレスや咬合とか言われていますが、副語的なものが多いのではないかと思います。

3代症状として、上記に挙げるものになりますね。

初期治療としては生活習慣の改善と、マッサージや開口練習で改善されることが多いですが、それでも上手くいかないようであればバイトプレーン(スプリント)というマウスピースを使用してもらうこともあります。

気になる方は、ご相談くださいね。

 


被せ物や詰め物は保険診療の銀歯で良いのでしょうか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院では、自由診療になることが多いですが白い被せ物や詰め物を製作することが多いです。

保険診療内では、金属しか認められない部位の被せ物でも自由診療ならば白い被せ物を作ることができます。

選ぶ基準として参考にしてほしいのが、見えないところは金属でも良いとお考えの人がいます。

それはそれで考え方もあるので否定はしませんが、自由診療の被せ物の方が材質的にも歯質に近く、適合面でも良いために二次虫歯が起こりにくいというメリットもあります。

もちろん、被せ物を入れるのに絶対に虫歯にならないということはないですが、しっかりメンテナンスに罹ってもらうことを前提に考えてみると、その歯の再治療は少ないと思いますよ。

折角、治したのに再発しやすいものを被せるのは、歯がかわいそうな気も致します。

是非、考えてみていただけたらと思います。

 

(りんご歯科医院 歯科助手 K.S)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

被せ物をあまり考えずに、保険の銀歯で良いですという人は少なくないです。

確かに自由診療の被せ物はキレイですが高額ではあります。

でも、再治療が少ないということは言えますね。

素材的にも歯質に近いですし、二次虫歯を起こしにくいと思いますよ。

適合面から言って、保険診療の銀歯よりは絶対に良いと思います。

そう言った意味でもよく考えていただけたらと思います。

 


歯磨き粉の組成を知ってもらい、リスクに伴った使用をお勧めできたらと思います。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

りんご歯科医院の技工士です。

今までの自分のブログにより、歯みがき粉成分の基本成分は紹介できたかと思います。

まとめると、清掃剤(研磨剤)、湿潤剤、発泡剤、香味剤、粘結剤、保存料が使われていて、用途別に薬用成分を追加して歯みがき粉は作られています。

またいろいろな歯磨き粉について、新知見があれば紹介したいと思います。

 

(りんご歯科医院 歯科技工士 T.I)

上記ブログについての院長の追加コメント    

歯磨き粉にはいろいろな成分が入っていて、それぞれ役割も異なりますね。

そして、虫歯ケアなのか歯周病ケアなのか、知覚過敏ケアなのかによっても使用される薬剤は変わってきますね。

つまりは自分は今どのようなリスクを持っていて、それに合った歯磨き粉を使用することが実は大切なのですね。

それを知るためにも、本当は唾液検査を受けていただいて、自分にはどのようなリスクがあるかを知っていただくのが一番いいとは思います。

そうすれば、それに合った歯磨き粉や補助材を提示できますね。

それが本当の意味での予防に繋がると思います。

当院では、そのリスクを知るための唾液検査を行うことができます。

もし、気になる方はご相談くださいね。

☆唾液検査は1000円(税込み)となります。

 


お口の中の炎症。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

寒い時期が続いており、新型コロナウィルスの変異株が猛威を振るっています。

自分の体の免疫が気になる方も多いと思います。

免疫を上げるために食生活や、サプリ等いろいろな手段があると思います。

歯医者に行くというのもその一つです。

当院では器具の滅菌はもちろん、空間を除菌する空気清浄機、歯科ユニットから除菌水を流すシステム等様々な感染予防対策をとって診療にあたっています。

そして歯医者に行くことがどうして免疫を高めることにつながるのかというと、歯茎の炎症がある場合、どうしてもそこで歯周病の原因菌と体が戦うことになります。

本来体で使うべき力をお口の中でずーっと使ってしまうので本来の力が発揮されないのです。

歯科医院に行って歯茎のお掃除や、周りの状況を改善することで、免疫の活躍の場をお口から全身にしてあげましょう。

歯医者に通うようになってから風邪をあまりひかなくなったなんて言う方もいらっしゃいますよ。

 

(りんご歯科医院 歯科医師  A.S)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

体の免疫力を上げるために、お口の中を清潔にするということも大切な要素の一つです。

日常の歯磨きをキチンとされる方はもちろん、定期的に歯の健診およびクリーニングをされる方は、ウイルスや細菌に対する抵抗力は上がる可能性がありますよ。

それこそ、このコロナ禍において意識的に口腔内を清潔にすることを心掛けていただいて、新型コロナウイルスに負けない免疫力を身に着けていただけたらと思います。

 


お使いの歯磨き粉は研磨剤含有のものでしょうか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

今使っている歯磨き剤に研磨剤が入っているか、いないのか、わかっていますか?

通院して下さっている方に今使っている歯磨き粉のなかにザラザラとした研磨剤が入っていますか?と尋ねると、「分かりません。考えた事もなかった!」と答える方が多いです。

研磨剤は汚れを落としてくれますが、逆に適切に使用しなければ、歯を削ってしまいます。

そのため、ブラッシング圧が強い方、長時間歯磨きをしてしまう方、知覚過敏のある方はもちろん、電動歯ブラシを使用している方などは、あまり研磨剤が入っていない歯磨き剤をオススメします。

パッケージに「ジェルタイプ」「研磨剤無配合」と書いてあれば研磨剤が入っていないもの、「低研磨剤配合」と書いてあれば研磨力が弱いものが配合されているので、今の自分の口腔内や、使っている歯ブラシにはどんなものが合うのかは、担当のスタッフなどにお尋ねください!

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 H.M)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

研磨剤が配合されている歯磨き粉を使用して、力いっぱいに磨くとその研磨剤も手伝ってしまい、歯が摩耗してしまいます。

できれば、研磨剤無配合の方が良いかなとは思います。

気になる方は、ご相談くださいね。

 

 


12345...102030...