痛みに配慮した治療-新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

カウンセリングを重視。新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら当院へ。

025-255-6480

診療時間:月~金 9:30~19:00(火曜は18:00まで、土曜は17:00まで)

025-255-6480

診療時間:月~金 9:30~19:00(火曜は18:00まで、土曜は17:00まで)

痛みに配慮した治療

笑気麻酔器も完備、痛みに配慮した治療を心がけています

「歯の治療は痛い」と思っている方はまだまだたくさんいらっしゃいます。当院では電動麻酔器や笑気麻酔器などを使用し、できるだけ痛みを抑える治療に取り組んでいます。

むし歯の自覚症状があっても来院されない患者さんの多くは「歯科治療は痛い」「歯医者は怖い」といったイメージをお持ちです。そんな苦手なイメージをできるだけ感じさせないために、当院では痛みに配慮した治療に取り組んでいます。

むし歯は、一度なってしまったら自然に治ることはありません。違和感を覚えたときにすぐ治療をすれば簡単に治るのに「歯の治療は痛いからイヤ」という理由で我慢していると、取り返しのつかないことになるかもしれません。

当院では、痛みを少なくする取り組みを通して、歯医者が苦手な方でも安心して通える診療体制を整えています。

痛みを少なくする取り組み

表面麻酔

痛みを抑えるための麻酔ですが、その麻酔自体が痛かったという経験はありませんか?そんな注射針の痛みを和らげるのが表面麻酔です。患部に直接塗り薬のようなものを塗ることで、皮膚や粘膜を麻痺させます。まず表面麻酔をしてから効いてくるのを待って、いよいよ麻酔注射となります。

33ゲージの細い針

歯科医院で麻酔をするために使われている注射針は、30ゲージと呼ばれる太さのものが一般的です。しかし、麻酔針は細ければ細いほど痛みを抑えることができます。そのため当院では、注射針の中で最も細いとされている「33ゲージ」の針を採用しています。

電動麻酔器

麻酔薬を注入する際に痛みを感じることがあります。その痛みは、注入するスピードによる圧力が原因とされています。そこで当院では電動麻酔器という装置を使用し、ゆっくり麻酔薬を注入することで痛みや不快感を最小限に抑えています。

どうしても治療が怖いという方に【笑気麻酔】

笑気麻酔は、マスクをして鼻から吸うタイプの麻酔です。麻酔効果はそれほど高くありませんが、ほかの麻酔薬と比べて鎮痛効果が非常に高い特徴を持っています。より痛みを軽減させるために補助麻酔薬として使用します。治療後30分以内に肺などから体外に排泄され、副作用が少ないので安心してご使用いただけます。