子供の歯ぎしりについて。

「歯ぎしり」といっても、睡眠中に見られるものと起きているときに見られるものがあります。

さらに歯ぎしりにはぎりぎりと歯を擦り合わせるものや、ギュッと噛みしめるもの、カチカチ音がするものなどがあります。

この歯ぎしりは、成人に限らず、実は小児の方が頻度は高いとされ6歳ごろに多く見られるとの報告があります。

要因は様々ですが、心理的な要因として兄弟が増えた親との口論転校夫婦間の不仲などによるストレスや不安があります。

局所的要因として外傷性咬合(歯茎などの歯の周りの組織に悪い影響を与える咬み合わせのこと。)、乳臼歯の交叉咬合などが考えられますが、まだ明確なことは解っていません。


生活習慣を変えたり、ストレスを軽減させることで改善されることもあります。

しかし、歯科的には歯ぎしりを放置することにより歯の咬耗、歯の亀裂、乳歯の早期脱落、咬合高径の低下による不正咬合などを起こすことがあるので、改善が見られないときは歯科医院での定期的な経過観察や自宅での心理的アプローチが必要かと思います。


経過観察の結果によっては小児であっても、ナイトガード(就寝時に使用するマウスピース)の装着などで対応していく必要があるかもしれません。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております