口腔機能の低下を放置しないでください。

口腔機能低下症とは、病気や障害などの様々な要因によって口腔の機能が低下している状態をいいます。

これを放置しておくと、食べたり飲み込んだりする機能に障害がおこり、その結果、全身的な問題が起こります。

特に高齢者においては、虫歯や歯周病、入れ歯などの不具合などの要因に加えて、加齢や全身疾患によって口腔の機能が低下しやすく低栄養や廃用、薬剤の副作用などによって複雑な状態となります。

症状としては、口腔内の細菌の増加口腔乾燥噛む力の低下舌や口唇の運動機能の低下咀嚼や嚥下機能の低下など、複数の口腔機能が低下します。

口腔機能低下症の治療の目的は、口腔機能のさらなる悪化を予防し、全身的な機能障害に至らないように口腔機能を維持、回復することです。

全身疾患、飲んでいる薬剤、認知機能の程度、肺炎の既往などを評価し全身管理をするのはもちろんですが、虫歯や歯周病などの歯科の病気の治療を行い、口腔機能の精密検査により診断された口腔機能の低下に対して、その症状や患者さんの特性に応じた口腔機能訓練を行うことが必要です。

最近、しゃべりにくくなった、むせることがある、食べこぼしするようになった、噛めない食べ物が増えたなどの症状があった場合は、ご相談ください。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております