歯の突起が折れると痛いですよ。。。

「中心結節」という一般の人には馴染みの少ないものがあります。

全ての人に存在するわけではないのですが。。。

「中心結節」とは、小臼歯(犬歯の後ろ2本の歯)に多く見られる歯の形態異常の一つで、生えたての永久歯の真ん中に尖った突起のことです。

この突起は大人になって咬み合わせの関係上、すり減ってくることが多いのですが、まれに何かの拍子で折れてしまうことがあります。

実はこの突起の中にも神経が入っているため、突然折れてしまうと神経が出てしまう場合があります。

少しずつすり減るのであれば、神経もだんだん退縮するため、痛みを感じずに済むのですが、折れてしまうと最初はしみる程度でも、だんだん症状が強くなって痛みが生じたり、場合によっては歯の根の成長も止まることがあります。

また、感染すると根の先に膿の袋を持ってしまうこともあるのですね。

この場合、一見なんともないように見える歯が痛んだり腫れたりするので、判断が難しいのですが、レントゲン写真を撮ると根の先に黒い影が写ったりします。

一度、膿んでしまうと治療に時間もかかりますが、定期的に歯科医院に受診していれば、突然折れないように、少しずつ調整していくこともできます。

この中心結節は左右対称に存在することが多いので、一度でもそのようなことがあった方や、そのような心当たりのある方は、かかりつけの歯医者さんで見ていただくことをお薦めいたします。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております