« 2019年9月
2019年9月17日

磨きにくい場所を知りましょう。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 皆さんは、歯磨きの際に「この場所磨きにくいな。」といったような苦手部位はありませんか?

気づいていないかもしれませんが、誰でも磨きやすい場所と磨きにくい場所が出てきます。

磨き残しがある場所は、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

お口の健康を守るには自分の苦手とする部位を知り、それを取り除いてあげることが重要です。

そこで、お勧めさせていただきたいのが定期健診での衛生士によるブラッシング指導です。

苦手部位を教えてもらい、実践し、数か月後にまたチェックしてもらうと歯磨きへの関心が高まり、歯磨きが上手になりますよ。

            (りんご歯科医院 歯科助手 Y.H)


 上記ブログについての院長の追加コメント

自分の歯磨きの苦手な部位を知り、それに合ったブラシや歯間ブラシやデンタルフロスを使用することは必要なことですね。

そのためにも歯科医院で指導と定期健診を受けられることをお勧めいたします。

Google +1
2019年9月14日

歯磨きのやり方を是非、ご相談ください。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯ブラシだけでは6割程度の汚れしか落とせないと言われており、虫歯予防、歯周病予防という意味で考えた時にやや不十分と言えます。

そのために、必要になっているのが歯間ブラシやフロスといった補助的清掃用具です。

しっかりと使っているのに汚れが残っていると言われたという方は、もう一度使い方を見直してみてください。

歯間ブラシ、フロスともに真っすぐに挿入するだけでは不十分です。

歯面に沿わせて使いましょう。

また1か所につき必ず数回、少なくとも3回は動かすようにしてみてください。

ご自身でセルフケアの質を高めていきましょう。

           (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M)


 上記ブログについての院長の追加コメント

日常の歯磨きは患者さん自身で、食後に行っているかと思いますがそのやり方は適切でしょうかね?

よくあることなのですが、ただ単に力いっぱ磨いていても効果は上がりません。

返って健康な歯質や歯茎を傷つけることもあります。

自分の歯磨きに自信がないようであれば、是非、当院にご相談くださいね。

Google +1
2019年9月13日

予防のためにメンテナンスは必要です。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 メンテナンス(定期健診)を受けている人と、そうでない人は将来残っている歯の本数に差が出てしまうという研究結果が出ています。

今は大丈夫だと思っていてもできるだけ若いうちから歯のメンテナンスを受けることをお勧めします。
            
          
            (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.H)


 上記ブログについての院長の追加コメント

当院でも、定期健診には力を入れて予防に励んでいます。

仮に入れ歯であったとしても、多くの方は部分入れ歯であると思いますし、総入れ歯で歯が一本もないにしても、口腔内に変化がないかを見て対応や指導することは必要なことです。

歯科医院は、今や治療をするところと考えるのはナンセンスです。

できるだけ良い歯の状態のまま維持できるように、3ヶ月に1回の定期健診とプロフェッショナル・クリーニングをお勧めいたします。

Google +1
2019年9月12日

ホームホワイトニングは手軽です。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 ホワイトニングには2種類あることをご存知でしょうか?

1つは歯科医院にて行うオフィスホワイトニング、もう一つはご自宅で行っていただくホームホワイトニングです。

当院にて行っているホームホワイトニングのメリットとしては、オフィスホワイトニングに比べると薬液の濃度を低めに設定しているため、刺激が少なく歯がしみにくいです。

まあt、時間はかかってしまうのですが薬液がゆっくりと深く浸透してくれるため、後戻りがゆっくりです。

そして来院回数が少なく済むこともメリットの一つです。

当院では。ホームホワイトニングを行うための説明、トレー製作、薬剤のお渡しをしております。

興味がある方はいかがでしょうか?


            (りんご歯科医院 歯科衛生士 R.M)

 当院ではホームホワイトニングを推奨しております。

これは歯を自然な白さとし、後戻りもオフィスホワイトニングよりも少なくで見るというメリットがあります。

しかしながら、2~3週間の期間を要するため、時間はかかりますが。。。

ご希望の方は、ご相談いただけたら幸いです。

Google +1
2019年9月11日

舌を磨いていますか?

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯磨きの際、「歯」はもちろん磨くと思いますが、「舌」を磨くことはありますか?

舌には細菌や食べカス、粘膜のカスなどが白く付着します。

これは舌苔(ぜったい)と、言うのですが口臭の原因や誤嚥性肺炎の原因ともなるので、清掃が必要になります。

お薦めは軟らかい歯ブラシか舌ブラシを使用し、こすり取ります。

奥に入れすぎると、嘔吐反射を起こしやすいので舌を軽く前に突き出してブラシを奥から手前に動かしましょう。

注意することは、舌は非常にデリケートなので何度もこすったり、力を入れすぎると粘膜や味覚を感知する未来を傷つけてしまうこともあるので、一度で舌苔を切り取ろうとせず、数日かけて量を減らすようにしましょう。
           
           
             (りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.O)

 上記ブログについての院長の追加コメント

歯磨きの際に、鏡で舌の表面を見てみましょう。

うっすらと白い膜が張ってあるぐらいなら、問題ないレベルですが、中には真っ白になっている人がいます。

こうなると、口臭の原因にもなりますのでできるだけ除去することをお勧めいたします。

Google +1
2019年9月10日

お口のケアの確認は歯科医院で。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 最近、お口のケアを気にされる方が増えています。

虫歯にならないようにと歯石取りを希望され、来院される方も多いです。

毎日のケアが行き届いている方であれば、3ヶ月に1度のお口の掃除をお勧めしますが、お口のケアが得意でない方、できたら1カ月に1度を目安にするのもいいと思います。

自分がどのタイプなのか、歯科医院で確認されると良いと思います。

            (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M)


 上記ブログについての院長の追加コメント


定期健診の頻度は、当院では3ヶ月に1度の来院をお勧めしています。

歯石は硬くなると取れにくくなります。

できるだけ一回の来院で除去するには少なくともこの間隔でクリーニングをさせていただくのが良いと思います。

ご希望の方は、ご連絡ください。

Google +1
2019年9月 9日

歯に着色は気になりませんか?

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 お茶やコーヒーなどをよく飲む、煙草を吸っているという方は歯の表面に着色している場合が多くあります。

着色は黒く汚れがついてしまい、見た目が気になるということだけでなく、歯の表面を塑像にしてしまうため、その着色の上にプラークなどの汚れが溜まりやすい環境を作ってしまい、虫歯や歯周病の観点からしても良くないものと言えます。

着色は歯磨きで落とすことが難しいため、歯科医院でのクリーニングや摂取した後のうがいなどに注意して減らしていきましょう。


           (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M)


 上記ブログについての院長の追加コメント 

当院では、定期健診の際に歯のクリーニングも行っております。

特に着色しやすい人には、食生活についても聞かせて頂き、指導もしております。

気になる方は、ご相談ください。

Google +1
2019年9月 7日

プラークは定期的にしっかり除去しましょう。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 プラークとは細菌の塊のことで歯垢とも呼ばれています。

歯に付着したプラークは、そのうちに固くなってきます。

更に別のプラークが付着することによって少しずつ歯石が大きくなっていきます。

歯石自体が歯茎の組織を傷つけてしまうので、歯石は除去しなければいけません。

歯石の周りに付着しているプラークが周囲の歯茎を攻撃するため、赤みが出ること、腫れてしまうケースがあります。

このような理由から定期的なクリーニングで歯石を除去することが非常に大切になります。


             (りんご歯科医院 歯科助手 R.I)

 上記ブログについての院長の追加コメント

プラークの除去は日常のブラッシングである程度除去することができます。

でも、歯ブラシのみのブラッシングでは限界があります。

やはり、歯科医院で定期的にプロフェショナルクリーニングを歯科衛生士にしてもらうことが大切ですね。

ご希望の方はご連絡ください。

Google +1
2019年9月 6日

ホームホワイトニングに興味はありませんか?

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 最近、ホワイトニング希望の患者さんが多いように思います。

そこで、ある男性の患者さんから「男がホワイトニングするのって珍しくないですか?大丈夫でしょうか?」という質問を受けました。

結論から言いますと、全く珍しくありません。

男性でもホワイトニング希望される、また興味があるという方は多くいらっしゃいます。

比率で言えば女性の方が多いのが事実でありますが、珍しくはないのでご安心ください。

また、当院で行っているホームホワイトニングは、歯を自然な白さにしてくれるため、白すぎて浮くこともなくとてもきれいです。

興味がございましたら、お話だけでもいかがですか?


            (りんご歯科医院 歯科衛生士 R.M)


 上記ブログについての院長の追加コメント

当院でのホワイトニングはホームホワイトニングを行っています。

女性のみならず、男性でもこのホワイトニングを行う人は多いですよ。

ご興味のある方は、是非、ご相談ください。

Google +1
2019年9月 4日

マウスガードはメリットが多いです。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 最近、スポーツマウスピース(マウスガード)を使用しているスポーツ選手を見かけるようになりました。

子のマウスピースの一番の目的、効果といえば「外傷予防・軽減」で歯が折れたり、抜けたり、骨が折れたりすることを防止、または軽減します。

スポーツ時には人や物とぶつかったり、急な動きで口の中の粘膜や唇を歯で傷つけてしまうことも。。。

この歯をマウスピースで覆うことで、自分自身だけでなく相手を傷つけることも少なくなります。

            
           (りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.O)

 上記ブログについての院長の追加コメント

近頃は、アマチュア選手にもこのマウスガードが普及されてきた感があります。

実際、顎口腔の外傷は学童期に多いとされています。

このマウスガードの最大の目的は、外傷予防です。

コンタクトスポーツと言われるものには必須のアイテムと思われます。

ご希望の方は、是非、ご相談ください。

Google +1

りんご歯科医院 - スタッフブログ
スタッフブログ

http://www.ringo-dental.jp/

Google +1