« 2018年10月
2018年10月15日

ホームホワイトニングで歯を白くしませんか?

1438647044402.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 テレビや映画で見る欧米の人達は、すごく歯が白いように感じませんか?

これは、日本人と欧米人との歯の質にもよるものです。

日本人の歯質は表層のエナメル質が薄いため、その内側の象牙質の色みで欧米人より黄色っぽく見えるのです。

この黄色っぽさを白くするには、やはりホワイトニングがお勧めです。

ホワイトニングには歯を白くすることができますが、白さへの限界もありますので、その旨は相談の際に、ご説明させて下さい。

             (りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.O)

 上記ブログについての院長の追加コメント

 ホームホワイトニングはメリットは多くありますが、即効性は少ないです。

従って、1週間後のイベントに合わせて歯を白くしてほしいというような依頼を受けることが度々ありますが、ホームホワイトニングでやることは難しいです。

できれば、一ヶ月は時間をいただきたいと思います(最低2~3週間は必要ですね。)。

もし、どうしてもそのイベントに合わせて白くしたいならばオフィスホワイトニングをしている歯科医院やサロンに紹介することは可能ですよ(当院ではオフィスホワイトニングは取り扱っておりません。)。

ただ、案外着色や、歯石がついているために歯の色が黄色くなっている人もいますので、その場合は、歯石除去と歯のクリーニングでだいぶ印象は変わります。

手軽で簡便なホワイトニングですが、中には知覚過敏症の強い方等の向かない人もいますので、診査はしっかりさせていただくのが良いかと思います。

歯の色が気になっている方は、是非ご相談下さいね。


ホームホワイトニングの詳しい案内は
自由診療 料金表の案内は

Google +1
2018年10月12日

歯磨き、工夫してみて下さい。

1438647044402.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 よく歯と歯の間が虫歯になっている方を目にすることが多いです。

ただ歯ブラシだけで、しっかり磨けば良いという訳ではありません。

いくつか工夫する必要があります。

1.歯間ブラシやフロスを通して、歯と歯の間の汚れを取り除く。

2.ダラダラ食べない。

3.虫歯予防の歯磨き剤を使用する(法律の改定でフッ素を1000ppmから1500ppmまで入れることができ、虫歯抑制率が20%もアップしたと報告されました。)

4.歯磨きをした後のうがいは15ミリリットル程度の少ない水で1回だけすぐ(特に夜にやってください。)等です。

少しの工夫をするだけで、虫歯になる可能性がグンと下がりますよ。

            (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.H)

 上記ブログについての院長の追加コメント

 歯磨きをする際には、奥歯の歯と歯の間までしっかり汚れが取れるように、歯ブラシの毛先をしっかり当てて磨きましょうとよく言われていますね。

特に、歯と歯茎の間や、前歯と前歯の間も虫歯になりやすいところです。

お子さんの場合で、保護者の方が仕上げ磨きをする時は、こうした虫歯になりやすい部位を意識して、きれいにブラッシングしてあげましょう。

歯と歯の間は、普通の歯ブラシだけでは、不十分です。

デンタルフロスや歯間ブラシを使って汚れをしっかり落としてあげましょう。

初期の虫歯なら、患部を削らずに様子を見ていくこともあります。

これだと、特に小さい子どもさんでも、虫歯治療の負担を感じなくてすみます。

でも、定期健診で歯医者さんに診てもらう事をお薦めいたします。

もし、穴が開いているなどの虫歯を自覚していたら、しっかり治療に努めましょうね。

虫歯を放っておいても、良いことは絶対にありませんからね。。。

※10月13日(土)は、講習会参加のため、休診となります。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。


Google +1
2018年10月11日

ホームホワイトニングで自然な白い歯にしませんか。

1438647044402.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 最近は秋も深まり、朝晩は特に涼しくなりましたね。

秋は、美味しいものも多くありますし、おしゃれを楽しむ人にとっては良い季節です。

でも、せっかくおしゃれをしても、ニコッと笑ったときに見える歯が黄ばんでいたり、虫歯があったりしたら、台無しですよね。

魅力は激減するのではないでしょうか。。。

本当のおしゃれさんというのは外見そのものよりも、そういう所を気にされるものなのではないでしょうかね。

この時期になると、歯のクリーニングやホームホワイトニングを希望される方が本当に多いです。

当院で行うホワイトニングはホームホワイトニングといって、その人に合ったマウスピースを製作し、その内面に薬剤を貼付し口腔内にマウスピースをセットしたまま眠って朝になったら水洗いしていただくものです。

それを2~3週間繰り返すことで、歯は自然な白さになりますよ。

歯科医院の院内で行うオフィスホワイトニングのように、即効性はないですが徐々に歯を白くさせていくため、歯のダメージは少ないとされてますし、後戻りも少ないです。

当院では、そのような理由からホームホワイトニングのみしか行っていません。

このホームホワイトニングは、その人に合わせたマウスピースさえあれば薬剤のみのご購入でまた、ホームホワイトニングを始めることができますから、手軽なホワイトニング方法だと思います。

もし、ご興味のある方は、当院にご相談いただけたらと思います。

      
            (りんご歯科医院 歯科助手 K.S)

 上記ブログについての院長の追加コメント

 ホームホワイトニングは薬剤を用いて歯の表面や内部に付いた着色物質を分解し、歯の色を明るくすることができます。

当院のホームホワイトニングで用いられる薬剤は過酸化尿素です。

過酸化尿素には色を分解する力があり、この作用により透明度が上がります。

人体には害はありませんが、使用中にしみる症状(知覚過敏)がでることがあります。

しみる症状は時間とともに落ち着くことが多いです。

もし、しみる症状が続くようならば、連絡をいただきたく思います。

ホームホワイトニング中は色の濃い物を口にされるときはストローを使うなど工夫していただくことをお勧めします。

色が変化するのは天然の歯のみです。

人工的につめた物、被せ物は色が変わりません。

そのような部分は後日色を合わせて詰めなおしたり、やりかえることをお勧めします。

ホームホワイトニングによる白さは一生保つわけではないことはご理解下さい。

でも、歯科医院でメインテナンスをすることで白さを長持ちさせることが可能です。

生活習慣や嗜好品にも左右されますが、3か月ごとのメインテナンスをお勧めしています。

より持続させたい場合は2~3回/月ホワイトニングの薬剤を使用することで可能となります。

ホームホワイトニングの詳しい案内は
自由診療 料金表の案内は


Google +1
2018年10月10日

知覚過敏で歯がしみるのかも。。。

1438647044402.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 冷たいものを食べたり、歯を磨いたりしたときにピリッとした痛みを感じませんか?

歯周病やブラッシング時の力のかけ過ぎなどで、歯茎が下がると歯の根元(象牙質)が露出してしまいます。

象牙質は歯の表面を守っているエナメル質に比べて弱く、その表面は神経に通じる細かい穴がたくさん開いていて、その穴に冷たい水や空気が進入すると、知覚過敏を引き起こすことがあります。

何もしなければ痛くない事も多いのですが、早めの対策が必要です。

少しでも気になるようならば、原因を知って対策を一緒に考えていきましょう。

        
            (りんご歯科医院 歯科衛生士 C.K)

 上記ブログについての院長の追加コメント

 虫歯ではないのに、歯がしみて困るという経験のある人は少なくないと思います。

虫歯以外の原因としては、歯を磨く際に力いっぱい磨いてしまうために歯と歯茎の境目の歯質が削れてしまって起きるモノも考えられますし、歯ぎしりなどで削れてしまったために起こるモノもありますね。。。

恐らく知覚過敏だと思いますよ。

考えられる知覚過敏の予防法としては以下のものがあります。

・自分自身で行う予防
歯磨きするときは、以下のことに気をつけましょう。

1.歯磨き時のブラッシングに力を入れすぎないようにしましょう。

2.歯ブラシを小刻みに動かし、微振動であてるようにしましょう。

3.歯肉退縮が起きている場合、歯の根元付近のプラークをキレイにに取り除きましょう。

4.知覚過敏予防の歯みがき剤を使いましょう。

(知覚過過敏予防歯みがき剤に入っている薬用成分が、露出した象牙細管の入口をふさぎ知覚過敏を予防したり、症状を和らげます。)

・歯科医院で行う予防・処置

症状が続くようであれば、早めに歯科医院に相談し、適切な処置と指導を受けるのが良いかと思います。

歯科医院で行う処置には次のようなものがあります。

フッ化物塗布をすることで、象牙質の再石灰化を促進して象牙細管の開口部の狭窄・封鎖を促進する。

象牙質の表面にコーティング剤を塗布したり、レジン充填を行うことで刺激を遮断する。

原因となるかみ合わせを調整したり、夜間の歯ぎしりに対してナイトガードなどで対処する。

気になる方は、歯科医院でご相談下さい。

Google +1
2018年10月 6日

POICウオーターとエコシステムを知ってほしいです。

1438647044402.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 当院ではPOICウオーターという洗口液を患者さんに紹介しています。

診察前にPOICウオーターで洗口してもらってから、治療を始めます。

このPOICウオーターはタンパク分解型除菌水とも言われ、口の中のタンパク汚れ(プラーク、バイオフィルム)をうがいで分解し、歯から剥がしやすくしてくれます。

歯磨きをすると効率的に汚れを落とせます。

また、その後、除菌もしてくれる優れものです。

成分としてもローブロム塩という塩と純粋を混ぜて電気分解を専用の機械で生成しているので、薬品は全く使用していないので安心してお使いいただけます。

家でのブラッシング時にも、使用していただけたらと思います。

            (りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.O)

 上記ブログについての院長の追加コメント

 僕は、この除菌力にに魅せられて、POIC研究会認定のホームケアアドバイザーの資格を取得しました。

実はこのPOICウオーター以外にも世間には、次亜塩素酸水と言われるモノはあります。

でも、それは薬品を混ぜて作られたモノで副作用の懸念がありますし、pHや濃度は調整されていないのが現実です。

確かに、口に含んだときの味はものすごく悪く、「プールの臭いがする。」と患者さんから、よく言われます。

でも、それはPOICウオーターが汚れを分解して出る臭いで、「クロラミン臭」というモノなのです。

つまり、POICウオーターが汚れに反応して出る臭いで、口腔内がキレイになることにより感じなくなるものです。

これを継続使用することにより、口腔内がキレイになると全くそのようなことは無くなりますよ。

僕らは、毎日これを使って歯磨きしていますが、お口の中がキレイになるにつれて全然、味や臭いは気にならなくなりました。

このPOICウオーターで歯を磨いた後は、舌で歯の表面を触ると歯がつるつるしていて気持ちいいです。

是非、皆さんにもこのPOICウオーターを知っていただけたらなと思います。

また、当院ではこのPOICウオーターでうがいをしてもらい、(ブラッシングを併用するとさらに効果的ですが、当院では治療前のうがいのみになります。)口腔内の細菌をある程度リセットしてもらった後、エピオス社のエコシステムにより、殺菌水を使用しての治療となります。

このエピオス社のエコシステムは細菌のいない滅菌水ではなく、細菌が存在しないのは当然で、口腔内の細菌を叩く殺菌水が出ます。

週刊誌などで、このデンタルユニットから出る水が最近は問題視されています。

当院では、この問題は100パーセント解決したと自信を持って言えます。

当院のデンタルユニット全台はエコシステムを介しての水になっています(そのセントラルは、待合室に置いてあります。)。

是非、皆さんこのPOICウオーターとエピオス社のエコシステムを知っていただき、当院での治療を安心して受けていただけたらと思います。

※POICウオーターは、有料となりますがお渡しすることは可能です。日々のブラッシングに使用していただけたらと思います。ご興味のある方は詳しい説明を、歯科医師、歯科衛生士がいたしますので、ご相談ください。

※10月9日(火)は院長が出張のため、休診となります。ご迷惑をお掛けいたしますが何卒、よろしくお願いいたします。

Google +1
2018年10月 5日

歯石取りの必要性を知ってほしいです。

1438647044402.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯医者さんに行ったことがある人なら必ずやったことがある歯石取り。

「歯石取りってなぜ必要なの?」と疑問に思ったことはありませんか?

歯石とは最近の塊であるプラークが上手く歯ブラシなどで取り除くことができず、何日もかけて石のように硬くなってしまったものです。

歯石の表面はざらつき凸凹としているため、プラークが付着・増殖しやすく、それが虫歯や歯周病、口臭が発生する原因となります。

プラークは歯磨きなどのセルフケアで落とすことができますが、歯石になってしまうと自分では落とせません。

歯石のできやすさは、個人差がありますが毎日きちんと歯磨きをしていても歯石は付いてきます。

歯石は歯科医院での専用器具でしか落とすことができませんが、お口の健康を守るためには定期的なクリーニングがとても大切です。


            (りんご歯科医院 歯科助手 Y.H)


 上記ブログについての院長の追加コメント

 適正な歯磨きなどをして、歯垢の段階で除去していれば歯石は付かないとされています。

しかし、歯の磨き残しや部分的にどうしても歯石が取れない部分などに歯石が付いてしまいます。歯石は様々な歯と歯茎の病気を誘発します。

歯石の表面のザラツキに、さらに歯垢がたまり虫歯を誘発します。

さらに、虫歯は歯に見える部分に出来る歯石も次第に歯茎の裏(歯と歯茎の間)に範囲を広げていきます。

歯石は歯垢中の細菌の排泄物中のリン酸と唾液中のカルシウムと化学結合しリン酸カルシウムとなり堅く石灰化したものです。

たった2日で、磨き残しのプラークが硬い歯石になります。

この歯石はハブラシでは取り除くことができないため、ほうっておくとどんどん増え続け、歯周ポケットに細菌がすみついて歯周病を招いてしまいます。

また、歯石の沈着や歯周病にかかると、口臭の原因にもなるため定期的にクリーニングをし、歯石除去をすることが大切です。

これが付着して1年程であれば白い色で簡単にとれますが長年付着していると歯肉溝からの出血する血液と混じり黒く堅い歯石になります。

歯石は完全に除去しても、また付着してしまいます。

日々のブラッシングはもちろんですが、なるべく半年に一度、歯科医院で歯石除去することも歯の健康のために必要です。

Google +1
2018年10月 4日

入れ歯、リテーナー、マウスピースの洗浄について。

1438647044402.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 義歯やリテーナー、マウスピースなどは3日に1回は洗浄剤に浸けてもらいたいです。

たまに歯磨き粉で磨いている方がいますが、多くの歯磨き粉には研磨剤が入っているため、義歯やリーテーナー、ナイトガードを傷つけてしまい、その傷に細菌や汚れが溜まりやすく不潔になりやすいです。

正しく洗浄剤を使用して清潔に保ちましょう。

           (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.H)


 上記ブログについての院長の追加コメント

 入れ歯を磨くのに通常の歯ブラシを使用している方も多いですよね。

でも、それだけでは、形が複雑な入れ歯を隅々まで丁寧に磨くことは難しくなります。

入れ歯専用ブラシを使用することで、複雑な場所もきれいに磨くことができます。

入れ歯は、予備磨き・洗浄・本磨きの3段階で行うことでより清潔に保つことができますから。

手順は以下の通りです。

1.歯垢を軽く洗い流し、ある程度落ちたら専用ブラシで軽く磨きます。このとき、ヌルヌルとした感触がなくなるまで磨きましょう。

2.入れ歯の洗浄剤に浸ける 保管容器に洗浄剤を入れ、洗浄剤の説明書の指示に従って入れ歯やリテーナーを浸けます。

3.洗浄剤から出したら、洗浄剤によって浮き上がった汚れをおとします。ヌルヌルや汚れはもちろんですが、洗浄剤の成分も残ることのないようにしっかり水洗いしましょう。

基本的にはリテーナーやマウスピースもこのような手順で良いかと思います。

そして、保管する際は水を入れた容器にしまいましょう、 取り外した入れ歯は、乾燥するとひび割れや変形を起こしてしまう恐れがあります。

保管容器の水は毎日交換し、洗浄剤を利用することをおすすめします。


Google +1
2018年10月 3日

唾液の役割って、凄くあります。

1438647044402.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 私たちの食べ物を消化しやすくしたり、口の中の細菌の増殖を抑える役割をしているものは何でしょう。。。

それは、「唾液」です。

唾液は一日に約1~1.5リットルほど分泌すると言われており、かなりたくさんの働きをしております。

ですが、ストレスや疲れ、加齢などが関係して唾液が出にくくなることがあります。

口の渇きが気になったら、食べるときはよく嚙み、耳下腺、顎下腺、舌下腺という唾液が分泌されるところをマッサージすると効果的です。
            
            (りんご歯科医院 歯科衛生士 C.K)


 上記ブログについての院長の追加コメント

 口臭が気になる、口の中が渇く、歯肉が腫れている・・・。など、お口の中の状態が悪くて、思い切り笑えない、食べられない、しゃべれないといった経験はありませんか?

こうした悩みを解消し、口の中も体の中も元気にするために役立ててほしいのが、誰もが持っている「唾液」です。

唾液には食べ物を分解して吸収しやすい形に変える「消化作用」や傷を早く治す「抗菌作用」、病原菌を寄せ付けない「清浄作用」などがよく知られております。

さらに唾液には、筋肉、内臓、骨などの育成を助ける「パロチン」、脳を活性化して若返らせる「NGF」、皮膚を修復して新陳代謝を促進する「EGF」といったホルモンが含まれ、《唾液がたくさん出る=若返る》と言えるのです。

そこで、皆様にこの副作用ゼロの万能薬の「唾液」を増やすために生活習慣で気を付けていただきたいことを下記に記します。

1. お茶や水で食べ物を流し込まない。
最近はレストランで食事をするときも、水やお茶が出てきて、水分と一緒に食事をとることが当たり前になっていますね。しかし、かつての日本人はよく噛んで唾液をしっかり出し、唾液と一緒に食べ物を飲み込んでいました。よく噛まずに、水やお茶で流し込む習慣は意識してやめましょう。

2. 食材を工夫して噛む回数を増やす。
唾液をしっかり出すためには、口の周りの筋肉が発達していることが大切です。その筋肉を発達させるためには、簡単に飲みこめる状態にならない噛みごたえのある食材です。よって、食材の工夫も大切です。

3. 正しい姿勢で奥歯だけでなく前歯も使って、しっかり食べる。
食事中の姿勢が悪い人は前歯を使って食べることがなく、唾液が出にくくなります。食事中は両足をしっかり床につけて、正しい姿勢で食べましょう。

これらの事を気に掛けていただき、実践してみましょう。

きっと効果が出てきますよ。

Google +1
2018年10月 2日

定期健診で、適切なブラッシング方法を身につけましょう。

1438647044402.jpg

 新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

定期的に来院され、歯のお掃除をされている方の歯に小さい黒い点を発見しました。

虫歯になってしまいました。

ですが、定期的に診ている歯です。

今回、初めて発見できたのでホームケアに期待し、様子を見ることにしました。

進行がなければ、このまま様子を見ていっても大丈夫なくらいです。

定期的に受診されることで、削ることをせず、様子を見ていくこともできます。

今、ご自分の歯がどうなっているのかを歯科医院で確認しましょうね。

            (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M)


 上記ブログについての院長の追加コメント

 初期虫歯であれば、再石灰化によって修復することができるとされています。

実際に、当院でも初期虫歯によるホワイトスポットの状態では、治療をせずに定期健診でその都度、確認していくことがほとんどであります。

まずは丁寧に歯垢を落とすことに加えて、その再石灰化を促進するためのホームケアがとても大切だと思います。

そして次に大切なのが、定期健診だといえます。

もし、虫歯が初期のもので、その進行がなく再石灰化が期待できるようなものであれば、積極的には削らない方がいいと思いますからね。

患者さんとしても、それを悪くさせないようにしようと、口腔内の衛生を保つのにモチベーションが上がる人も少なくは内ですからね。

歯科医院での歯科衛生士が行うブラッシング指導により、適切なブラッシング方法を身につけていただいて、虫歯の予防と初期虫歯の治療に励みましょうね。

そのためにも3ヶ月に1回は、定期健診にいらしていただけたらと思います。

Google +1
2018年10月 1日

POICウオーターは効果的にばい菌からお口の中を守ります。

DSC_0995.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 当院でお勧めしているPOICウオーターは、バイオフィルムを破壊し、細菌を除菌してくれる作用があるため、虫歯や、歯周病予防、口臭予防にとても役立ちます。

また、これからの時期は心配なインフルエンザが流行ってきますね。。。

その予防にも、効果的なのでブラッシングと合わせてうがいをしていただくと良いと思います。

ご興味のある方は、スタッフまでご相談下さいね。

スタッフの説明を聞いていただき、ご理解をいただけた方のみに有料でお渡しすることが可能です。


             (りんご歯科医院 歯科助手 Y,H)


 上記ブログについての院長の追加コメント

かつては、細菌の作るバイオフィルムは今まで洗口液では破壊することはできないため、歯ブラシによる器械的なプラークの除去が必要と言われてました。

でも、どうしてもブラシが届かない部位や入りにくい部位というのは存在するため、虫歯がまたできてしまったり、歯周病が治っていかない人がいますね。

そのため、洗口液で何とかそのバイオフィルムを壊せないかと探していたところ、ありました。

それが、POIC(ポイック)ウオーター【POIC研究会発行】なのですね。


このPOICウオーターは、薬品は配合されず精製水と高度純粋塩を特殊の器械で電気分解し、生成されたものなのです。

そのため、薬品アレルギーの出る心配は無いです。

しかしながら、その除菌力は相当高く、虫歯ができやすい人や歯周病の状態が安定しない人には本当に使用を薦めたいものです。

もちろんこれだけでは、完全に破壊することは無理かもしれませんが、歯ブラシと併用すればかなりの高率でバイオフィルムを破壊することができます。

これは高純度の塩と精製水で電気分解されたものでphが9の次亜塩素酸イオン水で、口腔内に15秒ほどで、酸性に傾くため中性化し次亜塩素酸水に変化します。

そのタンパク分解度は凄く、含嗽用除菌水としては最適だと思っています。

僕を含め、当院のスタッフも毎日のホームケアとして使用していますが、その効果は素晴らしいです。

最初は、味が悪くて患者さんがやってくれるかという不安もありましたが、今では多くの患者さんがリピーターとして、これを買い求めに来てくれます。

僕は、この除菌力に魅せられて、POIC研究会のホームケアアドバイザーの試験を受けて無事に合格いたしました。

これからも、歯の健康を守るために、他のスタッフにもこの資格を取っていただき、興味を持ってくれる患者さんにお勧めしたいと思います。

虫歯ができやすい人、歯周病のコントロールをしっかりやりたい人、口臭を、気にされている方は、是非、日常のホームケアに使っていただきたく思います。

(写真はPOICウオーターを生成するための器械です。当院では毎朝、この機械を使って新鮮なPOICウオーターを生成して日常の診療や患者さんのホームケア用に役立てています。)

Google +1

りんご歯科医院 - スタッフブログ
スタッフブログ

http://www.ringo-dental.jp/

Google +1