« 2019年3月
2019年3月18日

歯と歯の間の虫歯予防には。。。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯と歯の間は歯ブラシだけではキレイに磨くことができず、約60%しか汚れを落すことができないと言われています。

よって、歯と歯の間に虫歯が出来てしまう方は多いです。

ですから、歯と歯の間を清掃するには歯間ブラシかデンタルフロスを使用しましょう。

どちらを使用していいか解らない方もいらっしゃると思いますが、歯科衛生士が実際に口腔内を見せていただいて、ご説明いたしますのでご安心くださいね。


           (りんご歯科医院 歯科衛生士 R.M)


 上記ブログについての院長の追加コメント

 歯磨きをする際には、奥歯の歯と歯の間までしっかり汚れが取れるように、歯ブラシの毛先をしっかり当てて磨きましょう。

また、歯と歯茎の間や、前歯と前歯の間も虫歯になりやすいところです。

でも、歯と歯の間は、普通の歯ブラシだけでは十分に汚れを取ることはできません。

デンタルフロスや歯間ブラシを使って汚れをしっかり落としてあげましょう。

初期の虫歯なら、患部を削らずに様子を見ていくこともあります。

これだと、特に小さい子どもさんでも、虫歯治療の負担を感じなくてすみます。

でも、定期健診を通して歯科医院で診てもらう事をお薦めいたします。


Google +1
2019年3月15日

虫歯を直した後は、メンテナンスが必要です。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 今、子供の虫歯が減っています。

子供の頃から、フッ素塗布や歯磨きが普通のことになってきているからでしょうか。。。

虫歯で詰め物をした歯も少なくなり、プラークを取り除きやすくなっているのでしょう。

ただ増加しているのが、大人の虫歯です。

昔、治療した歯に隙間ができ、そこから細菌が入って気づかないうちに虫歯になっていることも・・・。

治療したから安心ではなく、治療した歯があるからその周辺は、特に気にかけてあげると良いです。

その歯に変化がないか定期的に診てもらうのも良いですね。

            (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M)

 上記ブログについての院長の追加コメント

 虫歯リスクの高い人は
・砂糖やpHの低い飲み物の摂取(だらだら食べ、就寝前の飲食など)
・不十分なセルフケア
・不適合な被せ物
・家族に虫歯が多い
・矯正中
・虫歯になりやすい菌に感染
                             等が当てはまります。

患者さんでどうにかできるものもあれば、歯科で診てもらった方が良いものも。。。

一度、歯科医院でじっくり診てもらうと良いでしょう。

Google +1
2019年3月13日

寒い時期はお口の中も乾燥しやすいです。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 寒い時期には空気が乾燥しやすく、お口の中がいつもより乾きやすいと感じたことはありませんか?

唾液には様々な働きがあり、唾液が出づらくなってしまった口腔内では細菌が繁殖しやすく虫歯や歯周病、口臭などといったトラブルが起こりやすくなってしまいます。

唾液を出す方法としては唾液腺マッサージや洗口剤の利用、ガムを噛むといった方法が有効です。

普段の生活から口腔内の乾燥が気になる方、唾液腺マッサージの方法が知りたい方は、是非、ご相談ください。

           (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M)

 上記ブログについての院長の追加コメント

唾液の役割としては、食べ物を分解して吸収しやすい形に変える「消化作用」や傷を早く治す「抗菌作用」、病原菌を寄せ付けない「清浄作用」などがよく知られております。

さらに唾液には、筋肉、内臓、骨などの育成を助ける「パロチン」、脳を活性化して若返らせる「NGF」、皮膚を修復して新陳代謝を促進する「EGF」といったホルモンが含まれ、《唾液がたくさん出る=若返る》ています。

でも、この寒い冬は口腔内が乾燥しやすく、なかなかこの唾液の効果を得られにくい人も多いのではないでしょうか?

そのような方は、是非、上記のことをやってみて、唾液量を増やすようにしていきましょう。

※明日(14日【木】)は、院長が出張のため休診となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

Google +1
2019年3月12日

歯垢、歯石を歯科医院で除去しましょう。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 溜まった歯垢をそのままにしておくと、唾液中のカルシウムやリンと結びついて石灰化し、やがて「歯石」となります。

これも、歯周病など歯肉の病気の原因となります。

また歯石の表面がざらざらしているので、その上にさらに歯垢が付きやすくなります。

歯石は歯垢と違い、歯を磨くだけでは落とせません。

歯石予防には歯垢のうちに確実に落とすことが大切です。

もし、歯石がついてしまったら、早めに歯科医院で除去しましょう。

定期的なクリーニングをお勧めいたします。

            
            (りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.O)

 上記ブログについての院長の追加コメント

「歯石はとったほうがいい」というのは、なぜだと思いますか。

それは、歯石には細かい穴があり、その中で細菌が繁殖する可能性が高いからですからです。

細菌が繁殖すれば、歯周病の原因になります。ですから、歯石を定期的に取る必要があるのですね。

できれば、3か月に一度のペースで歯石を除去していきましょう。

早めに取れば、比較的簡単に取ることができ、一度の来院で済むことが多いですから。

しかし歯茎の中に、できてしまった歯石は硬くなって歯にこびりつき、除去するのに2〜6回かかる場合が多いですからね。。。

ぜひ、3か月に一度の歯石除去をみなさんのスケジュールに加えてくださいね。

歯石を破壊し、口腔内に細菌が住みにくい環境を整えることが、お口の健康に本当に役立ちます。

それが本当のお口の中の病気を予防することに役立ちますからね。

Google +1
2019年3月11日

歯ブラシ以外に補助用具も使いましょう。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 皆さんは、歯磨きの際、歯ブラシ以外の器具を使用していますか?

歯ブラシでのブラッシングはとても大事ですが、歯と歯の汚れは歯間ブラシやフロス、細かい汚れもキレイにしてくれます。

特に歯間ブラシはサイズも様々です。

どれを使用したらよいかわからない方は、気軽にご相談くださいね。

            (りんご歯科医院 歯科助手 R.I)

 上記ブログについての院長の追加コメント

 歯ブラシを使用してのブラッシングは、皆さん、やっていただいていると思いますが、フロスや歯間ブラシは使っているでしょうか?

歯と歯の間は、普通の歯ブラシだけでは十分に汚れを取ることはできません。

デンタルフロスや歯間ブラシを使って汚れをしっかり落としてあげましょう。

初期の虫歯なら、患部を削らずに様子を見ていくこともあります。

これだと、特に小さい子どもさんでも、虫歯治療の負担を感じなくてすみます。

でも、定期健診を通して歯科医院で診てもらう事をお薦めいたします。

Google +1
2019年3月 9日

歯の色は気になりませんか?

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 ニコッと笑った時に歯が黄色いと感じたことはありませんか?

どうしても歯の色には個人差があり、元々、白くてきれいな方も中にはいますが、日本人は割と歯が黄ばんでいる方が多いようです。

そんな方に向けて当院では、ご自宅で行っていただくホームホワイトニングを推奨しています。

一度歯の方を取らせていただき、次の来院時にはカスタムトレーと薬剤をお渡しします。

そのため、来院回数は短くて済みます。

ですから、お気軽に始めることが出来ますよ。

気になる方は、是非、スタッフまでお尋ねください。

           (りんご歯科医院 歯科衛生士 R.M)

 上記ブログについての院長の追加コメント

ホームホワイトニングは一番安心感のあるホワイトニング方法だと、僕は思います。

歯科医院内で行うオフィスホワイトニングに比べて効果は遅いですが、後戻りは少ないですし、歯は痛みにくいです。

たまに、歯がしみるという人もいますが、基本的には安全です。

また、マウスピースは大きく歯の治療をしなければある程度長く使えますので、再度、ホームホワイトニングしたいと思われた際には、薬剤の購入だけで済みますね(歯垢、歯石は歯科医院で取ってもらった方が良いですが。)

当院のスタッフも、このホームホワイトニングを経験していますので、ご希望の方は、ご相談ください。

ホームホワイトニングの詳しい案内は
自由診療 料金表の案内は


Google +1
2019年3月 8日

噛むことって、大切ですね。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 噛むことは、人間の健康にとってとても重要です。

まず、噛むことによって唾液の分泌がよくなります。

唾液には消化を助け、口腔内を清潔にする働きがあります。

また、噛むという機械的な刺激が頭や顎の骨、顔の筋肉の発育を促し、表情豊かな顔を作るほか、大脳の働きを活性化します。

さらに、固いものを噛み砕く爽快感はストレス解消になるといわれています。

よく噛むことは、顎の発達を促し、さらによく噛めるよう土台を作ることにもつながります。

日頃から、よく噛むことを意識しましょう。


            (りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.O)

上記ブログについての院長の追加コメント

噛むことによって、顎や大脳の働きにも良い影響を与えることは、上記に書いてある通りですね。

そのためにも歯を保存することが大切です。

自分の歯を失わないように、日常の歯磨きは勿論ですが、定期健診に通いましょう。

Google +1
2019年3月 7日

イベントに合わせて、歯を白くしましょう。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 春に近づくにつれて、歯をホームホワイトニングをする方が増えてきました。

お家で夜、就寝している間に基本的に2週間使っていただくものになります(使用期間は個人差があります。)。

入学式、結婚式などイベントのある前に使ってみてはいかがですか?

当院の多くのスタッフが、ホームホワイトニングの経験があるので、気軽にお尋ねください。            

            (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.H)

上記ブログについての院長の追加コメント

ホームホワイト二ングを始めて2週間から3週間ほどで、歯は確実に自然な白さになっていきます。

ホワイトニングはセラミックで作られたような極端な白さになることはありませんが、歯の黄ばみなどはなくなり満足される方が多いですよ。

ただ2~3回の通院は必要ですし(虫歯があれば先に虫歯の治療が優先されることが多いです。)、期間も多少は必要になります。

でも、ホームホワイトニングは歯を傷つけることはありませんし、オフィスホワイトニングに比べて後戻りも少ないとされています(多少、歯がしみる場合はあるようですが。。。)。

もし、何かイベントがあって、歯を白くしたいという希望のある方は、早めにご相談くださいね。


ホームホワイトニングの詳しい案内は
自由診療 料金表の案内は


Google +1
2019年3月 6日

歯の色は気になりませんか?

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 最近、歯が黄色くなってきたというコンプレックスに感じてしまうことはありませんか?

歯が黄色くなってしまう原因としては、喫煙によるヤニの付着やコーヒーや紅茶、赤ワイン、カレー等濃い色の飲食物の色素沈着、加齢によるものがあります。

これらの改善策としては、濃い飲食物を口にした際にはすぐに口を水ですすぐ、または歯磨きをする。

また、定期的に歯科医院でクリーニングをする。

ホワイトニングをする、、、などがあります。

お悩みの方は、一度、ご相談ください。


(りんご歯科医院 歯科助手 Y.H)

 上記ブログについての院長の追加コメント

ホームホワイトニングは一番安心感のあるホワイトニング方法だと、僕は思います。

歯科医院内で行うオフィスホワイトニングに比べて効果は遅いですが、後戻りは少ないですし、歯は痛みにくいです。

また、マウスピースは大きく歯の治療をしなければある程度長く使えますので、再度、ホームホワイトニングしたいと思われた際には、薬剤の購入だけで済みますね(歯垢、歯石は歯科医院で取ってもらった方が良いですが。)

当院のスタッフも、このホームホワイトニングを経験していますので、ご希望の方は、ご相談ください。

ホームホワイトニングの詳しい案内は
自由診療 料金表の案内は


Google +1
2019年3月 5日

歯磨きのやり方を歯科医院で聞いてみませんか。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯ブラシ以外の道具を使って、歯を磨いていますか?

面倒だからと言って、物がはさまった時、歯間ブラシを使わない方も多いですね。

歯ブラシ1本では、汚れは落とし切れていません。

歯と歯の間は、ご家庭でのケアでも出来るところなのです。

歯間ブラシやフロスの使用法をきちんと教わり役立てることで、約20%もアップさせることができます。

是非、補助用具も歯磨きの際に使ってみてください。

            (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M)

上記ブログについての院長の追加コメント

 今や、歯を抜かなければならない状況としては虫歯よりも歯周病で抜歯をすることが多い時代です。

まして、1本だけの歯周病というのはちょっと考えにくく、他の部位にも恐らく蔓延しているかと思います。

そうなると、ドミノ倒し的に他の歯も抜歯をしなければならない状況というのが出る可能性があります。

それを根本的に食い止める特効薬はなく、あくまで進行を抑えるような処置が一般的です。

それを予防するためには日常の歯磨きが第一です。

それこそ、徹底的に歯垢を取るための心構えが必要だと思います。

でも、そのためのやり方を間違えると、意味のないものにもなってしまいます。

できるだけ、定期的に歯科医院で歯磨きの仕方の確認をしていただき、歯ブラシでは取れないような所の汚れ、つまりは歯周ポケット内の洗浄や歯石取り、クリーニングを行ってもらうのが本当に大切です。

当院では、患者さんに3ヶ月に1回の定期健診をお薦めしています(歯周病の状況が良くない人は1月に1回の方もいます。)。

きちんとこれを行うことによって、ほとんどの歯周病は進行を防ぐことが可能です。

失った歯は取り戻すことは出来ませんが、それ以上、歯をなくさないようにすることは可能なことが多いです。

できるだけ、歯を残すように一緒に努力していきましょう。

Google +1

りんご歯科医院 - スタッフブログ
スタッフブログ

http://www.ringo-dental.jp/

Google +1