« 2019年1月
2019年1月22日

入れ歯の方でも歯磨きは必須です。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 30代から40代の方の中には、家族や職場の人に入れ歯を入れていることやを知られたくなく、歯磨きが人前でできなかったり、入れ歯を入れたままで歯磨きをしている人も中にはいるかもしれません。

ですが、歯磨きをしないと残っている歯をまただめにして、入れ歯の範囲を大きくしなくてはならなかったり、入れ歯を入れたまま歯磨きをしてしまうと、歯磨き剤の中に入っている研磨剤が入れ歯を傷つけ、菌が繁殖し臭いや着色の原因になります。

なかなか難しい問題かもしれませんが、少しでも今の状態を良くしていけるように、あなたのライフスタイルに合わせて一緒に考えさせてください。

             (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.H)

 上記ブログについての院長の追加コメント

 当院に入れ歯でお困りで、来院される方は多いです。

特に若い世代の人では、入れ歯であることを他人に知られたくないという人は少なくないです。

若い人が、上下顎とも総入れ歯という人は少ないですから、恐らく自分の歯は何本か残っているはずです。

でも、そのような人が歯磨きをためらっていたり、できない環境にいるのは考え物です。

これ以上、歯をなくさないことを考えるのならば、歯磨きは必須ですからね。。。

入れ歯を再製作しなければならなくなる原因は、歯周病の悪化による抜歯したことです。

できるだけ良い状態を維持するためにも、頑張りましょうね。

Google +1
2019年1月21日

マスクを外して笑いたくないですか。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 初めてお会いした時、「マスクを外した生活がしたいです。」とお話をされた方がいました。

先日、久しぶりにその方に私はお会いしたのですが、この時、マスクをしていませんでした。

その方に、「マスクを外した生活ができているんですね。」と、声をかけましたら笑顔で、「ここ最近は、マスクをしていません。ここまで、長かったです。」と笑って応えてくれました。

今までは先生の治療が中心でしたが、これからは歯科衛生士が中心となり、これ以上悪くならないようにケアをしていきたいと思います。

             
            (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M)

 上記ブログについての院長の追加コメント

前歯を失ったままで、笑うことや話をすることができずに、マスクをしているという人がいますね。

特にお若い人だったり、女性の場合は顔の審美性にもかなり影響してくるので、早めにブリッジなり入れ歯を入れてもらったほうがいいですね。

また、その後のケアは本当に大切です。

治療そのものが終わったとしても、日常の歯磨きはしっかりやっていただき、3か月に1回の定期健診(メンテナンス)には、来られてください。

その方が、歯は絶対に長持ちしますからね。

今は治療より、予防が大切な時代ですよ。

Google +1
2019年1月19日

お口の乾燥は歯磨きの効率を下げます。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 年齢や、飲んでいる薬などによって唾液が出ずらく、お口の中が乾燥してしまっている方がいます。

お口の中が乾燥したまま歯磨きや、舌磨きを一生懸命行っても、汚れはこびりついて取れにくいです。

ブラッシング前にうがいをして、お口の中を潤わせることによって、汚れが落ちやすくなるので、是非、試してみてくださいね。
         
           (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.H)


上記ブログについての院長の追加コメント

 歯磨きをする際には、奥歯の歯と歯の間までしっかり汚れが取れるように、歯ブラシの毛先をしっかり当てて磨きましょうとよく言われていますね。

特に、歯と歯茎の間や、前歯と前歯の間も虫歯になりやすいところです。

特に高齢の方は、経年的に唾液が出にくくなる傾向でありますので、上記のように水分を含んでブラッシングされるといいかと思います。

また、歯と歯の間は、普通の歯ブラシだけでは、不十分です。

デンタルフロスや歯間ブラシを使って汚れをしっかり落としてあげましょう。

そして、定期健診で歯医者さんに診てもらう事をお薦めいたします。

もし、穴が開いているなどの虫歯を自覚していたら、しっかり治療に努めましょうね。

虫歯を放っておいても、良いことは絶対にありませんからね。。。

Google +1
2019年1月18日

POICウオーターでホームケアをしましょう。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 当院で販売しているPOIC(ポィック)ウオーターを継続使用されている方の中には、「毎日使わないと気持ち悪い。」、「他の洗口液では物足りなくなってしまった。」等の嬉しいお声もいただいております。

このPOICウオーターはタンパク分解型除菌水というもので、除菌力の優れた洗口液です。

購入の際に、歯科衛生士さんから説明を受け、使用方法が書いてある紙を頂いているかと思います。

是非、使用方法はきちんと守って頂き、効果を最大限引き出してもらえたらと思いますよ。
場合によっては、「使い方ってこれでいいの?」とか、「こういう時はどうしたら良いの?」等、不安に思うことももしかしたらあるかもしれませんね。。。

毎日使用して頂きたいですし、その効果を最大限に生かしてもらうためにも不安な点や疑問点は遠慮なくお聞き下さい。
            

            (りんご歯科医院 歯科助手 K.S)


 上記ブログについての院長の追加コメント

 皆さんも日常の歯磨きで、磨きにくい部位は皆さんありますよね。

僕も、正直ありますね。

でも、その部位を歯ブラシ一本で、全て磨くことはできないということを知っているので、補助用具を使うようにしていますよ。

それはデンタルフロスや歯間ブラシ、ワンタフトブラシといわれるものですね。

1日1回はやってますね。

特に寝る前はしっかりやった方が良いと言われてます。

これを併用することによって、かなり磨けるかと思います。

でも、歯ブラシと補助用具を使っても磨けない部位は存在します。

例えば、深い歯周ポケット内などは、ブラシの毛先が届きようがないですからね。

そのような人には、洗口液でモグモグうがいをすることも勧めています。

でも通常は、選考だけでは細菌が作るバリア膜(バイオフィルム)壊せないと言われています。

それが壊せないと、バリア内にいる細菌が死滅しないので、意味がないものになってしまいます。

それができる洗口液というのが、当院で導入しているPOICウオーターというものです。

これはタンパク分解型除菌水と言われるもので、その除菌力はすごいです。

高純粋塩と精製水で特別な機械で電気分解され、次亜塩素酸イオン水でph値が9.0に設定されています。

これを口腔内に入れることにより、次亜塩素酸イオンから中和して次亜塩素酸に変わり、殺菌水となるのですね。

僕は、このPOICウオーターの除菌力に感動しました。

そのため、僕はPOIC研究会発行のホームケアアドバイザーの資格を取得しました。

このPOICウオーターを使用するようになって、明らかに歯周病に悩む人には効いていますし、歯間部分から虫歯をしょっちゅう作ってくる方にも確実に効果を感じています。

プールの水でうがいしているような味と臭いがするのが、少々難点ですが、これも口の中の細菌に反応することによって、臭いを強く感じるので、継続使用していくうちに口の中がきれいになるためほとんど感じなくなりますよ。

本当に良いものなので、さらに薦めていって患者さんの口の健康を守るために予防に励んでもらえたらと思っています。

※当院では、このPOICウオーターを扱っております。もし、ご希望であれば院長、スタッフから説明を聞いていただき、治療の一環として使用していただくための同意書にサインをいただいて有料でお渡しすることが可能です。

次亜塩素酸というと薬品のイメージを持つ人が多いですが、このPOICウオーターは薬品配合はされず副作用もありません。
そもそも次亜塩素酸は血液中の好中球に含まれる成分です。

これが細菌と戦うために必要な成分なのですね。

Google +1
2019年1月16日

歯磨きはポイントを押さえてやりましょうね。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 皆さんは、歯を磨くときどのような点に注意して磨いていますか?

何となく全体的に磨いているという方が多いのではないでしょうか?

歯磨きの時、意識していただきたいポイントが3つあります。

1.毛先を歯と歯肉の境目、歯と歯の間にきちんと当てる。

2.毛先が広がらない程度の軽い力で磨く。

3.歯ブラシを小刻みに動かす。

また、歯はそれぞれ形や生え方が違うため、歯科医院でお口の状態を診てもらい、自分に合った歯磨きの方法をアドバイスしてもらうことをお勧めします。

毎日の歯磨きは、虫歯や歯周病予防のためにとても大切です。

正しい歯磨き方法を身に着け、お口の健康を守りましょう。


             (りんご歯科医院 歯科助手 Y.H)


 上記ブログについての院長の追加コメント

 歯磨きをする際には、奥歯の歯と歯の間までしっかり汚れが取れるように、歯ブラシの毛先をしっかり当てて磨きましょうとよく言われていますね。

特に、歯と歯茎の間や、前歯と前歯の間も虫歯になりやすいところです。

歯と歯の間は、普通の歯ブラシによるブラッシングだけでは、不十分です。

デンタルフロスや歯間ブラシを使って汚れをしっかり落としてあげましょう。

初期の虫歯なら、患部を削らずに様子を見ていくこともあります。

でも、定期健診で歯医者さんに診てもらう事が大切ですよ。

もし、穴が開いているなどの虫歯を自覚していたら、しっかり治療に努めましょうね。

虫歯を放っておいても、良いことは絶対にありませんからね。。。

まずは、予防のために自分でできる歯磨きを歯科医院で歯科衛生士の指導の下で、確認されることをお勧めいたしますよ。

Google +1
2019年1月15日

手軽に歯のホワイトニングをしませんか?

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯の黄ばみが気になっている方は少なくないですね。

そのような方にお勧めしたいのは歯のホームホワイトニングです。

当院では、歯型を取らせて頂きその人に合ったマウスピースを作って、そのマウスピースの内面にホワイトニング薬剤を流す方法を推奨しています。

寝る前に、それを行って頂きオーバーナイトで使用してみると効果が2~3週間で発揮されます。

このホワイトニング方法は歯を痛めにくく、後戻りが少ないとされています。

使用する薬剤も歯科医院専売のものでGC社製のTion ホーム プラチナというものです。

安心感が抜群にありますので、お勧めですよ。

ただ歯がしみる症状がある人には、お勧めできないこともあるので、ご希望の方は、ご相談くださいね。

     
             (りんご歯科医院 歯科助手 K.S)


 上記ブログについての院長の追加コメント

ホームホワイトニングは一番安心感のあるホワイトニング方法だと、僕は思います。

歯科医院内で行うオフィスホワイトニングに比べて効果は遅いですが、後戻りは少ないですし、歯は痛みにくいです。

また、マウスピースは大きく歯の治療をしなければある程度長く使えますので、再度、ホームホワイトニングしたいと思われた際には、薬剤の購入だけで済みますね(歯垢、歯石は歯科医院で取ってもらった方が良いですが。)

当院のスタッフも、このホームホワイトニングを経験していますので、ご希望の方は、ご相談ください。

ホームホワイトニングの詳しい案内は
自由診療 料金表の案内は


Google +1
2019年1月12日

悪い歯並びは歯科矯正で治しましょう。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯科矯正を行うことで、審美面だけでなく咬み合わせが良くなって咬み切れるものが増えたり、歯磨きがしやすく虫歯になるリスクが下がったりと様々なメリットがあります。

治療が終わったころには、きっと笑顔が増えているはずですよ。

治療期間や値段など、不安なこともあるかと思いますが、まずは気軽に相談してみてくださいね。

          (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.H)


 上記ブログについての院長の追加コメント

歯並びが良くなくて、お悩みの患者さんは多いですね。

上記に記してあるように、いろいろな問題が起こりえます。

歯並びを変える際には、歯科矯正が必要となることが多いです。

歯科矯正はその専門性が高く、全ての歯科医師が行えるというものではないですね。。。

かなり難しいケースもありますからね。

特に成長期にある子供の矯正は、治療計画に戸惑う事があります。

でも、大人の場合はその成長期が終わっているので、診断をつけやすいメリットがあります。

この辺りの診査診断も、矯正専門の先生がいる歯科医院で診てもらうことが必要なんではないかと思います。

当院には矯正専門の先生が月に数回、来られていますが、僕自身も毎月、東京に行って矯正の勉強をしています。

結構多くの人が、歯並びの悪さを気にしていながら、そのままにしている方が多く見られます。

歯並びが悪くて起こりえる問題は、虫歯や歯周病も、そうですが顔貌の審美性も大切です。

歯科矯正は顔や容姿の審美性をアップさせるためのものでもありますから、自分に自信を持たれて、今後の自分の生活を向上されたら良いと思います。

是非、考えてみて下さい。

※当院で2019年版 初売り歯科用グッズ福袋を始めました。
それぞれ、虫歯ケアグッズ、歯周病ケアグッズ、口臭ケアグッズ、入れ歯ケアグッズ等のお値段がお得な福袋を用意してあります。現品が無くなり次第、終了となりますので興味のある方はお早めに。。。

Google +1
2019年1月11日

糸ようじ(デンタルフロス)もいろいろあります。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

糸ようじ(デンタルフロス)には取っ手があり、持ちやすいホルダータイプと糸巻きタイプがあります。

ホルダータイプには主に、F字型とY字型があり、F字型は前歯では使いやすいですが、奥歯はやりにくいです。

その分、Y字型は前歯にも奥歯にも使いやすくお勧めです。

また、糸ようじを使ったことがなく、糸ようじを通すのが怖いという方がいらっしゃいますが、そういう方には糸巻きタイプがお勧めです。

糸巻きタイプは糸を通す際、直接指に力が伝わるので力加減がしやすく、糸で歯茎を勢いよく押してしまうことも少ないです。

また、糸が引っかかてしまっても、上に引っ張り出すのではなく横にすり抜けさせることができるので、是非、自分が使いやすいフロスを見つけてくださいね。

    
            (りんご歯科医院 歯科衛生士 M.H)


 上記ブログについての院長の追加コメント

 デンタルフロスを使用するメリットは、歯ブラシでは磨きにくい歯と歯の間の汚れをに落とすことができる点ですね。

歯並びに特に問題が無い場合でも、歯並びには僅かな隙間があるので、どうしてもその部分に歯垢(プラーク)が溜まりやすくなります。

そして、虫歯の多くが歯と歯の間から生じるものと言われています。

歯に歯垢が残った状態は、虫歯や歯周病の原因となってしまうので、毎日の歯ブラシによる歯磨きやデンタルフロスで丁寧に歯垢を落すようにしましょう。

歯ブラシによる歯磨きにデンタルフロスを併せて使用することで、歯垢除去率が60%から80%にまで高まります。

歯ブラシのみでケアをしている方であれば、デンタルフロスでのケアをプラスすることで、効果的に虫歯や歯周病予防の対策をとることができるのです。 

もちろん、日常のケアだけでは完璧にはなりませんので、歯科医院での定期的なクリーニングをお薦めいたします。

※当院で2019年版 初売り歯科用グッズ福袋を始めました。
それぞれ、虫歯ケアグッズ、歯周病ケアグッズ、口臭ケアグッズ、入れ歯ケアグッズ等のお値段がお得な福袋を用意してあります。現品が無くなり次第、終了となりますので興味のある方はお早めに。。。

Google +1
2019年1月10日

歯並びの相談も承ります。

DSC_0106.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯並びにコンプレックスを持っていても金額や期間を気にされて、一歩踏み出せなかったり、「大人になって、今更遅い」とあきらめてしまっている方も少なくないのではないでしょうか。

当院では、月に数回、歯科矯正専門の先生が来られますので、興味のある方は相談だけでもされてみてはいかがでしょうか?

歯科矯正は、見た目が良くなるだけでなく、歯ブラシやフロスが通しやすくなるため、虫歯や歯周病のリスクを下げてくれますし、審美的にも良いという効果があります。

もちろん成人されてから、始めても全く問題ありません。

ご興味のある方は、お電話でご予約を承ります。

             (りんご歯科医院 歯科助手 Y.H)


上記ブログについての院長の追加コメント

歯並びが良くなくて、お悩みの患者さんは多いですね。

歯並びを変えるには、歯科矯正が必要となることが多いです。

歯科矯正はその専門性が高く、全ての歯科医師が行えるというものではないですね。。。

かなり難しいケースもありますからね。

特に成長期にある子供の矯正は、治療計画に戸惑う事があります。

でも、大人の場合はその成長期が終わっているので、診断をつけやすいメリットがあります。

この辺りの診査診断も、矯正専門の先生がいる歯科医院で診てもらうことが必要なんではないかと思います。

当院には矯正専門の先生が、月に数回、来られていますが、僕自身も毎月、東京に行って矯正の勉強をしています。

結構多くの人が、歯並びの悪さを気にしていながら、そのままにしている方が多く見られます。

歯並びが悪くて起こりえる問題は、虫歯や歯周病も、そうですが顔貌の審美性も大切です。

歯科矯正は顔や容姿の審美性をアップさせるためのものでもありますから、自分に自信を持たれて、今後の自分の生活を向上されたら良いと思います。

是非、考えてみて下さい。

※当院で2019年版 初売り歯科用グッズ福袋を始めました。
それぞれ、虫歯ケアグッズ、歯周病ケアグッズ、口臭ケアグッズ、入れ歯ケアグッズ等のお値段がお得な福袋を用意してあります。現品が無くなり次第、終了となりますので興味のある方はお早めに。。。

Google +1
2019年1月 9日

歯垢と歯石の違いって。。。

1438647044402.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。 

 歯垢と歯石という言葉は、耳にしたことがある方も多いと思います。

歯垢とは白くねばねばしたもので、食べ物のカスや歯の垢ではなく、実は細菌の塊です。

食事中の糖を栄養として増え続けます。

歯石とは、簡単に言うと歯垢が固くなったものです。

歯磨きで磨き残した歯垢が唾液の中のミネラルと結合して固くなってできます。

いったんついてしまった歯石は、歯ブラシで取ることができません。

歯石の表面は、凸凹しているため歯垢が付きやすく、最近の温床になるばかりでなく、歯肉を刺激して歯周病の原因となります。

歯周病にならないためには、歯石や歯垢を付けたままにしないこと。

そのためには、毎日の歯磨きと定期的な歯科健診をお勧めいたします。

            (りんご歯科医院 歯科助手 R.I)


 上記ブログについての院長の追加コメント

上記のブログで、「歯石はとったほうがいい」というのは、お解りになったと思います。

つまりは、歯石には細かい穴があり、その中で細菌が繁殖する可能性が高いからですからですね。

細菌が繁殖すれば、歯周病の原因になります。ですから、歯石を定期的に取る必要があるのですね。

できれば、3か月に一度のペースで歯石を除去していきましょう。

早めに取れば、比較的簡単に取ることができ、一度の来院ですむことが多いですから。

しかし歯茎の中に、できてしまった歯石は硬くなって歯にこびりつき、除去するのに2〜6回かかる場合が多いですからね。。。

ぜひ、3か月に一度の歯石除去をみなさんのスケジュールに加えてくださいね。

歯石を破壊し、口腔内に細菌が住みにくい環境を整えることが、お口の健康に本当に役立ちます。

それが本当のお口の中の病気を予防することに役立ちますからね。


※当院で2019年版 初売り歯科用グッズ福袋を始めました。
それぞれ、虫歯ケアグッズ、歯周病ケアグッズ、口臭ケアグッズ、入れ歯ケアグッズ等のお値段がお得な福袋を用意してあります。現品が無くなり次第、終了となりますので興味のある方はお早めに。。。

Google +1

りんご歯科医院 - スタッフブログ
スタッフブログ

http://www.ringo-dental.jp/

Google +1