医院ブログ

スタッフブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

歯磨き粉の成分表にある炭酸カルシウムとは。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

りんご歯科医院の技工士です。

歯磨き粉のフレイバーの紹介はお休みして成分表に書かれている基本的なものを書きます。

まずは、炭酸カルシウムです。研磨剤として使われているもので化学物質アレルギーを持つ人達は歯質を削る為に使用は避けるべきと言っています。

しかしながら、炭酸カルシウムを身近な物に言い換えると卵の殻なのでさほど影響は無いのかと思います、硬いイメージだと大理石とも言えますが石単体では歯磨きしないので考えなくてもいいのかと思います、

それよりも、ブラッシング圧の方が大切です、研磨剤配合無しでもブラッシング圧での歯と歯茎に与える影響は大きいはずです、研磨剤をりようして優しくブラッシングしてほうが影響は少ないのではないかなと思います。

 

(りんご歯科医院 歯科技工士 T.I)

 

 上記ブログについての院長の追加コメント

歯磨き粉に使用している成分の炭酸カルシウムは、研磨剤として使用されていますね。

研磨剤が入っていることにより、歯の表層が削れるのではないかと心配する方もいるかもしれませんが、ブラッシング圧を弱くしてあげれば大丈夫かと思いますよ。

優しく丁寧に磨くことを心掛けていきましょう。


抜く、抜かない。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

治療をしていると、これはどうしたって抜くしかない・・・ということもありますし、これは抜かなくても治療を行って保存できそうだ!ということもあります。

ただしこれはこちらの視点からみたことなので、患者さんの症状や、気持ちの部分でなかなか折り合いがつかない場合があります。

歯周病が進んでしまったり、歯の根っこが折れてしまったりと歯を抜かなければならない理由は様々です。

しかしながらもう抜くしかない・・・という状況であっても患者様からすれば大事な自分の歯になります。

どうして抜く必要があるのか、なぜ残しておいてはいけないのか、ということをよくご説明させていただいてから抜歯に移らせてもらっています。

しかしながらやっぱり抜きたくない・・という方もいらっしゃいます。もちろん皆様からの了承がないと抜くことはしませんし、なんとか残す方向でということであれば炎症をとったり、対症療法で残す場合もあります。その場合はやはり痛んだり、腫れたりというリスクが伴いますが、それでもなんとか自分の歯を残したいという希望にはなるべく沿いたいなと思っています。

治療のゴールが明確な方もいればなかなか定まらない方もいらっしゃいます。

その中でもしっかりお話をさせていただいてなるべく患者様と、私たちが同じ方向を向いて治療を進めていければと思います。

 

(りんご歯科医院 歯科医師  A.S)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

当院では、かなりインフォームドコンセントには注意を払っているつもりです。

基本的に何か処置をする前には説明をするのを怠ることはありません。

特に抜歯を要する歯には慎重に行きます。

僕たちサイドから診て、抜歯が必要だとしても患者さんとしてはまだ抜きたくないという希望を言う方もいます。

もちろん患者さんの希望を叶えたいとは思いますが、保存していてもまた痛みを起こすようならば、残す意味はないとは思いますが。。。

その旨も含めて、説明はしっかりさせていただきたいと思います。

(親知らず等の抜歯に関しては、難しい歯の場合大学病院を紹介させていただくこともあります。)


部分入れ歯が入っていても、しっかり定期健診に罹りましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯のメンテナンス定期的に通われていますか?

入れ歯に着色や、歯石付いていませんか?

歯と同じように入れ歯にも着色や歯垢、歯石がつきます。毎日洗浄剤などを使用しないと見た目だけではなく、こんな問題が起こってきます、

・口臭が発生しやすくなる。

・口内炎の原因になる。

・部分入れ歯の場合、バネなどがかかっている大切な歯が虫歯や歯周病になりやすくなり、最悪の場合歯が抜けてしまう原因になってしまうなどです。

できるだけこのリスクを下げるためにも毎日洗浄剤につけて、入れ歯を清潔に保ちましょう。

もうついてしまった着色や歯石などは入れ歯の定期的なメンテナンスで落とすことができるので、ぜひ定期的に見させて下さい!

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 H.M)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

多くの入れ歯を使用している患者さんは、1本以上歯が残っている人がほとんどです。

つまりは、部分入れ歯を使用している方が多いものです。

部分入れ歯を作り替える原因は何だと思いますか?

それは歯を抜くことですね。

新しく部分入れ歯を製作されたなら、メンテナンスにかかっていただき自分の歯の衛生状態に気を使い、それ以上歯を抜かなくてもいいようにしましょう。

そして、部分入れ歯の状態も確認していき、極力は再製作をしなくてもいいようにしていけたならと思います。

 


虫歯の原因となる4要素。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

虫歯ができる条件としてあげられるのが、

1.細菌‥‥虫歯を作る細菌

2.食べもの‥‥甘い物など、糖分を含む食べ物や飲み物

3.歯質‥‥もともと虫歯になりやすい方

4.時間‥‥歯を磨くまでのお時間

です。

この4つが揃うことで虫歯ができてしまいます。食べるものや、食べたあと歯をきちんと磨いているか、これらに気をつければ、虫歯のリスクは減り、予防につながります。

少しでも虫歯のリスクを減らすために、普段の生活で意識してみてください。

 

(りんご歯科医院 歯科助手 M.N)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

虫歯になる4要素が上記に挙げる因子ですね。

これら4つが複合的に合わさると、虫歯になるとされています。

しっかり日々のブラッシングをして、気を付けていきましょう。


歯磨きしにくい部位はないですか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

右利きの方で磨き残しがよくみられる所が、右下奥歯(6.7番目)の磨き残しです。

左利きの方は、逆になります。

ご自分でも、当たっているかわからないと話されている方も多いです。

今からできる事として、歯ブラシが奥まで届いているのか確認しながら磨いて下さい。

当たっているけど…磨けない方は、歯ブラシの変更を考えるのも良いですね。 

歯ブラシの毛先が、広がっていたら交換して下さい。

今、使っているのが小さい歯ブラシでしたら、大きくしてみたり、更に小さいものを選ぶのも良いですね。

わからない時はいつでも相談してください。

(りんご歯科医院 歯科衛生士 m.m)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

右利きか左利きかでも、磨きにくい部位というのは違うものなのですね。

また、歯並びやお口の空き具合、頬の張り具合によっても磨きにくい所というのは存在しますね。

そのような場合は、ブラシのサイズを変えてみたりして対応するようにしましょう。

また、自分の磨きにくい部位を知ることも大切ですね。

そのためには歯科医院に行って、歯科衛生士のブラッシング指導を受けることも必要です。