一般歯科

当院では患者さんの負担を軽減するため、できるだけ歯を削らず、神経も取らずに治療をしたいと考えています。

一般歯科

一般的なむし歯治療では、予防のために健康な部分まで削り取ることがあります。また、むし歯が進行していれば神経を取ることもあります。これらの処置を行うのは、治療した歯が再びむし歯になったり、詰め物が外れたりするトラブルを避けるためです。

しかし、歯は一度削られると二度と元には戻りません。また、神経を取った歯は健康な歯と比べて歯質が弱くなります。当院ではそのような患者さんへの負担をできるだけ軽減するために、MI治療に取り組んでいます。

●MI治療とは
MIとはミニマル・インターベンション(Minimal Intervention)のことで、日本語では「最小限の侵襲」と訳されています。MI治療とは、なるべく歯を削らず、むし歯の部分だけを正確に削り取る治療法です。むし歯に侵されてしまった部分だけを慎重に削ることで歯への負担を減らしたり、神経を取らずに治療したりすることで歯の寿命を延ばすことができます。

むし歯の進行状態と具体的な治療方法

むし歯は、その進行状態によってCO~C4までの段階にわけられます。まずは検査を受けることをお勧めします。ここではそれぞれの段階の症状、および一般的な治療方法をご紹介します。

CO(Caries Observationシーオー:初期むし歯)CO
歯にまだ穴が開いていない、初期むし歯の状態です。この状態であれば、削らない治療が可能です。フッ素入りの歯磨き剤を使って歯みがきをしっかり行えば、溶けてしまった表面をある程度再石灰化させることができます。

C1(エナメル質う触)C1
まだ痛みは感じませんが、すでに歯の表面のエナメル質には穴が開いています。象牙質まで達していないので痛みはありません。治療方法としては、むし歯の部分を必要最小限だけ削り取り、保険適用内の白い詰め物をします。

C2(象牙質う触)C2
まだ神経に届いていないので強い痛みはありませんが、むし歯菌はエナメル質の下にある象牙質にまで達しています。ときどきしみることもあるでしょう。むし歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をして終わりです。しかし、深部にまで広がっている場合は患部を削り、型取りをして詰め物を製作します。

C3(神経まで達したう触)C3
すでにむし歯菌が神経に達し、歯髄炎を起こしています。場合によっては歯根膜に炎症を起こし、歯根膜炎になることもあります。ここまで進行すると神経の治療が必要です。麻酔をして、傷ついたり死んでしまったりした神経や膿を取り除き、歯の根の中をキレイにしてから被せ物をします。

C4(残根状態)C4
神経が死んでいます。痛みは少ないですが、むし歯菌によって心臓病や腎臓病を引き起こす可能性もあるでしょう。治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をします。症状によっては抜歯しなければならないこともあります。

根管治療

根管治療むし歯が神経にまで到達して炎症を起こした場合、その神経を取り除いて根管内をキレイにする治療が必要です。それが根管治療と呼ばれる治療です。根管治療を施すことで、抜くべき歯を残せる可能性が広がります。

もちろん、歯が痛くなればすべて神経を抜く必要があるわけではありません。入念な検査にもとづき、根管治療が必要な場合は患者さんにもしっかりご説明してから治療をスタートします。

根管治療の方法
根管治療では、歯の神経がおさまっている部分(根管)を専用の器具を使ってキレイに洗浄します。その後、薬を詰めてから被せ物を装着します。

気をつけなければならないのは、むし歯菌を完全に除去しないと再発の恐れがあることです。そのため、根管治療には高い歯科技術が求められます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております