食べる楽しみや見た目の美しさも諦めないでください

当院では審美性の高い入れ歯治療を求めて、特に40代・50代の女性の患者さんが多く来院されます。見た目はもちろん、お口にフィットする機能的な入れ歯で充実した人生を送ってください。

40代・50代の入れ歯選び

入れ歯というと高齢者のものというイメージがありますが、実は若い世代でも歯を失い、入れ歯を作られる患者さんは少なくありません。特に働き盛り世代の場合、男性では話しやすさや丈夫さを重視し、発音を妨げにくい金属床義歯を好まれる傾向にあります。女性の場合、「入れ歯だと気づかれたくない」「留め金が見えるのはイヤ」など審美的なニーズが高いので、ノンクラスプデンチャーをお勧めしております。

いずれにしても「歯を失っても社会生活に支障を来さず、若々しくありたい」というご希望に応える各種の入れ歯をご用意していますので、ぜひご相談ください。

笑ったときの見え方にも配慮した若々しい口元をめざします
歯科技工士との連携により、噛み合わせや機能性はもちろん、お口や他の歯とのバランスにも配慮して入れ歯を作成しています。患者さんの歯ぐきの色や歯の配列に合わせて自然に見えるようにし、スマイルライン(口を開けた時の歯の見え方)にもこだわっています。おかげさまで多くの若い世代の患者さんにも「機能的で美しい入れ歯」とご満足いただいています。

将来を考えて、残った歯を守り、お口全体を健康に保ちましょう

お口全体を健康に保ちましょう40代・50代の方の場合、入れ歯を支える顎堤(歯が生えていた歯肉部分)がしっかりしていることが多いので、お口にフィットする入れ歯であれば噛むことに支障はありません。

当院では患者さん一人ひとりにぴったり合った入れ歯を提供し、口腔全体のケアを続けることで他の歯をできるだけ残すことに力を入れています。特に入れ歯のバネがかかる歯は汚れやすく、負担も大きいため、現状を維持するためには歯科医院でのメンテナンスと、ご家庭での正しいホームケアが重要です。

入れ歯になっても、お口の健康を諦めないでください
歯を失って入れ歯にされた途端に、お口の健康を諦めてケアをきちんと行わなくなる方がいらっしゃいます。しかし、お口全体の健康を守るためには入れ歯治療後もしっかりケアして、これ以上抜く歯を増やさないようにすることが今後の人生にとってとても大切なのです。

患者さんのこれからの充実した人生をサポートします

これからの充実した人生をサポートします好きなものをしっかり噛んで食べることは人生の楽しみであり、心と身体の健康の礎となります。そして自然で美しい口元は大きな自信となり、その方の人生をより楽しく充実したものへと導きます。

若くして歯を失われても美しく機能的な入れ歯であれば、歯と口元のお悩みを解決し、歯を守り、噛める喜びを取り戻すことができます。当院は入れ歯治療を通じて皆さまが充実した日々を過ごされるよう、これからの人生をサポートして行きたいと願っています。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております