痛みを少なくする取り組み

表面麻酔痛みの少ない治療
痛みを抑えるための麻酔ですが、その麻酔自体が痛かったという経験はありませんか?そんな注射針の痛みを和らげるのが表面麻酔です。患部に直接塗り薬のようなものを塗ることで、皮膚や粘膜を麻痺させます。まず表面麻酔をしてから効いてくるのを待って、いよいよ麻酔注射となります。

33ゲージの細い針
歯科医院で麻酔をするために使われている注射針は、30ゲージと呼ばれる太さのものが一般的です。しかし、麻酔針は細ければ細いほど痛みを抑えることができます。そのため当院では、注射針の中で最も細いとされている「33ゲージ」の針を採用しています。

電動麻酔器痛みの少ない治療
麻酔薬を注入する際に痛みを感じることがあります。その痛みは、注入するスピードによる圧力が原因とされています。そこで当院では電動麻酔器という装置を使用し、ゆっくりと麻酔薬を注入することで痛みや不快感を最小限に抑えています。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております