歯医者 歯周病 定期健診

スタッフブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

歯を磨いているだけでは、歯周病は良くなりにくいものです。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯を磨いてもなかなか一度、歯周病になると治らないのは確かです。

歯周病は慢性疾患であるので、医科でいう糖尿病や高血圧、心疾患などと同じ分類になりますね。

この慢性疾患というのは、かなり厄介です。

その最たる理由は自覚症状に乏しいです。

それこそ痛みや、腫れ、発赤などが出るとそれは急性化したものと考えられます。

この慢性疾患の治療は、先ずは生活習慣の改善を必要とします。

それは、規則正しい生活と、食事、運動習慣、十分な睡眠などですね。

歯周病であれば、口腔衛生状態の管理ということになりますね。

口腔衛生はセルフで行うことは一番大切ではありますが、それだけでは、上手くいかないのが現状です。

特に歯周病をお持ちの方は、その程度にはよりますが、3ヶ月に1回は定期健診をして歯茎が安定しているかを確認させていただき、その際に、もし磨き残しがあるようならば指摘させていただきブラッシングの確認をいたします。

そして、歯茎のお掃除をさせていただき状態が良ければ、維持できるように指導させてください。

 

当院の院長は入れ歯診療を得意としてはおりますが、極力、入れ歯を長持ちさせるために一生懸命であります。

院長は「歯を抜かなければ、入れ歯を作り替える必要はないことが多い。」と常々、言っております。

実際に、入れ歯が入っていて残存歯が少なく、その歯が歯周病であったとしても、この定期健診にきちんと来ていただいている方は、歯を抜くようなことはほとんどなく、入れ歯も長持ちしております。

ですから、その残存歯を残すためにも定期健診にはしっかり罹り、一緒に歯を守る努力をしていきましょう。

 

(りんご歯科医院 歯科助手 K.S)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

歯を磨いていても一度、歯周病になってしまった人は、なかなか根本的な解決は難しいです。

歯磨きは、あくまで治療の第一歩です。

これなしには、治るものではないですが、これだけでは事はすまないことが多いです。

歯周病の人は歯周ポケットというものが存在し、異常値としては4mm以上のポケットが存在することになります。

その中に入ってしまったバイオフィルムを除去することは通常の歯磨きでは困難です。

歯科医院にある専用の器具を使って除去するしかありませんからね。

だからこそ、定期健診と歯科衛生士によるプロフェッショナル・クリーニングは、是非、受けていただいてほしいと考えます。

 


咬み合わせると痛いという歯はないですか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

「歯を咬み合わせるとなんだか痛い」と言った場合、大きく分けて四つの原因が考えられます。

まずは、「咬合性外傷」というかみ合わせによる損傷です。はぎしりや食いしばりによって歯に無理な力がかかり虫歯ではないのにかみ合わせにると痛いという症状がでることがあります。

次に、「歯周病」です。歯周病とは歯を支えている歯茎や骨が破壊されてしまい、悪化すると歯が抜けてしまうような病気です。歯周病が進むと骨が歯を支えきれずぐらつき、ものを咬むのが大変になることも。

3つ目に「根尖性歯周炎」です。虫歯や打撲により神経が進んでしまった場合、根の治療を途中にしたままの場合などなんらかの原因で、根の先に膿をつくってしまうことも。

最後に「上顎洞炎」です。上顎の骨の中にある空洞(上顎洞)に何らかが原因で炎症を使ってしまうものです。上顎洞に関しては、歯が由来なのか鼻からなのかを見極めることも重要です。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.O)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

咬み合わせると痛いというものには、なかなか判別がつかないものもありますね。。。

特に被せ物が入っている歯は厄介です。

直視しても被せ物の下はなかなか、どうなっているかは解りにくいですね。

レントゲンを撮っても銀歯の場合は、マスキングされてしまいますから。

そのため、できるだけかかりつけの歯科医院を持ち、そこで時系列を追って診ていくのが本当の意味では良いのでしょうね。

どうぞ、皆さん、かかりつけの歯科医院を持って、定期健診にもかかるようにしてくださいね。

 


定期的なケアで歯周病を克服しましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯を磨いてもなかなか一度、歯周病になると治らないのは確かですね。

歯周病は慢性疾患であるので、医科でいう糖尿病や高血圧、心疾患などと同じ分類になります。

この慢性疾患というのは、かなり厄介です。

その最たる理由は自覚症状に乏しいです。

それこそ痛みや、腫れ、発赤などが出るとそれは急性化したものと考えられます。

この慢性疾患の治療は、先ずは生活習慣の改善を必要とします。

それは、規則正しい生活と、食事、運動習慣、十分な睡眠などですね。

歯周病であれば、口腔衛生状態の管理ということになりますね。

口腔衛生はセルフで行うことは一番大切ではありますが、それだけでは、上手くいかないのが現状です。

特に歯周病をお持ちの方は、その程度にはよりますが、3ヶ月に1回は定期健診をして歯茎が安定しているかを確認させていただき、その際に、もし磨き残しがあるようならば指摘させていただきブラッシングの確認をいたします。

そして、歯茎のお掃除をさせていただき状態が良ければ、維持できるように指導させてください。

当院の院長は入れ歯診療を得意としてはおりますが、極力、入れ歯を長持ちさせるために一生懸命であります。

院長は「歯を抜かなければ、入れ歯を作り替える必要はないことが多い。」と常々、言っております。

実際に、入れ歯が入っていて残存歯が少なく、その歯が歯周病であったとしても、この定期健診にきちんと来ていただいている方は、歯を抜くようなことはほとんどなく、入れ歯も長持ちしております。

ですから、その旨を理解し、定期健診、クリーニングに来ていただけたらと思います。

 

(りんご歯科医院 歯科助手 K.S)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

歯周病が歯を抜く原因の第一位に挙げられています。

特に日本人の成人は、8割ぐらいの人が程度の差こそあれ、歯周病になっていると言われています。

この歯周病はよく知られていたとしても、実際のケアはどうしたらいいのか解らないという話をよく聞きます。

これについては、実際に歯科医院に行っていただきよく話を聞いていただきたいと思います。

自分一人のケアで、治そうと頑張る人がいますが、その頑張り方が間違っていると良い方向には行きませんからね。

適切な努力をして、歯周病を克服しましょうね。


歯石の付きやすい人は結構います。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

皆さん少し前に、歯石取りをしたのにまた歯石が付いてますと言われたことありませんか。

今回は歯石がつきやすい人、つきにくい人の違いについてお話ししたいと思います。

まず、歯石はどのように歯に沈着するのかご存知ですか?

歯石とは、プラーク(歯垢)が唾液の中のカルシウムやリンと結びついて、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間で、石灰化した硬いかたまりのことをいいます。

歯垢が歯に付着する時間が長く続くと個人差がありますが214日で歯石が形成されます。

一般的に歯石のつきやすい人の唾液の特徴は、

1.唾液が多い

2.唾液のPHが高い(すなわちアルカリ性である)

3.唾液がサラサラである

と言われています。

歯石がつきやすい人は再石灰化が高い方が多いので虫歯にはなりにくい傾向がありますが、歯石は歯周病の進行を進めてしまうのでこまめな歯石除去が必要です。

その反面、歯石がつきにくい人は唾液が酸性よりになっていて、自浄作用と再石灰化の力が弱く、歯垢が作られやすく、虫歯になりやすい傾向があります。

自分が歯石がつきやすいのか、つきにくいのか気になった方は気軽にご質問下さい。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.T)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

確かに、すぐに歯石を作ってくる人はいます。

それは上記の理由からなのですね。

歯石はあっていいことはありません。

新しい歯垢の足場になってしまいますからね。

気になる方は早目に歯科医院で除去しましょう。


歯周病のセルフチェックをしてみましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯周病は成人の約8割が罹患するといわれているにも関わらず自覚症状がある方は非常に少ないように思います。

そこでご自身のお口の中の状態をよく観察し、セルフチェックをしてみましょう。

・歯茎が赤く腫れている

・歯と歯の間に隙間ができてきた

・歯が長く伸びてきた

・疲労やストレスがかかると歯茎が腫れやすい

・歯磨きで出血がある

・歯に動揺がある

・歯の表面を舌でさわるとザラザラする

 

これらの項目に一つでも当てはまる方は、歯周病の恐れがあります。一度歯科医院を受診してみてくださいね。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

歯周病のセルフチェックは是非、やっていただけたらと思います。

一項目でも当てはまるようであれば、早めに歯科医院で必要な処置を受け、日々のブラッシングを頑張りましょう。

そのブラッシングについても指導を受けるようにしましょうね。

歯周病は重症になると、歯を保存することが困難になります。

症状が軽いうちに歯科医院で診ていただくことをお勧めいたします。


...678910...203040...