歯医者 歯周病 定期健診

スタッフブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

笑気ガスを用いた鎮静法とは。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院では歯科治療にトラウマのある方や痛みに弱い方でも安心して治療に通って頂けるよう「笑気麻酔器」を導入しております。

笑気ガス(亜鉛化窒素ガス)を鼻から吸引し行うことで不安や恐怖心などを軽減させるのが特徴ですが、吸引中に意識がなくなることはありません。また治療後は30分以内に肺などから体外に排泄されてしまうため副作用はほとんどありません。

歯科治療に対して不安やストレスを大きく感じてしまう患者様に、リラックスして治療を受けていただくための方法です。気になる方は気軽にお声がけください。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

当院では歯科治療に対して不安をお持ちの方を中心に、笑気鎮静法を行うことがあります。

これは低濃度の笑気ガスを吸引してもらい、リラックス効果を期待して行うものです。

どうしても、歯科医院が怖いと思われるのならばこれを併用させてもらえたらと思います。


定期健診とクリーニングで再発予防。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

治療がひと段落したらメンテナンスに通いましょう。

メンテナンスでは、虫歯や歯周病のチェックとクリーニングをさせていただいております。

普段どんなに丁寧にブラッシングを行っていても落とし切れない汚れがあります。

このような汚れをクリーニングさせていただくことにより、虫歯や歯周病の予防になります。

またお口の中を綺麗にすることにより免疫力アップも望めます。

 

 

りんご歯科医院 歯科衛生士 R.M)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

治療が終わってひと段落されている方もいるかと思います。

しかしながら、そこがゴールではありません。

一度、虫歯や歯周病になっている方は再発するリスクが付きまといます。

従って、メンテナンスしていく必要があるのですね。。。

是非、治療後も定期健診に来ていただき、そのリスクを下げていきましょうね。


唾液検査でリスクを知りましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

移転と共に新しい器械が増えてます。

その中の1つ

測定時間が約5分でできる唾液検査です。

『多項目・短時間唾液検査システム』

やり方は、10秒間軽く洗口して頂くだけです。

後は器械にセットする準備をして、結果を待つだけです。

◎ 歯の健康に関する項目 

◎ 歯ぐきの健康に関する項目

◎ 口腔清潔度に関する項目

に別けて結果が出ます。

お口の中がわかることで毎日のケアに役立てる事が出来ます。

気になる方はスタッフ声をかけて下さいね。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 m.m)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

当院で行う唾液検査システムでは、上記の項目で検査ができます。

これにより、被検者は虫歯のリスクが強いか、歯周病のリスクが強いか、または両方ともリスクが高いのかが解ります。

また、口臭判定もできます。

そのリスクを知ったうえで、予防に励んでいただいたらと思います。


唾液検査で解ることがあります。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

たくさんある歯磨き粉を選ぶとき、どれを選んでいいのか悩むことはありませんか?

そこで唾液検査をすることをオススメします。

唾液検査では虫歯のなりやすさ、歯周病、口臭の有無などがわかります。

これらが分かることで、たくさんの種類がある歯磨き粉などを選ぶときにこの結果をもとにお口の中の状態に最適なものを選ぶことができます。

気になる方がいらっしゃいましたら、

お気軽に当院のスタッフにお聞きください。

 

(りんご歯科医院 歯科助手 M.N)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

当院では、唾液検査により虫歯や歯周病になりやすいかどうかのリスク判定ができるようになりました。

これらが解ることにより、自分にとってどのような歯磨き粉が良いのかや、歯ブラシを決める決め手にもなります。

気になる方は、ご相談ください。


智歯周囲炎とは。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

智歯周囲炎とは親知らずが原因で起こる歯肉、歯周組織の炎症のことです。

親知らずは1番奥に生えるため、生えてくるスペースが足りず正常に生えてこないことが多いです。途中までしか生えていなかったりすると、清掃しにくく衛生管理が行いづらかったり、親知らずがまっすぐ生えてこないと、前の歯との間に隙間ができ汚れがたまりやすくなります。これらが原因で細菌が増え、炎症が起きてしまいます。

智歯周囲炎の主な原因として、歯肉が腫れる、痛みがでる、膿がでる、口が開けずらくなるなどの症状が当てはまります。

智歯周囲炎を予防するために、抜歯や親知らずを清潔にすることです。

他にも疲れやストレスで免疫力が低下すると起こり得ることなので生活習慣を見直すことも大事になります。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 R.Y)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

親知らずが何の問題もなく、きちんと生えそろって、咬合している人は少ないものです。

生え方によってはどうしても、親知らずを掃除することが大変なので、その親知らず周囲の歯茎が不潔となりやすく炎症を起こすことがあります。

これを智歯周囲炎と言います。

このような状態であるならば、抜歯をされたほうがいいかと思いますね。

気になる方はご相談ください。

親しらずの位置によっては、大学病院での処置を勧めることもありますが。。。

 

 


...10...1819202122...304050...