新潟市 入れ歯

スタッフブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

歯が抜けっぱなしではないですか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

虫歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまった場合、そのままにしていると様々な不具合を生じる可能性があります。

見た目の印象が悪くなるだけでなく、噛みあう歯や両隣の歯が倒れたり、移動する事によって全体のバランスが崩れてしまい食事がしにくくなります。

また、噛み合わせがずれることによって顎関節症や肩こり、頭痛など体全体の不調を引き起こすだけでなく、発音の乱れや集中力の低下にも繋がるのです。

支障がないからとそのままにせず、すぐに歯科医院へ行くようにしましょう。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 M.M)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

歯を一本失うことにより、その両隣在歯や対合の歯は支えを失い傾斜や挺出を起こします。

これにより本来の咬み合わせのバランスが崩れ、様々な障害を呈します。

早目し歯科医院に罹り、ブリッジや入れ歯を入れてもらうようにすることをお勧めいたします。

歯が抜けて、何もしなくても良いと思われるのは、親知らずくらいではないでしょうか。。。

欠損歯があるということは、それだけ他の歯の負担も大きくなるでしょうし、咬み合わせにも異常をきたします。

そのことは知っておいてくださいね。


型取りするための材料の話。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

りんご歯科医院の歯科技工です。

今回は、口の中の型取りする材料について書かせてもらいます。

木製義歯の使われていた頃は蜜蝋などワックスなどを温めて型取りしていた記録が残っています、しかし、弾力性がないので外す時に変形して正確な型は望めなかったそうです。

現在は、寒天やアルジネート印象材シリコン印象材などをハイブリッドに使っています。

 

寒天もアルジネート印象材も海藻由来の物で乾燥に弱く、型取りしたら可及的速やかに模型にしなければいけません。

アルジネート印象材は、先の大戦で寒天を日本から輸入できなくなった欧州が昆布系の海藻から作った代替品だとか、軽くうんちく挟んで今回はここまで。

 

(りんご歯科医院 歯科技工士 T.I)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

型を取る作業は歯科医院では日常的に行われています。

被せ物や入れ歯を製作するためには必要不可欠でありますからね。

今の型取り材は非常に精度が良いものだと思います。

ドンドン改良されているので、今後がもっと楽しみです。


歯科技工界にもデジタル化の波が来ていますね。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

りんご歯科医院の歯科技工です。

CAMの3Dプリンターを紹介したいと思います。

歯科用3Dプリンターには、材料に石膏パウダーと金属そしてレジンを使用する工作機械があります。

石膏パウダーは、矯正治療の説明用模型を造るそうで、大手矯正歯科技工所で拝見しました。1台あたり1千万円程する機械だそうです。

金属は、チタンをアーク溶接で積層してコアという被せ物の土台を造るそうです、日本最大規模技工所で拝見しました。

1台あたり1億円程する機械だそうです。

レジンは、紫外線でレジンを固めて造形します、歯科で使うことはできないのですが個人的に所有いる機械は数万円で購入しました。

歯科用でも数十万円から購入できます。

最近になって総義歯のみですが認可が出て患者様にセットできる様になったとか、まだ自由診療なので同じ自由診療なら金属床をオススメします。

 

(りんご歯科医院 歯科技工士 T.I)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

今までは、このCAD/CAM装置ができる分野は歯牙などの硬組織に対してのものでしたが、これからは義歯などの粘膜面に対しても製作が可能な時代になってきました。

歯科界もデジタル化の波が押し寄せていますね。

何とかついて行けるように、僕も頑張ろうと思います。


どうしてもできない場合。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯にするのは嫌なのでなんとかブリッジの被せ物にならないでしょうか?ということはよくあります。

もちろん患者様の希望に沿った形で治療を提供していけたらと思っていますが、どうしてもできないことがあります。

それは保険制度の中で決められた事柄です。

保険診療では歯がない部分をどのように残っている歯で支えるかというのが、ある程度決まってしまいます。

なので患者様によってはどうしてもブリッジの治療に当てはめることができないこともあるのです。

その場合は入れ歯を作ることになっていきます。

自由診療の場合ではこちらの裁量でなんとかブリッジにできるケースもあります。

どうしても・・・という場合はご相談してみてください。

どちらの場合でも残っている歯の状態が鍵となりますので、日ごろから自分の歯は大事にするようにしてくださいね。

 

(りんご歯科医院 歯科医師 A.S)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

ブリッジにできないような欠損様式というのはあります。

欠損歯によっては保険診療ではやってはいけないというものがあるということですね。

各歯の指数が決まっていて、それを計算するとブリッジが不適応というものがあるということです。

そのようなケースの場合は、入れ歯になってしまいますね。

でも、無理をしてブリッジを入れても予後は良くないことが多いですからね。

致し方ないかとは思います。

もし、気になるようでしたらご相談くださいね。


当院には3人の歯科医師が在籍しています。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院には、3人の歯科医師が在籍しております。

まずは、院長の澤口先生です。

院長は入れ歯が大好きで、入れ歯を得意としております。

また、院長はマラソンやサッカー、ピアノもされるのでそういったお話も大歓迎です!

次に副院長の笹川先生です。

笹川先生は被せ物を得意とされるので、被せ物に悩まれる方は笹川先生にご相談されてみてはいかがでしょうか?

笹川先生は1歳の娘さんを溺愛されてるので、ぜひお子さまのお話をふってみてください。

最後に非常勤歯科医師の長谷川先生です。

長谷川先生は矯正を専門とされてます。

りんご歯科医院唯一の女性の先生で、とても優しい先生です。

当院のドクターは全員とても優しいので、安心していらして下さいね。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 R.M)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

当院には、3人の歯科医師がいます。

常勤の歯科医師は歯学博士号を持ち、アルバイトの矯正担当の先生は矯正認定医を取得しております。

それぞれ、得意分野があり、みんなで切磋琢磨して研鑽しておりますよ。

気になることがあれば、遠慮なく聞いていただけたら幸いです。


12345...