歯 しみる 知覚過敏

スタッフブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

歯がしみませんか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

夏といえば冷たいものが食べたくなりますよね。

でも、冷たいものを食べると歯が染みるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

真っ先に思いつく原因は知覚過敏ですよね。

歯の根本が削れてしまう事が原因の場合、詰め物で対処することができます。

また、その他の原因でも染み止めを塗ったり染み止めの成分が配合されている歯磨き粉を使用する事で症状を和らげることができる場合もあります。

冷たいもので歯が染みる、そんな方は是非ご相談ください。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 A.A)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

歯がしみて冷たいものが食べれないという話はよく聞きます。

虫歯の可能性も否定できませんが、知覚過敏ということも可能性としては多くあります。

この知覚過敏は自分で起こしている可能性もあるのですね。

というのはブラッシング圧が強くて歯茎部分の歯質がすり減っていたりしませんか?

歯ブラシによる横磨きの圧力が強いとこの部分をよくすり減ってしまいがちです。

気を付けていきましょう。


歯がしみてお困りじゃないですか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

梅雨が明けて徐々に暑さが増してきていますね。

暑い時は、冷たい飲み物やアイスが食べたいのに歯がしみて食べれないという患者様から「原因は何ですか?」と質問を受けたので皆さんにも紹介したいと思います。

歯がしみる知覚過敏の原因は、

加齢や歯周病の進行によって歯茎が下がりやすく歯の根が露出してしまう

強いブラシ圧による歯のすり減り

転倒による歯の損傷

この場合は表面のエナメル質部分そのものが欠けてしまうことで、中の象牙質が露出しています。

知覚過敏の治療法は、神経の過敏状態を抑える成分の入った歯磨き剤を使ったり、露出した象牙質表面を保護する治療があります。

知覚過敏の方は、ブラシ圧が強い方や歯ぎしりをしている方が多いです。自分のブラシ圧が強すぎていないか、どのくらいのブラシ圧が良いのか気になる方は気軽にご質問下さい。

 

 

(りんご歯科 歯科衛生士 Y.T)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

冷たいものが美味しく感じる季節ですね。

日中は30度を超える日が多くなってきましたものね。

その際に、歯がしみるという方はなかなか冷たいものを摂取しにくいですよね。

歯周病が知覚過敏を併発しているような状況というのは多いです。

歯磨きを優しく丹念に行い、歯磨き粉も知覚過敏用のものに変えてみるという工夫も必要かもしれませんね。

どうしても、治まらないようなら歯科医院で診てもらうようにしましょう。。。

意外と違う要因であったりすることもありますからね。。。


歯がしみませんか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

だんだん暑くなってきて、冷たい飲み物や食べ物を取ることが多くなってきたと思います。

アイスクリームなどでキンと歯が痛む時はありませんか。

虫歯以外にも、知覚過敏の可能性もあります。

痛みが起こる場所は、歯肉が下がり、象牙質が露出した根の部分です。

歯磨きや温度、冷風など刺激があると内部の歯髄神経に痛みが生じます。

歯を磨く時も、なるべく気を付けて磨きましょう。

○力を入れすぎない様にブラッシングを。

○知覚過敏予防歯磨剤を使い、症状を和らげましょう。

○歯ブラシを大きく動かないように丁寧にプラークを取り除きましょう。

気になる場合は早めの受診をお勧めします。

 

(りんご歯科医院 歯科助手 R.N)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

これからの季節、冷たいものを食べたり飲んだりすることが多くあるかと思います。

その際に歯がしみて冷たいものが摂取しにくいという人も、いるかもしれませんね。。。

歯のしみは虫歯以外に知覚過敏が考えられます。

もし、そのようなことでお困りならば、教えていただけたら幸いです。

知覚過敏の治療はしみ止めのお薬を塗ったり、歯磨き時のブラッシング圧を弱くしてもらったり、レーザーを使用したりと何種類かあります。

しかしながら、知覚過敏の治療もなかなか厄介なところがあって、一回の治療で全く何でもなくなるということも少ないので、一緒に頑張りましょう。


冷たいもので歯がしみませんか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

これから冷たい物を口にすることが多くなります。

冷たいものでしみたことはありませんか?

もししみるだけであれば、知覚過敏かもしれません。

知覚過敏にオススメの歯磨き剤『メルサージュ ヒスケア』があります。

 

知覚過敏症状を防ぐのに有効な硝酸カリウムと乳酸アルミニウムが配合され、

虫歯予防に効果的なフッ化ナトリウム1450ppm配合

ステイン除去効果の清掃剤や歯周病予防効果の薬用成分が配合されています。

使う事で知覚過敏が落ち着くことがあります。

気になる方はスタッフにお声がけ下さい。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 m.m)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

歯がしみて困るという人は少なくはないですね。

これからの暑い時期に冷たいものを食べることが多くなりますが、その都度、歯がしみるようならば辛いですものね。。。

そのようなことがないように、しみる方はかかりつけの歯科医院で相談してみてくださいね。

☆6月4日(金)午後の部と5日(土)の終日はスタッフ全員で予防接種を受けるため休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいただきます。


歯がしみる人へお勧めの歯磨き粉は。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

知覚過敏がある方にお勧めしているヒスケアという歯磨き粉があります。

知覚過敏は、歯肉が下がってしまったり、歯の磨きすぎでエナメル質に守られている象牙質が露出してしまって起こります。

そうなってしまった際に、しみるのを防いでくれるのが硝酸カリウムや乳酸アルミニウムなどの成分です。この2つの成分が入っているのがヒスケアです。

使い続けることによって、歯がしみるのを防いでくれます。

ヒスケアには虫歯予防に効果的なフッ素も多く配合されていますので、ぜひ一度使ってみてはいかがですか。

 

(りんご歯科医院 歯科助手 M.N)

 

上記ブログにつての院長の追加コメント

当院で取り扱っているヒスケアという歯磨き粉は、歯がしみるような方に是非、使っていただけたらと思います。

歯磨き剤で知覚過敏が治るとは言い切れませんが、かなり効果があるようですよ。

気になる方は、ご相談くださいね。

 


12