入れ歯 新潟市

スタッフブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

入れ歯でお悩みならば、ご相談ください。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

保険内で作る入れ歯(義歯)、保険外(自費)で作る義歯。

もし義歯を入れたことのある方なら、義歯を作る際に悩んだことがあるかもしれません。

実際に、義歯作製の際にはこの選択肢からまずは決定しなくてはなりません。 

まず保険内のものは、材料がいわゆるプラスチックのようなものになります。強度を出す為に、厚めにつくられたり、残っている歯に維持をもたせるための金具をつけたりします。

保険内なので、金額的にはそんなに高額にならないのが、メリットでしょうか。

ただ保険内義歯で、デメリットとして出てくるのが、先に話した厚さや、金具の金属色です。このデメリットを解決できるのが、保険外のものになります。

厚さを抑えるために、金属を使用することで、熱の伝わりも良くなり、食べているものの温かさを知ることもできます。

またバネの金属色が嫌だと言う方には、バネのないタイプの義歯を作ることができます。

もしかすると、色々な方法で今、患者さんが悩んでいることに解決法があるかもしれません。 

気になることがある方は是非ご相談を。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 Y.O)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

入れ歯でお悩みの方は多いですよね。

より快適なものをお望みならば、自由診療の方が良いかもしれませんね。

自分の健康な歯と同じようにはなり得ませんが、保険診療内のものよりも材質的には快適になり得る可能性が多いですからね。

気になる方はご相談くださいね。


オーラルフレイルに気をつけていきましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

《オーラル・フレイル》という言葉を聞いたことがありますか?

歳を重ねる事で筋力や活力が衰えた状態を『フレイル(衰弱)』と呼んでます。

筋力や活力が衰えると介護状態に繋がります。

対処としては、早期発見が大切になります。

歯科でも、口腔機能の低下や食の偏りがある状態を《オーラル.フレイル》と呼びます。

 

口腔機能の低下には、

歯周病や虫歯から始まり歯の喪失や滑舌

食べこぼしやムセ、噛めない食品の増加、

知らず知らずのうちに口腔機能低下は始まっています。

まずはご自分の口腔状態を知ることから始めませんか?

今まで食べられていたものが食べれなくなったなど心当たりがないか気にしてみて下さい。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 m.m)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

オーラルフレイルという言葉が出てからもう数年経ちますが、人は食べられるものが限定されるようになると、全身的に衰弱していくようです。

できるだけ、歯を失わずにいることは大切ですし、もし、失っている歯があるのならば早目に入れ歯なりの適切な補綴処置が必要ですね。

気になる方は、ご相談くださいね。


定期的なケアで歯周病を克服しましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯を磨いてもなかなか一度、歯周病になると治らないのは確かですね。

歯周病は慢性疾患であるので、医科でいう糖尿病や高血圧、心疾患などと同じ分類になります。

この慢性疾患というのは、かなり厄介です。

その最たる理由は自覚症状に乏しいです。

それこそ痛みや、腫れ、発赤などが出るとそれは急性化したものと考えられます。

この慢性疾患の治療は、先ずは生活習慣の改善を必要とします。

それは、規則正しい生活と、食事、運動習慣、十分な睡眠などですね。

歯周病であれば、口腔衛生状態の管理ということになりますね。

口腔衛生はセルフで行うことは一番大切ではありますが、それだけでは、上手くいかないのが現状です。

特に歯周病をお持ちの方は、その程度にはよりますが、3ヶ月に1回は定期健診をして歯茎が安定しているかを確認させていただき、その際に、もし磨き残しがあるようならば指摘させていただきブラッシングの確認をいたします。

そして、歯茎のお掃除をさせていただき状態が良ければ、維持できるように指導させてください。

当院の院長は入れ歯診療を得意としてはおりますが、極力、入れ歯を長持ちさせるために一生懸命であります。

院長は「歯を抜かなければ、入れ歯を作り替える必要はないことが多い。」と常々、言っております。

実際に、入れ歯が入っていて残存歯が少なく、その歯が歯周病であったとしても、この定期健診にきちんと来ていただいている方は、歯を抜くようなことはほとんどなく、入れ歯も長持ちしております。

ですから、その旨を理解し、定期健診、クリーニングに来ていただけたらと思います。

 

(りんご歯科医院 歯科助手 K.S)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

歯周病が歯を抜く原因の第一位に挙げられています。

特に日本人の成人は、8割ぐらいの人が程度の差こそあれ、歯周病になっていると言われています。

この歯周病はよく知られていたとしても、実際のケアはどうしたらいいのか解らないという話をよく聞きます。

これについては、実際に歯科医院に行っていただきよく話を聞いていただきたいと思います。

自分一人のケアで、治そうと頑張る人がいますが、その頑張り方が間違っていると良い方向には行きませんからね。

適切な努力をして、歯周病を克服しましょうね。


お口の中の困りごとはありませんか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

お口の中のお困り事はありませんか?

歯の痛み、歯の色、形、歯並び、少しでも気になる事がございましたら、是非、当医院へご相談ください。

当院では、いわゆる歯科の一般治療のみならず、入れ歯や被せ物による審美治療にも力を入れています。

もし、気になる箇所があり、お悩みならばその悩みを聞かせて頂けたら幸いです。

当院では、患者様のお一人お一人に寄り添った治療を心がけておりますので、どうぞ安心して来ていただけたらと思います。

 

(りんご歯科医院 歯科衛生士 M.K)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

当院では一般治療のみならず、歯並びの矯正治療、ホワイトニングや被せ物、入れ歯などのにも力を入れております。

もし、歯のことでお悩みならば、ご相談いただけたら幸いです。

そのお悩みから解放できるように最大限、努力いたしますね。

一緒に頑張りましょう。

 

※6月25日(金)の午後の部と26日(土)の終日はスタッフ全員でワクチン接種のため、休診となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承願います。

 


歯の形。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯の形は人によってさまざまな形があります。

その形を自分自身で気に入っている場合もあれば、コンプレックスに思っている場合もあります。

一概にこの形が絶対に正解だというのはないと思っています。

少し前に、実際に私が思っている「きれいな歯並びと形」を入れ歯で再現して患者様にお渡ししました。

その際には左右対称に並びを整えて、歯の形も均一にして製作したのですが、「元の私の歯並びじゃない」といわれてしまいました。

その方の思い描く理想の歯の形というのを把握しきれていませんでした。

その後歯の形と並びを微調整し、ご満足のいく形まで整えていくことができました。

入れ歯や被せ物を装着する際には仮合わせを行うことが多いです。

なるべくその人にあった、その人の理想の形を求めて頑張りますので、仮合わせの際には皆様もどういう風にしたいなー等意見を交わしていければと思いますのでよろしくお願いいたします。

(りんご歯科医院 歯科医師  A.S)

 

上記ブログについての院長の追加コメント

歯の形態や歯並びで何が良いかは、なかなか言いにくいことがあります。

一応、頭の中ではイメージできてはいますが、それを全ての人に適応できるかというと、それは無理だと思います。

また、入れ歯で元々の歯並びと同じようにするというは無理があります。

なぜなら、歯を抜いている以上、歯茎は経時的に吸収しますので、無理して同じような歯並びを作ろうとしてもよいことがありません。

歯の大きさや形態も顎堤の状況や残存氏の状況によっても同じにはなれません。

しかしながら、極力はその辺りを鑑みて患者さんに気に入ってもらえるような歯並びや歯冠形態を付与していきたいとは思っていますよ。

その旨はよく相談して決めていきましょうね。


12345...