歯科矯正 新潟

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

矯正治療に興味はありませんか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院では歯並びの治療として矯正治療を行うことがあります。

当院としてのやり方は、口腔内診査をさせていただき、資料取りをし咬合関係の確認と抜歯の必要性があるかないかも検討します。

基本的にはワイヤーとそれを引っかけるためのブラケットを使用する矯正処置となることが多いです。

(マウスピース矯正は当院では行っておりません。)

よく言われることですが、「子供の時に歯並びを直しておけばよかったなー。」という人がいます。

歯科矯正は確かに小学生時期の混合歯列の時にやっておけば有利な点も多くあるかと思います。

しかしながら、諸事情があってできなかったとしても矯正治療を諦める必要はないです。

当院の患者さんでも、50代や60代で矯正治療を始めた人は多いですよ。

概ね2~3年でキレイな歯並びになるのであれば、その後の人生は有意義なものになるでしょうし、歯周病や虫歯になるリスクも軽減できますね。

確かに難しい歯並びの人は存在していて100%治せるという訳ではありませんが、気になるようならば一度押す団に来られてみてはいかがでしょうか。

当院では1月に1~2回矯正専門の先生が来ています。

優しい女性の先生です。

相談料は3千円になりますが、一度、話を聞いてみて治療方針や費用、期間などをお尋ねいただけたらと思います。

専門医の矯正相談希望の方は、お電話でその旨を言っていただき日程調整をさせていただけたらと思います。


歯並びは大人になってからでも直せるのですね。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯並びを気にして思い切り笑えなかったり、歯並びが原因で磨けないところができてしまい口臭や虫歯の原因になっているという人は少なくないかもしれませんね。

この歯並びを直すとなると、基本的には歯科矯正が必要になることが多いです。

この歯科矯正と聞くと、多くの人は子供の頃からやらないと直らない、お金が掛かるというイメージを持つ人が多いようですね。

でも、ここで考えて頂きたいと思うのは、歯並びが悪いが故に虫歯や歯周病になるのを見ているとトータル的に医療費はさらに掛かるのではないでしょうかね。。。

実際そのような人を多く見ることがあります。

挙げ句の果てには、重度虫歯や歯周病により抜歯を余儀なくされ、自分の歯もなくなり、財布からはお金が亡くなるという悪循環を引きずることになりますね。

確かに、矯正治療は医療保険が使えないですので、高額です。

でも、大人になってからでもできる治療ではあります。

実際当院で矯正を50代や60代で始めて2~3年経ちますが、今は凄く歯並びがキレイになり、笑顔も素敵になりました。おしゃれも楽しんでいるみたいで、明るい雰囲気になりましたよ。

子供の頃には、経済的に難しかったとしても成人となり経済的にも少し余裕ができたのならばこのコロナ禍でマスクを日常的にしている今、歯科矯正で歯並びを直してみませんか?

当院には歯科矯正を専門で診に来ていただいている歯科医師が月に1~2回来られています。

その先生から、期間ややり方、料金などの説明を受けてみませんか?

ご希望の方は、その旨を電話で教えてくれたら幸いです。

 

 

 


歯並びが気になりませんか?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯並びを気にして、当院に来られる人も少なくはないです。

歯並びが悪いがゆえにどうしても清掃できない口腔内環境となり、虫歯や歯周病になってしまうケースも多く拝見されますね。

また、その歯並びが精神的にコンプレックスとなり、人前で思いっきり笑えないという人も少なくないですね。

歯並びを一つの個性と考えることもなくはないですが、それが原因で心因的にお悩みならばそれは個性だと思ってはいられないものだと思います。

実際に当院に罹られている患者さんの中には、歯並びを直したことによりいつもはあまり笑わなかった人が凄くよく話し、よく笑うようになったのを見て、本当に嬉しく思いましたよ。

その歯並びを直す方法として、歯科矯正という方法があります。

この歯科矯正というのは一般的に、歯にワイヤーをかけて歯を動かしていきます。

保険診療ではできないため自由診療となりますが、歯を削らずに時間と手間はかけてゆっくりと動かしていきます。

歯を動かすスペースがしっかりとあれば非抜歯で行いますが、あまりにも歯が入り組んでしまっていて、動かすスペースが無いようならば抜歯してから行うこととなります。

それは第一小臼歯といわれる歯が多いです。

また、埋伏している親知らずも抜歯をします。

抜歯と聞くと気が引けてしまう人がいるかもしれませんが、顎の大きさに対して歯が大きかったりした場合、どうしても必要なのですね。

もし、それを無理して非抜歯で歯科矯正をすると、ゴリラのような口元になってしまう危険があるのですね。

であるならば、歯の本数が減ったとしても外見的にも審美的で咬合がしっかり確保されている歯並びを目指すべきと考えます(もちろん症例によっては、非抜歯で可能なものは非抜歯で矯正を行いますけどもね。)。

矯正治療は敷居が高く感じられ、なかなか踏み込めないでいらっしゃる人も、実際に話を聞いてみると案外予想に反して安かった思うかもしれませんよ。

さらに、コロナ禍でマスクを着けて日常生活を強いられている今のうちにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

 

※当院には、月に1~2回、矯正担当の先生が来ます。矯正担当医による相談料は税込み3000円です。ご希望の方はお電話で承ります。

 

 


部分的な小矯正は患者さんが思うより難しいことが多いです。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯並びを気にして、当院に相談に来る人も少なくないです。

その中で、気になる言い方をされる方がいます。

例えば「上顎の二番目の歯が内側に引っ込んでいて、そこが気になるので直してほしい。。。他は多少悪くても気にならないので、触らなくてもいいです。」というような内容です。

気になるのは、そこだけなので後は触らなくても良いという考えを全否定するわけではないのですが、歯並びを直すにはその歯の対合歯や隣在歯のことも考えなければなりません。

基本的に歯並びを直すとなると一般的には歯科矯正が必要なことが多いのですが、気になる部分のみではなく対合の歯も咬み合わせがずれているようならばいっしょに直さなければならないこともケースとして多いです。

これを無視して、その部位の歯並びを直すということは咬み合わせはどうでもいいけど、その部位だけ直してほしいというのと同じだと思えます。

そんな乱暴なことは、歯科医師としては絶対にできませんね。。。

仮に補綴物(被せ物)で治すにしても対合の歯が位置異常を起こしていれば、やはり一緒に直さなければなりませんね。

気になるところが患者さんのいう所の隣在歯と対合歯の位置関係は本当に重要ですからね。

また、部分的な小矯正は決して簡単ではなく、時間と手間がかかることは多いです。

その辺りは、歯科医師とよく相談して処置されるのが良いかと思います。

 


歯並びを改善することによって得られるメリットは多いです。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯並びを気にされて、人前で話をするのが苦手だという人や笑うことができないという人が少なくはないです。

特に若い方の場合、口元を隠すように笑う人が多いように思います。

歯並びは人それぞれで、それを個性と捉える向きもありますが、歯の生え方によっては歯と歯の間を磨くのに、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシがどうやっても入らないケースというものもあります。

そのような状態でいると、その歯間部分から虫歯を作ってきたり、歯周炎が出てきたりすることが多いですね。

その場合、歯並びを変えて口腔内の環境を改善することが、虫歯や歯周病予防の第一歩になりますよね。

歯並びが良くなることによって、虫歯リスクや歯周病リスクが格段と低くなり治療後の予後が良くなったという人は少なくないです。

 

また審美的な問題として、気にされる方も多いです。

例えば、出っ歯や八重歯、反対の咬み合わせなどで、口元がキレイにならない人は結構いますよね。

歯の状態で下顔面部の審美性は決まりますから。。。

この歯並びを変えるのに、一般的に必要な処置は歯科矯正と言われるものです。

歯科矯正は抜歯をして行う方法と、抜歯をせずに行う方法があります。

この判断基準は、顎の大きさに対して歯の大きさがどうなのかが大きなポイントであるかと思います。

つまり、歯が並ぶスペースがほとんど無い場合は、どうしても抜歯処置が必要になるかと思います。

もちろん、抜歯をするまでもなく、歯科矯正することが可能な方も少なくはないですから、診査が本当に大切になりますね。

一般的な治療の流れとしては、口腔内の診査(虫歯があるかないかや、歯周炎の状態、口元の状態など。)をします。

そして、レントゲン診査や模型を起こしての分析をします。

そして治療方針を決めて行くわけですね。

治療としては、それぞれの口腔内の状態により、方法は変わっていきますね。

その旨は、治療方針を決定する際に説明をしっかりするようにしていますよ。

多くの方が矯正というと、歯に金属のブラケットというものをつけて、ワイヤーで動かすものと思われるかと思いますが、現在は目立たないものもあります。

その他にも、適応は限られますが、床矯正といわれるものやマウスピース矯正というものもあります。

いずれにしても、症例によってそれは使い分けなければならないのでしっかり説明をしていけたらと思います。

また、多くの方が気にしているのは、期間と料金、そして今更やっても歯並びは直らないという諦めの気持ちではないでしょうか。。。

確かに矯正治療は時間がかかります。

料金も自由診療となるため、安くはないかもしれません。

でも、多くの人は、そのあたりを過剰に考えていますね。

治療計画に基づいて料金表と照らし合わせて説明すると、「何だ、このぐらいの金額なんだ。。。思ったより安いです。」と言われる方も多いですよ。

デンタルローンを使うという手段もあります(当院でも取り扱っております。)。

また、成人になってからでも歯科矯正は、問題なくできますよ。

年齢に関係なく、歯は確実に動きますから。

当院に、現在も60代の女性が矯正治療をして、キレイな歯並びになってきましたよ。

この方も、歯並びがキレイになることによって明るくなったような気がいたします。

それまでは、診療室でこちらが話しかけても会話は多くはなかったですが、今ではよく話しもするし笑顔も多いです。

笑顔に自信を持ってきたみたいです。

恐らく自分でも歯並びがキレイになったことを実感されているのでしょうね。。。

もちろん学童期の乳歯と永久歯が混在している混合歯列期の歯科矯正も行っています。

歯並びが気になって、お悩みの方はご相談いただけたら幸いです。

※当院には月に1~2回、矯正専門の先生が来られます。
矯正専門医に相談希望の方は、連絡いただけたら幸いです。矯正相談料は3000円(税抜き)となります。

 


矯正治療で歯並びを直しませんか。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯並びを気にされて当院に来られる方も少なくないです。

歯並びが悪いがために、磨けない部位が存在し虫歯や歯周病になってしまう方というのも多いです。

そのような方達には、歯並びを直すための歯科矯正をお勧めすることがあります。

歯並びは、基本的に歯の並ぶスペースが得られていないために、真っすぐ歯が生えることができないために入り組んだ歯並びになったりすることが原因であることが多いです。

そのため、小臼歯という歯を抜歯することがあります(診査して問題がなければ、抜歯しないこともあります。)

そして、ブラケット(ワイヤーを引っかけるもの)を装着して、そこにワイヤーをかけていきます。

ワイヤーを用いた矯正力を使って段階を追って、歯を直立させたり移動させていくわけです。

きれいに歯が並ぶまでは、恐らく2~3年ほどかかることが多いです。

きれいに歯が並んだところで、今度は保定装置というものを使って後戻りがないようにするわけですね。

ここまでかなりの時間と労力がかかります。

しかしながら、歯を削るということはなく審美的にも非常に良いものになりますよ。

自由診療となりますが僕は、自分の歯を生かした良い治療法だと思っています。

それこそ、歯を全部削って被せ物で治すような治療方法もありますが、それだと短期間かもしれませんが歯の侵襲は大きいと言えます。

もし、この歯科矯正にご興味のある方はご相談ください。

当院には歯科矯正専門の先生が月に1,2回来られます。

その先生からおおよその期間、やり方、回数、料金をご説明いたしますね。

 

 


歯並びを直す矯正治療に年齢はあまり関係ないのです。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯並びを気にされて、人前で話をするのが苦手だという人や笑うことができないという人が少なくはないです。

それを自分自身のコンプレックスとなり、気にされている人は多くいますね。

歯並びは人それぞれで、それを個性と捉える向きもありますが、歯の生え方によっては歯と歯の間を磨くのに、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシがどうやっても入らないケースというものもあります。

僕達、歯科教育を受けた人でも、この歯並びでお口の中からプラークを除去するのは不可能だと思える歯並びの人もいますからね。。。

そのような状態でいると、その歯間部分から虫歯を作ってきたり、歯周炎が出てきたりすることが多いですね。

その場合、歯並びを変えて口腔内の環境を改善することが、虫歯や歯周病予防の第一歩になりますよね。

 

また審美的に口元のバランスが悪いのを気にされる方も多いです。

例えば、出っ歯や八重歯、反対の咬み合わせなどで、口元がキレイにならない人は結構いますよね。

歯の状態で下顔面部の審美性は決まりますから。。。

この歯並びを変えるのに、一般的に必要な処置は歯科矯正と言われるものです。

歯科矯正は抜歯をして行う方法と、抜歯をせずに行う方法があります。

この判断基準は、顎の大きさに対して歯の大きさがどうなのかが大きなポイントであるかと思います。

つまり、歯が並ぶスペースがほとんど無い場合は、どうしても抜歯処置が必要になるかと思います。

もちろん、抜歯をするまでもなく、歯科矯正することが可能な方も少なくはないですから、診査が本当に大切になりますね。

一般的な治療の流れとしては、口腔内の診査(虫歯があるかないかや、歯周炎の状態、口元の状態など。)をします。

そして、レントゲン診査や模型を起こしての分析をします。

そして治療方針を決めて行くわけですね。

治療としては、それぞれの口腔内の状態により、方法は変わっていきますね。

その旨は、治療方針を決定する際に説明をしっかりするようにしていますよ。

多くの方が矯正というと、歯に金属のブラケットというものをつけて、ワイヤーで動かすものと思われるかと思いますが、現在は目立たないものもあります。

その他にも、床矯正といわれるものやマウスピース矯正というものもあります。

いずれにしても、症例によってそれは使い分けなければならないのでしっかり説明をしていけたらと思います。

また、多くの方が気にしているのは、期間と料金、そして今更やっても歯並びは直らないという諦めの気持ちではないでしょうか。。。

確かに矯正治療は時間がかかります。

それこそ、2~3年という期間が必要かもしれません。

料金も自由診療となるため、安くはないかもしれません。

でも、多くの人は、そのあたりを過剰に考えていますね。

治療計画に基づいて料金表と照らし合わせて説明すると、「何だ、このぐらいの金額なんだ。。。思ったより安いです。」と言われる方も多いですよ。

また、成人になってからでも歯科矯正は、問題なくできますよ。

年齢に関係なく、歯は確実に動きますから。

当院に、現在も60代の女性が矯正治療をして、キレイな歯並びになってきましたよ。

この方も、歯並びがキレイになることによって明るくなったような気がいたします。

それまでは、診療室でこちらが話しかけても会話は多くはなかったですが、今ではよく話しもするし笑顔も多いです。

笑顔に自信を持ってきたみたいです。

恐らく自分でも歯並びがキレイになったことを実感されているのでしょうね。。。

もし、自分の歯並びが気になって、お悩みの方はご相談いただけたら幸いです。

矯正治療に年齢はあまり関係ないですからね。

 


歯並びを気にして笑えないことはないですか?

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯並びを気にされて、人前で話をするのが苦手だという人や笑うことができないという人が少なくはないです。

特に若い方の場合、口元を隠すように笑う人が多いように思います。

歯並びは人それぞれで、それを個性と捉える向きもありますが、歯の生え方によっては歯と歯の間を磨くのに、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシがどうやっても入らないケースというものもあります。

そのような状態でいると、その歯間部分から虫歯を作ってきたり、歯周炎が出てきたりすることが多いですね。

その場合、歯並びを変えて口腔内の環境を改善することが、虫歯や歯周病予防の第一歩になりますよね。

また笑った時の歯の見え方や口元の審美的な問題として、気にされる方も多いです。

例えば、出っ歯や八重歯、反対の咬み合わせなどで、口元がキレイにならない人は結構いますよね。

歯の見え方や口元の状態で下顔面部の審美性は決まりますから。。。

 

この歯並びを変えるのに、一般的に必要な処置は歯科矯正と言われるものです。

歯科矯正は抜歯をして行う方法と、抜歯をせずに行う方法があります。

この判断基準は、顎の大きさに対して歯の大きさがどうなのかが大きなポイントであるかと思います。

つまり、歯が並ぶスペースがほとんど無い場合は、どうしても抜歯処置が必要になるかと思います。

もちろん、抜歯をするまでもなく、歯科矯正することが可能な方も少なくはないですから、診査が本当に大切になりますね。

一般的な治療の流れとしては、口腔内の診査(虫歯があるかないかや、歯周炎の状態、口元の状態など。)をします。

そして、レントゲン診査や模型を起こしての分析をします。

そして治療方針を決めて行くわけですね。

治療としては、それぞれの口腔内の状態により、方法は変わっていきますね。

その旨は、治療方針を決定する際に説明をしっかりするようにしていますよ。

多くの方が矯正というと、歯に金属のブラケットというものをつけて、ワイヤーで動かすものと思われるかと思いますが、現在は目立たないものもあります。

その他にも、適応は限られますが、床矯正といわれるものやマウスピース矯正というものもあります。

いずれにしても、症例によってそれは使い分けなければならないのでしっかり説明をしていけたらと思います。

また、多くの方が気にしているのは、期間と料金、そして今更やっても歯並びは直らないという諦めの気持ちではないでしょうか。。。

確かに矯正治療は時間がかかります。

料金も自由診療となるため、安くはないかもしれません。

でも、多くの人は、そのあたりを過剰に考えていますね。

治療計画に基づいて料金表と照らし合わせて説明すると、「何だ、このぐらいの金額なんだ。。。思ったより安いです。」と言われる方も多いですよ。

デンタルローンを使うという手段もあります(当院でも取り扱っております。)。

また、成人になってからでも歯科矯正は、問題なくできますよ。

年齢に関係なく、歯は確実に動きますから。

当院に、現在も60代の女性が矯正治療をして、キレイな歯並びになってきましたよ。

この方も、歯並びがキレイになることによって明るくなったような気がいたします。

それまでは、診療室でこちらが話しかけても会話は多くはなかったですが、今ではよく話しもするし笑顔も多いです。

笑顔に自信を持ってきたみたいです。

恐らく自分でも歯並びがキレイになったことを実感されているのでしょうね。。。

もちろん学童期の乳歯と永久歯が混在している混合歯列期の歯科矯正も行っています。

歯並びが気になって、お悩みの方はご相談いただけたら幸いです。

※当院には月に1~2回、矯正専門の先生が来られます。
矯正専門医に相談希望の方は、連絡いただけたら幸いです。矯正相談料は3000円(税抜き)となります。

 


歯並びが気になるなら、矯正をしませんか?

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯並びを気にされて当院に来られる方も少なくないです。

歯並びが悪いがために、磨けない部位が存在し虫歯や歯周病になってしまう方というのも多いのは事実です。

そのような方達には、歯並びを直すための歯科矯正をお勧めすることがあります。

歯並びは、基本的に歯の並ぶスペースが得られていないために、真っすぐ歯が生えることができないために入り組んだ歯並びになったりすることが原因であることが多いです。

そのため、小臼歯という歯を抜歯することがあります(診査して問題がなければ、抜歯しないこともあります。)

そして、ブラケット(ワイヤーを引っかけるもの)を装着して、そこにワイヤーをかけていきます。

ワイヤーを用いた矯正力を使って段階を追って、歯を直立させたり移動させていくわけです。

きれいに歯が並ぶまでは、恐らく2~3年ほどかかることが多いです。

きれいに歯が並んだところで、今度は保定装置というものを使って後戻りがないようにするわけですね。

ここまでかなりの時間と労力がかかってはしまいますが。。。

しかしながら、歯を削るということはなく審美的にも非常に良いものになりますよ。

自由診療となりますが僕は、自分の歯を生かした良い治療法だと思っています。

それこそ、歯を全部削って被せ物で治すような治療方法もありますが、それだと短期間かもしれませんが歯の侵襲は大きく料金もとんでもない金額になるかと思います。

もし、この歯科矯正にご興味のある方はご相談ください。

おおよその期間、やり方、回数、料金をご説明いたします。

また、当院には矯正専門の先生が月に1~2回来られますので、その先生の方で相談に乗らせていただいたらと思います。

(矯正専門の先生は、火曜日もしくは木曜日の午後に来られます。相談料は3千円となります。電話で予約を入れていただけたらと思います。)


気になるのならば、歯並びを直しませんか?

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯並びを気にされて、人前で話をするのが苦手だという人や笑うことができないという人が少なくはないです。

特に若い方の場合、口元を隠すように笑う人が多いように思います。

歯並びは人それぞれで、それを個性と捉える向きもありますが、歯の生え方によっては歯と歯の間を磨くのに、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシがどうやっても入らないケースというものもあります。

そのような状態でいると、その歯間部分から虫歯を作ってきたり、歯周炎が出てきたりすることが多いですね。

その場合、歯並びを変えて口腔内の環境を改善することが、虫歯や歯周病予防の第一歩になりますよね。

また審美的な問題として、気にされる方も多いです。

例えば、出っ歯や八重歯、反対の咬み合わせなどで、口元がキレイにならない人は結構いますよね。

歯の状態で下顔面部の審美性は決まりますから。。。

この歯並びを変えるのに、一般的に必要な処置は歯科矯正と言われるものです。

歯科矯正は抜歯をして行う方法と、抜歯をせずに行う方法があります。

この判断基準は、顎の大きさに対して歯の大きさがどうなのかが大きなポイントであるかと思います。

つまり、歯が並ぶスペースがほとんど無い場合は、どうしても抜歯処置が必要になるかと思います。

もちろん、抜歯をするまでもなく、歯科矯正することが可能な方も少なくはないですから、診査が本当に大切になりますね。

一般的な治療の流れとしては、口腔内の診査(虫歯があるかないかや、歯周炎の状態、口元の状態など。)をします。

そして、レントゲン診査や模型を起こしての分析をします。

そして治療方針を決めて行くわけですね。

治療としては、それぞれの口腔内の状態により、方法は変わっていきますね。

その旨は、治療方針を決定する際に説明をしっかりするようにしていますよ。

多くの方が矯正というと、歯に金属のブラケットというものをつけて、ワイヤーで動かすものと思われるかと思いますが、現在は目立たないものもあります。

その他にも、適応は限られますが、床矯正といわれるものやマウスピース矯正というものもあります。

いずれにしても、症例によってそれは使い分けなければならないのでしっかり説明をしていけたらと思います。

また、多くの方が気にしているのは、期間と料金、そして今更やっても歯並びは直らないという諦めの気持ちではないでしょうか。。。

確かに矯正治療は時間がかかります。

料金も自由診療となるため、安くはないかもしれません。

でも、多くの人は、そのあたりを過剰に考えていますね。

治療計画に基づいて料金表と照らし合わせて説明すると、「何だ、このぐらいの金額なんだ。。。思ったより安いです。」と言われる方も多いですよ。

デンタルローンを使うという手段もあります(当院でも取り扱っております。)。

また、成人になってからでも歯科矯正は、問題なくできますよ。

年齢に関係なく、歯は確実に動きますから。

当院に、現在も60代の女性が矯正治療をして、キレイな歯並びになってきましたよ。

この方も、歯並びがキレイになることによって明るくなったような気がいたします。

それまでは、診療室でこちらが話しかけても会話は多くはなかったですが、今ではよく話しもするし笑顔も多いです。

笑顔に自信を持ってきたみたいです。

恐らく自分でも歯並びがキレイになったことを実感されているのでしょうね。。。

もちろん学童期の乳歯と永久歯が混在している混合歯列期の歯科矯正も行っています。

歯並びが気になって、お悩みの方はご相談いただけたら幸いです。

※当院には月に1~2回、矯正専門の先生が来られます。
矯正専門医に相談希望の方は、連絡いただけたら幸いです。矯正相談料は3000円(税抜き)となります。

☆当院は8月3日より、現在の場所から新潟駅方向に30メートルほど行った場所のタチバナビル1階に移転開院いたします。何卒よろしくお願いいたします。