部分的な小矯正は患者さんが思うより難しいことが多いです。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

部分的な小矯正は患者さんが思うより難しいことが多いです。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯並びを気にして、当院に相談に来る人も少なくないです。

その中で、気になる言い方をされる方がいます。

例えば「上顎の二番目の歯が内側に引っ込んでいて、そこが気になるので直してほしい。。。他は多少悪くても気にならないので、触らなくてもいいです。」というような内容です。

気になるのは、そこだけなので後は触らなくても良いという考えを全否定するわけではないのですが、歯並びを直すにはその歯の対合歯や隣在歯のことも考えなければなりません。

基本的に歯並びを直すとなると一般的には歯科矯正が必要なことが多いのですが、気になる部分のみではなく対合の歯も咬み合わせがずれているようならばいっしょに直さなければならないこともケースとして多いです。

これを無視して、その部位の歯並びを直すということは咬み合わせはどうでもいいけど、その部位だけ直してほしいというのと同じだと思えます。

そんな乱暴なことは、歯科医師としては絶対にできませんね。。。

仮に補綴物(被せ物)で治すにしても対合の歯が位置異常を起こしていれば、やはり一緒に直さなければなりませんね。

気になるところが患者さんのいう所の隣在歯と対合歯の位置関係は本当に重要ですからね。

また、部分的な小矯正は決して簡単ではなく、時間と手間がかかることは多いです。

その辺りは、歯科医師とよく相談して処置されるのが良いかと思います。

 

関連する記事