当院スタッフが本当の意味で一丸となった日。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

当院スタッフが本当の意味で一丸となった日。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

今日は日曜日で、当院はお休みです。

今回はいつもの臨床とは違う話になりますがご容赦くださいね。

 

 実は先月の10日に当院の若手スタッフ9人と僕の計10人でリレーフルマラソンに参加しました。

この大会は、毎年行われていたようですが二年ほどコロナ禍の関係で行われていませんでした。

今回やることを知り、僕の強引な提案でスタッフを巻き込んで参加することにしました。

これは新潟市の陸上競技場でトラックを105周ちょっと(一周400メートル)をリレー形式で走るというものです。

参加チームは企業だったり、マラソンチームだったりいろいろです。

 

当院のスタッフの中には、そんなにスポーツをする子ばかりでもないので提案したときは、大反対にあいました。。。

でも、そこはパワハラと言われようと、自分勝手と言われようと「どんな辛いことであれ、皆で何かの目標に向かって一丸になることが大切なんだ。目標は5時間という制限時間内での完走!」とどこかで聞いたようなセリフを使い、熱血教師のように言い、なんとか皆を説得できました。

しかしながら、皆には相当なストレスを与えてしまったことでしょうね。

それでも、それからは前向きに取り組んでいただけたようで個々による練習で走ったり、スポーツジムに行ったりしていたようです。

 

当日は非常に暑く、すごくいい天気でした。

僕は内心この暑さの中、皆大丈夫かな?と心配をしてはいました。

他のチームは17チームあり、その人たちは皆、足に覚えがあるような人たちばかりです。

 

言い出しっぺの僕は、第一走者で「まずは10周走る。」と言っていたものの、周りの走者の雰囲気にのまれ最初から全力疾走をしてしまいました。

そして2周で息切れし、「もう代わってくれ~。」とダウン。。。

第二走者以降の人は面食らったでしょうね。

それでも、皆が一生懸命に走ってくれました。

中には緊張のあまり、気持ち悪くなってしまった人もいました。

それでも必死の顔で黙々と頑張りました。

不調の子の穴を埋めようと、少し余裕がある人はその分、走りました。

本当の意味で助け合いをしながら。

その時の皆の顔は診療の時とは全然違って真剣そのものです。

本当にいい顔をしていましたよ。

その後、僕も体力を取り戻し、合計28周走りました。

当日は裏方に回ってくれたスタッフ達も一生懸命にアシスト、サポートをしてくれてりんご歯科医院がさらに一つになったという実感を持てましたよ。

 

結果は17チーム中、17位。

ぶっちぎりのビリッケツでしたが、制限時間の5時間なんてかからずに3時間56分で完走しましたよ。

最後はメンバー全員で横並びになってゴール。

みんなが健闘を称えあっていました。

感動する最高の瞬間でしたよ。

 

若手スタッフたちの世代は「ゆとり世代」「悟り世代」と言われている世代です。

でも、この子たちはそんなことを微塵も感じさせないほどの頑張り屋です。

諦めたり、投げやりになったりすることなく医院のため、皆のためを実践し、目標に向かって努力できる素敵なスタッフ達です。

本当にこんなスタッフ達と一緒に働ける僕は幸せ者です。

スタッフ皆に心より感謝いたします。

 

☆当院では一緒に働いてくれる歯科衛生士(正社員)を募集しています。

 ご希望の方は、お電話にてお問い合わせください。

 

 

 

 

関連する記事