歯の欠損部がそのままでいいということは、ほぼないですね。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

歯の欠損部がそのままでいいということは、ほぼないですね。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯を機能させるのに相当時間がかかる人もいなくはないです。

でも、歯を失っている以上は何かをそこに補綴するしか方法がないと思います。

永久歯の欠損があってそのままでいいというのは親知らず以外、ないのではないでしょうかね。

もし、残存歯が多く残存していて、ブリッジがかけられるようならばその方が良いかもしれません。

実際、噛み心地は天然歯に近いですからね。

でも、ブリッジができない症例となると、選択肢はインプラントか入れ歯ということになりますね。

インプラントも、どのような症例にも適しているわけではないです。

骨に人工の歯根をいれて、そこに上部構造を作っていくわけですね。

手術を要しますので、それなりのリスクもあります。

もし、手術や残存歯を削るということをせずに安全に処置をするとなると、やはり入れ歯がいいとなるかと思います。

ただ、天然歯と同じようには嚙めないと思います。

噛み心地は天然歯と比べて確実に悪いと思うはずです。

でも、何もないままで放置していて良いのかというと、それは全くいいことがないです。

多くの歯の欠損症例では入れ歯で対処されている人が多いものです。

それこそ最初は苦痛があったでしょう。

何をどうしようとしても、異物には違いないですから。。。

でも、歯科医院で調整を何回か繰り返し、使っていくうちにそれなりに使用できるものになったはずです。

そうなれるように僕たち歯科医師も頑張っていますので、是非、諦めずに一緒に頑張りましょうね。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

☆当院では一緒に働いてくれる歯科衛生士(正社員)を募集しています。

 ご希望の方は、お電話にてお問い合わせください。

関連する記事