就寝時の歯ぎしりや喰いしばりへの当院の対処法。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

就寝時の歯ぎしりや喰いしばりへの当院の対処法。

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 就寝時の歯ぎしりや喰いしばりによって、歯牙に過剰な咬合圧がかかり、歯を割ってくる(歯根破折する)人が最近、少なくないです。

この歯根破折は、治療の第一選択としては抜歯になってしまう事が多く、非常にやっかいです。

歯ぎしりや喰いしばりは、日常の過度なストレスが歯ぎしりや喰いしばりの原因とされています。

これを根本的に防ぐ方法は、まだ確立されておらず、現在のところ就寝時にマウスピース(ナイトガード)をお薦めしております。

入れ歯を使用している方では、入れ歯を就寝時にも装着して寝てもらったりして対処しています。

でも、入れ歯の場合、歯ぎしりなどで人工歯がすり減ってしまい、噛み合わせの高さが低くなることによって、残存歯に過剰な負担を強いることが少なくないです。

よって、そのようなケースの場合、ナイトデンチャーといって夜、就寝時のみに装着する入れ歯を作ることもたまにあります。

気になる方は、是非、ご相談ください。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は

関連する記事