総入れ歯の咬み合わせの調整について。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

総入れ歯の咬み合わせの調整について。

       1422069023872.jpg

 昨日のブログにも書いた通り、総入れ歯の不具合で一番影響している可能性が高いのは咬み合わせです。入れ歯が外れやすいのも実は型取りが悪いのではなく、ちょっとした咬み合わせのずれが、そうさせている場合があります。ですから、私は最初に咬み合わせを見ます。咬み合わせを見るのにもいきなり咬合紙を入れることはしません。まず、咬合音をよく聞きます。聞いてみるとカクカクしているケースが案外多いです。そして、両手の人差し指を入れて左右のどちらが高いかを確認します。そして、右か左かどちらか高いのが判明したら初めて咬合紙を入れて、どの部位が当たりが強いのかを見て歯の部分を削除調整していきます。ここでは触れませんが、削る際にもちょっとしたコツがいるんですね。
 そして、咬合のバランスが整うと結構外れないようになるケースは多いと思いますよ。