残根の抜歯

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

残根の抜歯

 本日、左下奥歯の残根を抜歯しました。残根というのは、極度の大きな虫歯により歯の根っこだけの状態をいいますが、保存が無理な状態であったため抜歯となったのです。この方は、男性で年齢も若くその歯を取り囲む骨もがっちりしていることが予想されたため、一時間の施術予定とさせていただきました。
 実際にやってみると、やはり虫歯の範囲は広く歯肉もその根っこを取り囲むように覆うような状態でありました。麻酔をしっかりかけ、歯肉を少し除去し歯と骨の境目を削り段差を確認しててこの原理を利用して抜くのですが、口で言うほど簡単ではないです。
 なぜなら、骨の硬さと歯の硬さも人によって違いますし、削る際にももちろん出血はありますしね。
 今日も麻酔から縫合まで一時間かかりました。でも慎重にやるならこのくらいの時間は必要かと思いますよ。簡単な抜歯というのは結果論で、やる際には慎重にやるのが鉄則ですからね。