入れ歯の調整の難しいところ。。。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

入れ歯の調整の難しいところ。。。

 上顎にわりと多いのがフラビーガムとよばれる、ぶよぶよした粘膜がある人が結構います。程度にもよるのですが、範囲が広く入れ歯の維持安定に影響を及ぼすようであれば、手術して除去することも考えなければなりません。
 一般的には除去しないまでも、そのぶよぶよした粘膜に強い圧力がかからないように内面を大きくくりぬいて対応しますが、総入れ歯の場合どうしてもそのぶよぶよした粘膜の上に歯が並ぶケースが多いので、完全な無圧状態にはできません。これが大きければ、大きいほど難症例になるのは間違いないですね。
 では、なぜフラビーガムができたのかと言いますと、おそらく下顎前歯部の突き上げが強いかと思います。本来は、臼歯同士で咬み合っていたのが、古くなって摩耗し前歯部が強く当たるようになって、突き上げるようになったかと思いますね。こうなるとお使いの入れ歯を修理し、内面に粘膜調整剤を敷く前処置から入ります。
 よって、新製義歯を作り出すのにも時間がかかるし、作り出してからも大変かと思いますね。