入れ歯の違和感

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

入れ歯の違和感

 不幸にして欠損歯があって、初めて入れ歯を入れる場合はかなりの違和感があるかと思います。もし、少数歯の欠損で骨量もしっかりあり、全身的に健康な方ならばやはりファーストチョイスはインプラントなのかもと思います。しかしながら、インプラントは健康保険が使えず自由診療となりますのでそのような理由で、ブリッジか入れ歯の二つしか考えにくいのが現状ですよね。

 少数歯欠損でブリッジが可能なら違和感や咬み心地を考えると、入れ歯よりブリッジがいいと思います。ブリッジは基本的に固定性ですし、咬んだ感触も自分の歯に似てます。でも、ブリッジが不可能な欠損の場合は、保険診療の範囲では入れ歯になるしかないです。ただ、最初はかなり苦痛かと思います。ない所に歯が入ってもあくまで、粘膜の上に乗っかっている形状ですから。粘膜と入れ歯の接触部分にはわずかでも空隙が存在するので、そこにせんべいのカスや、ゴマのようなものが入ると痛くなって咬めないこともあります。その度に清掃をしっかりやる必要性があります。

 でも、人間の体は不思議なもので頑張って使っていただくとかなり慣れていきます。長くても2か月ほどあれば、ほとんどの方は慣れてしまい、逆に入れ歯がなくて違和感を感じてくる人もたくさんいますよ。そうなるまでは、もちろん調整は必要ですが。。。是非そうなるように、一緒にがんばりましょう。

関連する記事