歯ぎしり 喰いしばり

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

歯を失った後の歯茎は、どうしても痩せます。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 総入れ歯を製作する際に、あまりにも歯茎がやせてしまい、吸着が難しい人というのは少なからず存在します。

そのような人は、なかなか製作するのが難しいかと思います。

僕たち歯科医師は、そのような状況でもいろいろ工夫していますよ。

それこそ、総入れ歯の場合はいろいろなタイミングで型が取れます。

個人トレーを使用した型取りの時間以外にも咬み合わせの高さを決める時や、仮合わせの時など、いろいろあります。

型を何度も取ることによって、精度は上がっていきますまからね。

ただ、それをやって入れ歯ができたとして、最初は非常に良い吸着・安定が得られたとしても時間が経つと、入れ歯が緩むことは往々にしてあります。

というのは、入れ歯が乗っかっている歯茎は歯を失ったことにより生理学的に吸収していきます。

いわゆる歯茎がやせるということですね。。。

これは、現代の歯科医学では止めることが出来ないのです。

そのため、どうしても歯を失ってからの時間が長いと何度も入れ歯を作り替えなければならない状況が出てくるのですね。。。

今は、それこそ100歳まで生きることは珍しくない時代です。

仮に60歳で総入れ歯になったとして、それからの40年間に入れ歯を作り替えない人というのはいないのではないでしょうか?

このあたりの正確な調査は、あまりされていないようなので、はっきりとしたことは言えませんが、それこそ何度も作っているのが現状なのではないでしょうか?

この歯茎の吸収状態というのは性差や個人差も大きいため、なかなか言い切ることが出来ませんが、人によっては2か月ぐらいの短いスパンでも大きく変わることがあります。

従って、総入れ歯が装着されたからと言っても、定期健診は必要なのですね。

もし、わずかな調整で、入れ歯の吸着が戻ればもちろん作り替える必要はないですからね。

ですから、歯があっても、入れ歯であっても定期健診は必要なことをご理解くださいね。


当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


就寝時の歯ぎしりや喰いしばりへの対応は。。。

IMG_6512.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯ぎしりや喰いしばりは睡眠の質を低下させる大きな要因の一つです。

ある教授が言うには、歯ぎしりや喰いしばりには大きく4つの悪影響があると言います。

1点目は、歯を痛めてしまうことです。

就寝時の無意識の歯ぎしりや喰いしばりは、昼間に意識的に行う喰いしばりの何倍もの力がかかるため、歯が折れてしまうことがあります。

2点目は、筋肉を使い続けるために頭痛や肩こりを引き起こすことがあります。

3点目は強い力で噛みしめるために歯周組織を破壊し歯周病を悪化させてしまうことがあります。

4点目は関節や筋肉を傷めるため、口を開けたり物をかんだりすると痛みが出たりする顎関節症につながることがあります。

この就寝時の歯ぎしりや喰いしばりの原因は主に日常のストレスと言われていますが、完全には解明されていません。

また、就寝時は無意識に歯ぎしりや喰いしばりが起きてしまうので、なかなか止めようがないのが現実です。

当院のある場所は新潟市でも、オフィス街と呼ばれている所で、会社員の方が多く来られますが、多くの方にこの夜間の歯ぎしりや喰いしばりが疑われるような歯の形態(咬耗という歯のすり合わせによる摩耗状態)を認めます。

恐らく、現代の日本人は多くのストレスを抱えて生活していると思います。

ストレスから完全に解放されるのは実際、難しいことかと思います。

かといって、そのままでいいこともないと思います。
苦肉の策かもしれませんが、現在可能なこととしては、夜間、就寝前にナイトガード(マウスピース)を装着して寝ていただき、歯のすり減りをなくすことなのではないかと思います。

このナイトガードは、保険診療で製作が可能なため、安価に作ることができます。

もし、気になる方はご相談ください。

※当院で2019年版 初売り歯科用グッズ福袋を始めました。
それぞれ、虫歯ケアグッズ、歯周病ケアグッズ、口臭ケアグッズ、入れ歯ケアグッズ等のお値段がお得な福袋を用意してあります。現品が無くなり次第、終了となりますので興味のある方はお早めに。。。


就寝時の歯ぎしりをしている人は多いです。

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 就寝時の歯ぎしりは子供から、高齢者まで多くの人がしていると言われています。

先日も、8歳のお子さんの歯ぎしりに不安を覚えて、相談に来られたお母さんがいました。

このケースの場合は、歯の摩耗度は気にされる程でも無いため、特に治療を要しませんでしたが。。。

この歯ぎしりの原因はストレスや精神疾患の治療薬の副作用、咬み合わせが悪いことなどが考えられています。

しかしながら、はっきりしたことは現代医学では解明されていません。

でも、この歯ぎしりは歯や顎に強い力がかかり、体にも悪影響を与える場合があります。

歯がすり減って虫歯のような痛みが生じたり、歯そのものを割ってしまい、治療が必要なケースもあります。

特に歯周病で、歯を支える骨が痩せてしまって揺れている歯に、歯ぎしりによる側方力が働いてしますと重篤になってしまいやすいですね。。。

自己判断として、どのような場合に治療が必要なのかと言うと、舌で触れると歯がすり減っていると感じられる方や頬の筋肉がだるいと自覚する方、しょっちゅう詰め物や被せ物が外れる方、知覚過敏症で歯がしみるという方は要注意です。

また、歯ぎしりが肩こりや頭痛の原因になることがあり、こうした症状がある人も受診を考えた方がいいと言えます。

睡眠の質が悪いと、歯ぎしりが多いと言われ、日中に眠くなるのならば、睡眠障害を合併している可能性もあります。

歯ぎしりは、本当に全身に悪い影響を及ぼします。。。

治療法としては、マウスピース(ナイトガード)といわれる医療器具を使います。

患者さんの歯並びに合わせて作り、寝る時に着けると、プラスチック製の器具が歯のすり減りを防いでくれます。

器具には、上下の歯がバランスよく接するように矯正する機能もあるため、一定の期間が経つと器具を着けなくても歯ぎしりをしなくなる効果が見込めるかもしれません。

また、歯ぎしりが原因で、頬の筋肉がだるい場合は、人差し指などで優しく揉むマッサージ有効です。

温かいと筋肉もほぐれやすいので、お風呂の中でマッサージするのもお薦めです。

歯ぎしりと言うと、ギリギリと音が出ることを想像してしまいますが、音がしないタイプの「喰いしばり」もあります。

歯ぎしりは、単に周りの人がうるさいというだけでなく、本人の体にも大きな負担が掛かっています。

また、欠損している歯が多くある方で、歯ぎしりが疑われる場合は入れ歯を装着して寝てもらう事もあります(一般的には入れ歯を外して寝てもらうように指導することが多いですが、このようなケースの場合は、入れ歯を洗浄していただいた上で装着して寝てもらうように指導することもあります。)。

マウスピース(ナイトガード)を使用した治療には保険診療が適用されるので、まずはかかりつけの歯科医院でご相談ください。


歯ぎしりが疑われる人は少なくないです。

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 夜間の歯ぎしりが疑われて、歯の摩耗(咬耗)が見られる方が少なくないです。

本人にこの旨を説明しても、「いや、自分はしていない。」と言う方が少なくはないです。

でも、自分で判る人はほぼいないです。

なぜなら、就寝時に歯ぎしりや喰いしばりがでるので、無意識の状態ですからね。。。

特に単身赴任で一人暮らしをしている方は、それを指摘する人もいませんから、いくら説明しても理解してもらえることが少ないですね。。。

でも、自分の歯をよく見てみて下さい。

歯の噛み合わせの部分がすり減っていて、茶色い象牙質が顔を出していませんか?

本来はエナメル質と言う白い歯質で覆われているはずなのですよ。。。

また、詰め物や被せ物がよく外れていませんか?

現在の歯科用の合着セメントは、かなり強いはずです。

それが、ちょくちょく外れるのは中に虫歯があるか、歯ぎしりで側方力がかかって外れることが多いです。

そして、歯がしみたりしませんか?

咬耗により、象牙質が露出したことにより、熱感覚が鋭くなっている可能性も否めません。。。

まずは、歯をよく見て頂き、上記のことがあったら歯科医院でご相談下さい。

当院では、夜間の歯ぎしりや喰いしばり用のマウスピース(ナイトガード)を製作して対応することが多いです。

当院で作るナイトガードは、薄くできるのであまり違和感もないですよ。

僕も使っていますが、これがないと逆によく眠れません(僕もかなりの歯ぎしりをする人なので、装着しないと不安ですし。。。)。

これは、健康保険が利きますので是非、ご一考して頂きたいです。


自分も歯根を歯ぎしりで、割ってしまいました。

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯を抜かなければならないものとしては、重度虫歯と重度歯周病が二大疾患として挙げられますが、歯根破折(歯根の亀裂や破折)も多いです。

この歯根破折はスポーツ外傷や交通事故などの外傷もありますが、歯ぎしりや喰いしばりでも起こりえます。

そういう僕も過度の夜間の歯ぎしりにより、右下奥歯を破折してしまいました。

幸い、まだ抜かなくてもいい状態ですが、油断はできません(正直、何とか残してもらっている状態です。)。

そのため、夜間の歯ぎしりのためにマウスピース(ナイトガード)を製作してもらい、装着して寝ています。

ナイトガードでは歯ぎしりそのものを止めることはできないとされていますが、装着することによって、歯ではなくマウスピースの方が削れてくれるので歯そのものは守られます。

1年ほどで作り替えているので、確かに消耗品と考えられますが、これを装着することによって寝るときの安心感があり、よく眠ることができますよ。

ナイトガードは顎関節症やスポーツ用のマウスピースとは違って薄いですし、違和感もそれほど感じません。

お悩みのある方は、是非、ご相談ください。


就寝時の歯ぎしり、喰いしばりは怖いです。

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 夜間の歯ぎしりや、喰いしばりが原因で歯根破折という歯を割ってこられる方がいます。

最近は、虫歯がひどくて抜歯することよりも、この歯根破折で抜かなければならない事の方が多いような気がいたします。

でも、この歯ぎしりや喰いしばりは寝ているときにされることが多く、本人の自覚がないのがやっかいです。

原因は日常のストレスと言われ、眠りが浅い場合に起きることが多いようですね。。。

この歯ぎしりをされているときの咬合力は、食事をしている際の咬合力の数倍もかかるとされ、歯には過剰な力がかかっているのは明らかです。

この就寝時の歯ぎしりや喰いしばりを止めることは、現代歯科医学では難しくその方法は確立されていません(自己暗示療法等がありますが。。。非常に習得が難しいです。)。

対症療法ではありますが、マウスピース(ナイトガード)を用いて歯にかかる負担を軽減して、歯根破折や被せ物の脱落、動揺歯の荷重緩和、歯の摩耗軽減には非常に有効ですよ。

保険診療内で、ナイトガードは製作が可能です。

歯根破折を起こす前に、是非、今一度自分の歯がすり減っていないか、被せ物が頻繁に外れないか、家族の人が歯ぎしりや喰いしばりしていたよと言っていないか確認してみてください。

気になる方は、ご相談ください。


本当に恨めしい、歯根破折。。。

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 先日、被せ物が取れたという事で急遽、来ていただいた患者さんがいました。この方は、遠いところから足繁く通っていただいているのですが、以前からその歯に不調和があり、何度か腫れを繰り返していました。
ここに来られた当初は、重度の歯周病のため臼歯部を抜歯し、その後上顎前歯部を被せ物で直し、咬み合わせのラインを整えてから上顎のノンクラスプ入れ歯をセットしました。

 しばらくは具合も良く、特に大きな問題もなかったのですが、ある時を境に歯茎が腫れてきました。もともと若干の歯周病はあったのですが歯周ポケットを探ってみると、その歯の周囲はそれほど深いポケットはなかったのですが、精密検査をすると一点のみ、もの凄く深いポケットがありました。この場合、考えられるのは歯根に亀裂が入った。。。恐らく、その時には歯根破折があったのではないかと推測されるのですね。この歯根破折を起こす可能性があるのはただ一つ、就寝時の咬み合わせの問題。。。いわゆる歯ぎしりや喰いしばりです。
 
 この就寝時の歯ぎしりや喰いしばりは、非常にやっかいな問題です。寝ているときにしているので、本人の自覚が乏しいのですね。。。現代歯科医学では、止めることが難しいとされています。この方は臼歯部が欠損しているため、夜間に入れ歯を入れないで寝ていると残存している前歯に過剰な咬合圧が加わります。そのような事が予想されるようになってから、入れ歯を入れて寝てもらう事を指示しましたが、入れ歯を入れて寝るのはちょっと窮屈に感じるという事からナイトガードも作りましたが、結果的には被せ物が外れてその部位を上から見ると完全に割れていました。。。この状況を説明し、その歯を抜歯し、そこに増歯をすることにしました。
 
 でも、これで全てが解決というようには思えません。やはりこれからも歯ぎしりや喰いしばりは恐らく止められないでしょうし、それをすることによって、入れ歯の咬み合わせも下がってきます。そうすると、また前歯部に大きな負担がかかってくるのが予想されるからです。。。そのため、抜歯窩が落ち着いたら夜間の歯ぎしりや喰いしばりに対応するためのナイトデンチャーを薦めてみようかと思います(若干臼歯部の咬合を上げて作り、夜間の歯ぎしりや喰いしばりをしても、残存している前歯に負担がかかりにくいように設計された入れ歯)。本当に、この歯ぎしりや喰いしばりによる歯根破折というのはかなり多いです。これによって、抜歯を余儀なくされることが僕ら歯科医師にとっても辛いです。
 でも、この方にはこれ以上歯がなくならないように僕の持てる力を全て出し切っていきたいと思います。

 少しでも、そのことが疑われるような歯の摩耗、顎関節の違和感、被せ物の脱離を繰り返す、家族から歯ぎしりしていたよという報告を受けた等がある方は、歯科医院でご相談ください。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は


ナイトガードを作りませんか?

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。 

 歯ぎしりで歯が摩耗し、すり減ることを咬耗と言います。いわゆる正常咬合では糸切り歯などが顎を左右に動かしたときに支点となることが多いのですが、咬耗により糸切り歯特有の先が尖っている形態が完全にすり減ってしまい、臼歯にその力がかかるのか、臼歯部にも咬耗が見られる人がいます。
 また前方に顎を動かしたときに前歯部の誘導により前歯部が咬耗している状態のものをよく見ます。経年的に歯がすり減ってくることは、ある意味致し方ない事ですが、ちょっと異常なほどすり減っている場合は、何らかの対処が必要です。
 この状態を放置していくと、歯がしみる知覚過敏症、被せ物や詰め物の脱落、顎関節症、歯周病の悪化等、様々な不調和を起こすことがあります。対処法としては、日中では歯を合わせたら、すぐに離すようにする自己コントロールなどが言われていますが、就寝時の歯ぎしりや喰いしばりは、意識がないため対処に困難を極めます。当院ではそのような方には、夜間の就寝時にマウスピース(ナイトガード)をしていただくことをお薦めしています。保険診療で製作が可能ですし、薄いシートで製作することが可能なため違和感も少ないですよ。
 ご興味のある方は、ご検討ください。


歯ぎしりや喰いしばりが関係する歯の痛み。

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。
 
 先日、歯ぎしりと喰いしばりによる咬合痛と思われる患者さんが来られました。虫歯や歯周病は全く見当たらず、レントゲン診査にも異常は認めないのですが、歯に咬耗があり咬合診査をすると側方に顎を動かしたときに、かなりの咬合圧が奥歯に見られます。恐らく喰いしばりや歯ぎしりによる過剰な圧力によって引き起こされていると思いました。。。
 患者さんにその旨を説明し患者さんの同意を得て、歯ぎしり用のマウスピースを作る段取りに入りました。夜間の就寝時はこれを使ってもらい、日常の喰いしばりにも注意していただくよう指導させていただきます。


被せ物がしょっちゅう外れるのは、夜間の歯ぎしりが原因かも。。。

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。
 
 歯ぎしりや喰いしばりで悩むケースが最近、多くあります。被せ物や詰め物の脱落は、二次的な虫歯によって起きることももちろんありますが、それよりも過剰な咬合力による影響が多分にあると僕は思っています。この喰いしばりや歯ぎしりは夜間、就寝時に起きていることが多いのですが、寝ている時なので本人の自覚がないのが問題です。。。従って、歯の摩耗度等を見てその旨を話しますが、なかなか理解してもらえません。
 でも、しょっちゅう詰め物や被せ物が外れてくる方や、前歯・奥歯のすり減りが大きい人は一度、就寝時用のマウスピース(ナイトガード)を装着してみませんか?当院の患者さんでも、毎月のように被せ物が外れてくる人がいましたが、ナイトガードを装着して寝ていただくことにより、そのような被せ物の脱落が無くなりました。その方は3カ月に一回のメンテナンス時にマウスピースを調整させていただいていますが、そのマウスピースには、歯ぎしりでこすられた跡がくっきりと見られます。そこで初めて、その患者さんは「自分は歯ぎしりしていたんだ。。。」と気づかれています。是非、そのような方は考えてみていただけたらと思います。
 当院で作るナイトガードは、スポーツ用のマウスピース(マウスガード)や顎関節症用のマウスピースとは違い、ある程度薄くできますので違和感はそれほどありませんよ。


12