入れ歯 新潟市

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

総入れ歯の維持安定のために、努力してます。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

総入れ歯を使用中の方は解るかと思いますが、総入れ歯で何でも食べれるかというと正直、難しいと思います。

総入れ歯は歯が一本もないため、部分入れ歯のように残存歯に維持を取ることはできません。

つまり粘膜負担になるのですね。

ということは、部分入れ歯よりも安定を図るのが難しい状況になると思います。

総入れ歯を安定させるのには顎堤の状態、口腔周囲の筋圧による安定と、唾液による粘着力も必要です。

条件が良ければ、それほど難しくなく作ることができますが、条件が良いという人も決して多くはないです。

というよりも、ほとんどの方が高齢化なため条件が悪いものです。

なぜなら高齢者の場合、こちらの支持の声が聞こえないとか、意思疎通が難しいという人もいます。

中には、基礎疾患を抱え薬の副作用で舌や顎の不随意運動がある人もいます。

そうなると適切な咬合関係を得るのは至難の業です。

僕たちは、この総入れ歯を安定させるために、型取りや咬み合わせ決めを行いますが、なかなか簡単にいかないことの方が多いです。

そのため、時間はかかりますし、時間をおいてもう一回、やらなければならないこともあるかと思います。

でも、そうやることによって精度は上がっていきますが。。。

また、この総入れ歯をセットしてから、使いこなせるようになるための時間も相当かかりますね。

総入れ歯になると、歯があった時のようには食べれない、喋れないということが起きやすいのは知っておいてほしいと思います。

もちろん最大限は努力いたしますし、ご満足いただけるように頑張って行きます。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 


入れ歯セット後は期間を置いて調整をしましょうね。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

僕は、入れ歯の調整は1回目のセット時の時より、2回目の方が緊張します。

セット時は、それ程痛くないという人がほとんどなのですが、実際にご飯を食べてみて咬合圧が加わるとどうなのかというのはセット時には解りにくく、使用してみてどうかというところですからね。。。

もちろん疑似の食材に似たようなものを噛んでもらい確認することはありますけどもね。

モノを噛むという咀嚼から嚥下の段階まで入れ歯が果たす影響は大きいですね。

実際のところは家に帰って食事をしてから解ることが多いですからね。

そのため、当院では必ずセット後は1週間後に調整を行うようにしています。

この調整の時が一番緊張しますよ。

何、言われるだろうかとドキドキします。

でも、入れ歯は人工物です。

神様が作っているわけではないですからね。

調整の時間を取らずに何でも食べれるというのはかなり少数なものですよ。

だから、セット後の期間を置いての調整は絶対的に必要だと思います。

その旨はしっかりご理解いただき、一緒に良い入れ歯にしていきましょうね。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


入れ歯でも定期健診が大切なのですね。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯を新しく作りたいという希望で当院に来られる人は多いです

しかしながら、入れ歯はどんなに良いものを作ったとしても患者さんが頑張って使用しなければ、なかなか慣れませんし本当に良いものにはなり得ません。

そのためには、どうしてもリハビリは必要だと思います。

また、入れ歯が良いものになったとしてもメンテナンスにしっかり罹らなければ、それを維持することも難しいです。

過去に、当院で新しい入れ歯を製作して、それを良いものにしてもなかなか定期健診にしっかり罹ってもらうことができないため、残存している歯が抜けてしまったり、入れ歯が乗っかっている歯茎がやせてしまったために入れ歯が簡単に外れるようになったという人がいなくもないです。

その為に作り替えたほうがいいケースというのも多くありました。

でも、ある程度、定期健診にしっかり罹っていただければ、それほど大きな処置をせずに良い状態で入れ歯を保つことは可能だと思います。

実際、定期健診にしっかり罹ってくださる患者さんの入れ歯を再製作することはほとんどありませんよ。

是非、日常のホームケアのみならず、しっかり定期健診に来ていただきプロフェッショナルケアも併せて管理していくようにしましょうね。

そして咬み合わせや、粘膜面の適合を確認していくようにしましょう。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

 


治療よりも予防を重視しましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院は入れ歯治療や歯ぎしりやスポーツの外傷予防におけるマウスピース治療を得意としています。

元々、僕は補綴という入れ歯やブリッジ、被せ物を専門としている大学病院の講座に10年ほど籍を置いていましたからね。

特に入れ歯治療は大好きな治療です。

しかしながら、最近特に思うのですが、入れ歯をセットしている方はあまり口腔内の衛生状態が良くない人が多いです。

このような状況でいると、また虫歯や歯周病により、歯を抜くとか大きく歯を削らなければならないということが多いです。

そうなると、いたちごっこのような状況が続き、年に一回歯を抜いて、また入れ歯を作り替えという人がいなくはないですね。

そのような状況は患者さんにとって良いことではなく、本当に総入れ歯や総入れ歯に近い状態になってしまう人もいます。

入れ歯の咬み合わせは天然歯のものと比べると、弱く嚙み心地も良いものではありません。

できるだけ、欠損を作らないようにしていくことが重要なのですね。

どんなにいい入れ歯を作ったとしても、神様が与えてくれた健康な歯には勝てっこないですからね。

先ずは予防に励むことが大切ですね。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


総入れ歯が真ん中で割れることが多い理由としては。。。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院では、自由診療で製作する総入れ歯は主に金属床入れ歯というものになります。

保険診療ではピンク色のレジンというプラスチックを床部分全面に敷きます。

どうしてもプラスチックですので、強度は強くないですし、強度を保つために上顎であれば口蓋部分は厚くなりますし、下顎の舌側部分も厚くなります。

一応、補強線というものがレジン床の中に入りますが、それ程の強度は見込めないため、床部分が厚くなってしまいます。

金属床の場合、そこが金属になるため、強度は保証されますし、薄くできます。

そうすることによって、舌の自由度が増して発音にもいい影響が出ます。

 

よく見るケースで、上顎が総入れ歯やそれに近い状態で下顎の歯がほぼ残存している人がいます。

そのような方は大抵、咬合力も強い方が多いです。

歯があった時からも、この咬合力が強すぎてしまったがために咬合性外傷というものを引き起こし、歯周病も手伝って動揺が大きくなり歯が抜けてしまったか、歯を抜かなければならない状況になっていったのだと思います。

そして、上顎の場合、欠損歯茎の唇頬側から骨が吸収されるため、もともと歯が並んでいたものより幅が狭くなり小さくなってしまうのですね。。。

そうなると総入れ歯を製作する際に、下顎の歯に対して正常咬合配列を施そうとすると、歯茎の一番高い部分である歯槽頂より外れて、歯を並べなければならなくなります。

そうなると、噛んだ時にかかる圧力はこの歯槽頂が請け負うことなく外側に受けることになりますね。

そうなると、正中部分に圧力がかかり真ん中で割れることが多いです。

これを防止するためには、人工臼歯の咬み合わせを変えて交叉咬合配列にするなどの工夫が必要になります。

でも、この金属床で、特にチタンを使用したものであれば、入れ歯そのものも軽いですし、貧弱な顎堤にも対応できます。

そして強度もかなり強く、入れ歯が正中で割れるようなことはないと思います。

もし、そのように入れ歯がしょっちゅう壊れてしまうため、困っているという方は一度検討していただけたらいいと思います。

この金属床の入れ歯は、保険外のもので自由診療となります。

入れ歯は毎日の生活の中で、天然歯の代わりとして日常の食事時に嚥下や咀嚼に関わっているわけです。

何回も入れ歯が割れて、その度に修理をして、また割れるというようなサイクルでいる悪循環が続くならば、この金属床で解決することをお勧めいたします。

生活の質を高めるためにも、お勧めですよ。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 


唾液検査をしてリスクを知って予防に励みましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院では僕も副院長の笹川先生も補綴と言われる処置で、入れ歯やブリッジ、冠などを得意としています。

しかしながら、この処置は半永久的な処置とは言えません。

どうしても消耗品というものになってしまうものでもあるわけです。

所詮は人工物ですからね。

残念ながら半永久的にはなり得ません。

でも、長持ちさせる方法がないわけでもないです。

多くの入れ歯やブリッジを必要としている人は、部分入れ歯や少数歯欠損であります。

つまりは、残存歯が残っているのですね。

もし、その残存歯を抜歯しなければならないことになると、入れ歯やブリッジの再製作を要することが多いです。

そうなると、患者さん自身も大変ですよね。

また最初から、やり直さなくてはならない可能性が強くなります。

でも、その入れ歯を入れなければならない部位は何で抜歯になったのかを知っている人は少ないのが現状です。

虫歯で歯を抜いたのか、歯周病で歯を抜いたのか。。。

もしくは、その両方が併発していたために抜かなければならなくなったのか。。。

それを知らずに、歯磨き指導等のケアをしてもあまり良い結果が出ませんね。

そうであるならば、当院のSMTという機械で唾液を採取させていただき、そのリスク判定をしたほうが良いと思います。

患者さんの唾液を採取し、その成分から細菌の質、タンパク、緩衝能、酸性度、アンモニア、白血球の性状が解ります。

それにより、虫歯や歯周病、口臭のリスクが解ることによって、使用するべき歯ブラシや歯磨き粉、その他のデンタルグッズの提案ができます。

そのリスクを知って日常の歯磨きを考えてもらえたら、再度、入れ歯やブリッジを短期間に再製しなくても良いかと思いますよ。

本当の意味での予防につながると考えます。

気になる方は、当院スタッフに気軽にお尋ねください。

 

☆写真は唾液検査用のSMTのキットです。

SMTの唾液検査は1000円(税込み)でできます。


ノンクラスプ入れ歯がお勧めという症例もあります。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

先日、歯が抜けそうで困っているので何とかしてほしいという70代の男性の患者さんが当院に来られました。

その患者さんは、右下奥歯に第二小臼歯と第二大臼歯が支えとなって第一大臼歯が欠損のブリッジが入っていました。

診てみると、そのブリッジがかなりプラプラしていて、今にも取れそうな状態でした。

レントゲンを撮ってみると、どうやら第二小臼歯の方は骨の支持があり保存が可能なようですが、第二大臼歯の方は歯根破折しており、保存は無理と判断しました。

その方に、その旨をレントゲンを見せて説明したところ、「もう抜かなければいけないのは解っているのだけれども、その後の処置が心配なのです。その後はどうなるのですか?」と尋ねてきました。

僕は、「抜歯後の右下の欠損部は入れ歯が適応だと思います。インプラントはちょっと向かないかと思います。骨量もほとんどありませんからね。。。保険の入れ歯だと金属のバネを残存歯にかけて、維持を図るものになりますが一か所だけでは不安定なので左側の小臼歯部にもバネを掛けて舌側部分に金属のバーを這わせるものが良いと思います。それが保険内でできる入れ歯での一番いい対応だと思います。」と模型を見せて説明しました。

それを見て、患者さんは「そんなに大きなものが入るのは嫌です。。。」と困惑気味でした。

そこで僕は、「もし、自由診療で良いというのならば、ノンクラスプ入れ歯といって金属のバネを使わずに第一小臼歯と第二小臼歯の歯肉、歯間部に軟らかいプラスチックを這わせて、もっと小さい入れ歯を作るのも可能ですし、違和感も少ないかもしれません。」と説明しました。

その患者さんは、すぐに「うん。これが良い。これでお願いいたします。」と仰いました。

このノンクラスプ入れ歯は保険診療ではできませんが、部位によっては小さい範囲でいわゆる片側処理でも維持に問題なく使用が可能と僕は思っています。

ですから、このようなケースの場合は、非常に向いていると思う旨をその患者さんに伝えました。

次回から、その製作に4~5回ほどの来院が必要になるかとは思いますが、頑張っていきたいと思います。

(写真は説明用のノンクラスプ入れ歯です。この患者さんのものとは違うものです。)


入れ歯でも定期健診は必須ですよ。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯を製作して何度かの調整をして、次回のメンテナンスについて話をすると、「え、入れ歯にも定期健診っているの?」と聞く人がたまにいます。

入れ歯はあくまで消耗品です。。。

何もしないまま、長く持つことはないと心得てほしいものです。

当然入れ歯が乗っかっている歯茎もどんどん吸収してきますからね。

そのままずっと使用できることは無いと思います。

入れ歯の診療をしていて、この定期健診に歯科医院に行って悪くならないようにしていくという「予防」の認識は、大変言いにくいですが入れ歯をしている方にはその認識が足りない人が多いような気がいたします。

もし、歯がしっかりあるうちに定期健診に行くことをしていたら入れ歯をしないでも済んだかもしれませんよね。

そんなことを言っても今となっては仕方ないことですが。。。

それ以上、悪くならないように定期健診と調整、歯が残っているのならばクリーニングもしっかりやってもらいましょうね。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


入れ歯だとしても残存歯を抜かない努力をしましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯診療は自分の中でも大好きな治療です。

入れ歯製作をお願いされると、心の中で「よし、頑張るぞ。」と思います。

本当に自分でも呆れてしまうほど、入れ歯診療に没頭しています。

それは、自由診療だからとか保険診療だからとかというのは関係ないです(でも、やっぱり、自由診療の方がやっぱりモチベーションは高くなりますね。。。)。

好きな入れ歯ができあがって、患者さんにセットするときは緊張感と期待感が入り交じります。

どんな顔して喜んでくれるだろうという期待と、痛いって言われないかなという不安ですね。

神様ではないですからね。。。

人が作る入れ歯ですから、完璧なものというのは本当に難しすぎますからね。

 

反対に、嫌な気分になるのは入れ歯が装着後に痛かったと言われることと、僕が作った部分入れ歯を作り替えなければならない時ですかね。。。

特に、それがクラスプというバネが係る歯が歯周病などで抜歯をしなければならなくなり、それが増歯という処置だけでは済まなくて、作り替えなければならないというときは、もの凄く嫌なモノです。

それは、そうなったのには恐らく、定期健診には来なくなり、歯周病が進行した歯だと思われることが多いからですね。

つまり、自己管理が悪いと言えるのですね。

その自己管理は、患者さんだけの問題とは言えないかもしれません。

患者さん自身が自分の口の中の状態を意識していないのは、医院側にも責任はありますものね。

でも前から、口腔内の衛生面については患者さんに口頭のみでなく、書面にしたり、データ値を見せたりしていますが、なかなか理解してもらえないこともありますね。。。

それを伝えて患者さんに解ってもらうのも、歯科医院の仕事と考えると、まだまだ患者さんに歯磨きや定期健診の大切さは浸透していないなと思いますね。。。

ある意味、申し訳なく思います。

 

当院では、できるだけ残存歯は残し、その上で欠損があれば良い入れ歯を提供していくことを目標にしています。

あまりにも重度の虫歯や、歯周病ならば抜歯はしなければならないでしょうが、中程度以下ならば、極力保存することを目指しています。

定期健診を受け、歯科衛生士による日々のブラッシング方法や時間のチェック、プロフェッショナル・クリーニングは必須です。

これをしっかり、やっていただけたらかなりの確率で、残存歯を残せると思います。

実際、部分入れ歯の方で、しっかりメンテナンスに来てくれている方の抜歯はほとんどなくなりましたよ。

是非、この定期健診にしっかり通っていただき、口腔内の衛生管理の徹底を図りましょう。

そして、部分入れ歯だとしても、入れ歯のバネが係る歯はもちろん、残存歯があるのならば、それ以上歯をなくさないことが、入れ歯を長持ちさせるために必要なことと言えます。

今、お使いになっている入れ歯を作り替えなくても良いように、定期健診と歯のクリーニングをせめて3ヶ月に1回はされることをお勧めいたします。

一緒に頑張っていきましょう。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

 


ノンクラスプ入れ歯は若い世代の方に人気がありますね。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

以前、まだお若い女性が上顎右側の犬歯から第二小臼歯まで欠損されている方が来ました。

現在の部分入れ歯は保険診療内で作られていて、欠損部の前後の歯にクラスプという金属のバネが掛かっています。

これは、もちろん保険診療内では問題ない設計で金属のバネを使用しないわけにはいきません。

僕は、その旨を患者さんに伝えました。

患者さんは「出来れば、金属のバネを使用しない入れ歯を作っていただきたいのですが。。。でも、保険が利かないというのを聞いたことがあるので、実際どんなものでしょうか?」と言ってきました。

当院では、金属のバネを使用しないノンクラスプ入れ歯をお勧めしています。

保険診療で製作することはできません。

しかしながら、金属床の入れ歯に比べたら割と安価ではないかと思います。

(金属床とノンクラスプをハイブリッドしたものだと、さらに高額になりますが。。。)

僕は、その患者さんに「このノンクラスプ入れ歯は今まで金属のバネが掛かっていた部位に金属のバネに変わってピンク色の床と言われるものが残存している歯の歯茎を覆います。保険で使用されているものと違って、柔らかい素材で弾力があります。出し入れする時は弾力があるためそれが維持にも役立ったり、外すときにも楽に外せます。」と言いました。

その患者さんには、非常に魅力的に感じられたのでしょう。

すぐにこのノンクラスプ入れ歯を決断してくれましたよ。

しかしながら、このノンクラスプ入れ歯が全ての症例で適応ということはありません。

歯周病がある方には、この弾性が裏目に出てしまい着脱する際に歯を揺さぶって引き抜きの力が働いてしまうこともあります。

そのため、歯茎の点検は必須であるかと思いますし、動揺がすでにある方には不向きなものと思います。

ご希望の方は、その辺りもしっかり診査してから、製作に入るようにお勧めいたしますよ。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


12345...102030...