入れ歯 新潟市

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

入れ歯よりも大切な自分の歯を守りましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯の患者さんが当院には本当に多く来てくれています。

元々、歯科大学の入れ歯の講座に10年ほど居させてもらっていたので、入れ歯診療は大好きです。

僕は、入れ歯を触れない日がたまにあったりするとフラストレーションがたまってしまい、ちょっと面白くないです。

本当に自分でもおかしいんじゃないかと思う時がありますよ。

だから、休みの日にも入れ歯の本を読んでいたり、入れ歯のための技工をやっていたりします。

最近は技工の方は信頼を置ける歯科技工士が当院に来てくれましたので、技工の頻度は減りましたけどもね。

ただ一点だけ入れ歯診療でも、面白く思わないものがありますね。

それは、自分が過去に製作した入れ歯が早い時期に再製作になった時ですね。

総入れ歯であれば時間の経過とともに歯茎が痩せてくるので、再製作することはある程度は仕方ないことですが、問題は部分入れ歯です。

部分入れ歯で再製作になる可能性が一番高く頭を悩ませているのは、残っている歯が抜けてしまったり、抜歯しなければならなくなった時ですね。

そのような時というのは、だいたい患者さん自身の口腔内の衛生管理が良くなく、しかもメンテナンスにも来てもらえないことが多いものです。

つまりは口腔内の衛生管理が悪くてそうなってしまうのですね。

これをできれば改善したいです。

部分入れ歯の患者さんにそれ以上悪くならないように定期健診と歯のクリーニングに来ていただき、良い状態を維持する。

口で言うほど簡単なことではないですが、そうしたいです。

そのためにも、部分入れ歯の患者さんの歯を極力抜かずに、維持管理できるように唾液検査をしていただいて、その方の虫歯や歯周病のリスクを知ったうえでシステムを構築しています。

それが本当の意味での予防につながると信じてます。

 

※唾液検査は有料で、税込み3000円です。


部分入れ歯における自由診療のメリットは。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

部分入れ歯の自由診療で最大のメリットとしては、患者さんの口腔内環境や欠損様式に対して自由な設計を与えられると言うことでしょうか。。。

金属を使用した入れ歯で素材もコバルトクロムという重い金属以外にチタンという生体親和性の高い、軽く丈夫な金属も使用できますし、ゴールドで製作することもできます。

それこそ、前歯に金属のバネが掛かって目立つようならば、ノンクラスプ入れ歯という目立つところの金属のバネに代わって目立たない特殊なレジンで製作することもできます。

また、磁性アタッチメントという磁石を使用したものや、いろいろと部分入れ歯だからこそ考えられる設計というのはあります。

僕らはその部分入れ歯を製作する際に、咀嚼能率や単なる違和感の除去ということだけでなく、残存歯の保存ということも凄く考えて設計しているつもりです。

そうしないと、簡単に残存歯が虫歯や歯周病を起こしていきますからね。。。

でも、保険診療では、そのほとんどを網羅することはできませんし、本当の意味での満足を得るのは難しいと思います。

ですから、日々のブラッシングと定期健診に来ていただくことを前提にして、本当にこれ以上は歯を悪くしたくない、残存歯にできるだけ負担をかけたくない。というお考えが強いならば保険診療のみならず、自由診療も考えていただけたらと思います。

よく診査をして、その方に合った入れ歯の設計をご説明できたらと思います。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


入れ歯はセットして終わりという訳にはいかないです。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯は食べたり、話をしてみてどうなのかが一番大切です。

歯科医院でセットされたときに何ともなくても、ご飯を食べると痛いとか一日使っていると痛みがあるとか、いろいろ出ることが多いです。

そのため、僕はセットの時に何でもなくても必ず1週間後には来院していただき、どんな感じか聞くようにしていますよ。

もし、痛みや違和感が強いようならばそこで大きく調整することもあります。

入れ歯の良し悪しは、セットの時だけでは測れないのが現実ですよね。。。

実際にいろんな食材を食べてみないと解らないものです。

逆に最初はピッタリし過ぎて、違和感が強かったのだけれども、使っていくうちに何ともなくなったという方も多いものです。

この辺りは、本当に難しく判断に迷います。

でも入れ歯の良し悪しを決めるのは結局は患者さんなので、患者さんの意見は最大限に汲み取るつもりではいますよ。

なかなか思うように使えなくて、諦めてしまう人もいなくはないようですが、是非、そこを頑張って調整に来ていただけたらと思います。

一朝一夕に入れ歯が馴染むようになることはないとは思いますが、一緒に頑張りましょう。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

 


金属床の総入れ歯は、生活の質の向上にいいものだと思います。

CIMG1889.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

最近、自由診療で総入れ歯を製作したいという人が増えてきました。

自由診療で製作する総入れ歯は主に金属床入れ歯というものになります。

保険診療ではピンク色のプラスチックを床部分全面に置きます。

どうしてもプラスチックですので、強度は強くないですし、強度を保つために上顎であれば口蓋部分は厚くなりますし、下顎の舌側部分も厚くなります。

一応、補強線というものがレジン床の中に入りますが、それ程の強度は見込めないため、床部分が厚くなってしまいます。

上顎の場合、口蓋の床部分が厚いと発音に影響が出ます。

下顎の場合は、舌側部分が厚いと舌の運動が抑制されるので、これも発音に影響が出ますね。

 

金属床の場合、そこが金属になるため、強度は保証されますし、かなり薄くできます。

そうすることによって、舌の自由度が増して発音にもいい影響が出ます。

よく見るケースで、上顎が総入れ歯で下顎の歯がほぼ残存している人がいます。

このような人は、上顎の入れ歯が正中で割れやすいものです。

それは、上顎の場合、欠損歯茎の唇頬側から骨が吸収されるため、もともと歯が並んでいたものより幅が狭くなり小さくなってしまうのですね。。。

そうなると総入れ歯を製作する際に、下顎の歯に対して正常咬合配列を施そうとすると、歯茎の一番高い部分より外れて、歯を並べなければならなくなります。

そうなると、真ん中に応力が集中してしまうため、入れ歯が正中で真っ二つに割れてしまいます。。。

これを防止するためには、人工臼歯の咬み合わせを変えて交叉咬合配列にするなどの工夫が必要になります。

でも、この金属床で、特にチタンを使用したものであれば、入れ歯そのものも軽いですし、貧弱な顎堤にも対応できます。

そして、強度もかなり強く、入れ歯が正中で割れるようなことはないと思います。

もし、そのように入れ歯がしょっちゅう壊れてしまうため、困っているという方は一度検討していただけたらいいと思います。

この金属床の入れ歯は、保険外のもので自由診療となります。

確かに高額ではありますが、保険診療では材質的にできないものを使用できるメリットは上記に示すように大きいです。

入れ歯は毎日の生活の中で、歯の代わりとして日常の咬合に関わっているわけです。

咀嚼や嚥下にも深く関わるので、そのために、良い素材で製作し長く使用することは大切なことかと思います。

生活の質を向上させるためにも、お勧めですよ。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


抜歯後の歯茎の吸収は避けられないので、入れ歯の定期健診も必要です。

CIMG1251.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。
歯を何らかの疾患やけがで失った場合、もともと歯があったところは歯根ごとなくなるので、舌で触知できるほどの大穴があきますね。

でも、その後は、かさぶたができ徐々に穴はふさがり、フラットな歯肉形態になります。

大臼歯と言われる大きな歯でも、おおよそ二か月ぐらい経てば、完全にそうなるのではないでしょうか(欠損した歯の大きさや、歯周病の進行具合で大きく違いますが。。。)。

しかしながら、その後も、少しずつですが歯槽骨は吸収され、それに合わせて歯茎も痩せていきます。

従って、欠損部に乗っかっている入れ歯もその歯茎が痩せてしまったがために、徐々に合わなくなる可能性が高いのですね。

そうなると、作り替えを余儀なくされることが往々にしてあります。

この歯茎の吸収は、生理的なものですから止めようがありませんからね。

 でも、新製義歯をセットして3か月ごとにでも定期健診に来ていただき、調整や指導をさせていただくと、入れ歯の寿命を長くさせることができますよ。

そのような方の場合は、それほど大きく入れ歯を削ったりしなくても大丈夫なことが多いですから。

是非、入れ歯の方も定期健診をしてもらいに、かかりつけの歯科医院に行っていただくことをお勧めします。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


まずは予防が大切です。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

若い世代で歯を失い、入れ歯になる人も少なくはないです。

でも、その中の多くの人は、部分入れ歯だと思います。

歯を抜かなければならなくなった、もしくは抜かなければならなくなった理由は何でしょうかね?

虫歯ですか?事故などの外傷による歯根破折ですか?

恐らく、重度の虫歯か、重度の歯周病だと思います。

そうなる前に痛みはなかったでしょうかね?

仕事や学校に時間を取られてしまい、なかなか歯科医院に行けないという人もいますよね。

また、新型コロナウイルスの感染拡大が怖くて行けなかったという人も少なくないかもしれませんね。

でも、永久歯であるなら、歯を失ったらもう二度と歯は生えてこないのです。

新型コロナウイルスも、口腔内を不潔にしていたら感染しやすい状況になると言われていますよ。

どういった理由であれ、痛みが出るまで歯科医院に行かないとか、歯を失うほどまでに歯科医院に行かないというのは良いことはないです。

歯を失った以上、ブリッジができればまだ良いですが適応外となるのならば、部分入れ歯が適応されると思います。

何とか頑張って、部分入れ歯に慣れて機能するものになったとしても、残った歯をしっかり守ってあげないと、その歯さえダメになり抜歯から入れ歯の再製作という悪循環をたどる人は少なくないです。

そして、一本も歯が無くなってしまったら、総入れ歯ですよ。

総入れ歯は本当に難しく、それこそ、なかなか思うようにはいかないものですよ。

できるだけ今の自分の口腔内の状況を知り、先ずは予防に励むことが本当に大切です。

一緒に頑張りましょう。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 


総入れ歯の完成には回数も時間も必要です。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

最近は上下顎全ての歯を失って、総入れ歯になる人というのは確かに少なくなってきましたね。

その傾向は、良いことですよね。

でも、全くいないというわけではありませんね。

返って平均寿命が長くなったのに併せて、顎堤の吸収が大きい患者さんや顎の不随意運動を伴うような超困難症例の患者さんは増えたと思います。

実際に総入れ歯が合わなくて悩んでいる方というのは、かなりの数で存在いたします。

一言で合わないと言っても、いろいろな悩みがありますね。

例えば入れ歯が口を大きく開けると落ちるや、噛むと痛い、入れ歯と歯茎の間に物が挟まるようになってきた、発音しにくいなどですね。。。

調整や修理でことが足りれば、もちろん作り替えなくてもいいと思いますが、大きく修正が必要ということであれば作り替えも検討しなければなりません。。。

ただ作り替えると言っても、総入れ歯を新製するのに来院回数は5~6回はかかります。

週一回のペースで来てもらっても、一月半はかかるわけですね(技工操作とかもあるわけですからね。)。

そして、不都合な状態のままでいるわけにもいかないと思いますので、粘膜調整剤や即時重合レジンなどを用いて修理や調整をいたしますね(どうしてもできる範囲でという形になりますが。。。)。

総入れ歯で肝となるステップは型取りと咬み合わせ取りだとは思います。

型取りの場合はどのステップでもできるので、ある意味、楽観していますが、咬み合わせ取りはちょっと大変です。

中には、どこで噛んでいいのかわからないほど、不安定な人もいますからね。

その辺りは、非常に気を付けて行っています。

そして、仮合わせの際に咬み合わせのずれがないかも必ずチェックしていますよ。

総入れ歯は、ある意味、術者が他人に与える咬み合わせです。

天然歯同士のかみ合わせとは違くなる可能性が高いものです。

それが良いのか悪いのかは、別として患者さんに良いものと思ってもらえるように頑張っていきたいと思います。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 


入れ歯の難症例は確かにありますね。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院には、入れ歯の製作を希望して来られる方は少なくないです。

元々入れ歯診療には情熱を傾けて行っていますからね。

本当に嬉しい限りです。

しかしながら、入れ歯はなかなか自分の思うようにならないというのは、正直ありがちです。

僕が従事していた大学病院の教授でさえ、「入れ歯は調整して合わせていくものだ。」と言っていたのを思い出します。

やはり、そういうものなのだなとは思います。

なぜなら、入れ歯はいい方を変えれば「義歯」ですからね。

義手や義足と同じ扱いのはずなのですよ。

義手や義足が自分の体の一部として機能するようになるには相当な期間のリハビリテーションが必要にはなりますものね。

入れ歯で、何年も合わないというのはないと思いますから、そういう意味では整形外科の先生はビックリされていましたよ。

「入れ歯は凄いな~、義手や義足なら機能させるのに何年もかかるのに。。。」と。

しかしながら、簡単にはいかない症例というのも確かにあります。顎堤が貧弱だったり、すれ違い咬合だったり。。。反対咬合だったり。。。

入れ歯の難症例は確かに多く存在します。

でも、今までの経験を生かして患者さんに寄り添った診療を心掛けていきたいと思います。

 

院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


保険診療内の入れ歯でも極力、金属のバネが見えにくいように努力します。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

先日、下顎臼歯部の多くを欠損し、入れ歯を新製したいという人が来ました。

その方は、重度の歯周病で歯を失ったようです。

入れ歯を新製する際に、本人がかなり気にしていたのは下顎前歯に金属のバネが掛かり、それが見えてしまう事を気にされていました。

上顎は総入れ歯で下顎は部分入れ歯の製作となりますが、下顎の前歯に金属のバネ(クラスプ)が見えてしまう可能性が大きいのですね。

保険内診療で製作する部分入れ歯にはこのクラスプで、入れ歯の維持を図るのでないわけにはいかないのです。。。

この場合は、代案としては自由診療で製作するノンクラスプ入れ歯がお勧めではあるのですが、自由診療で作るノンクラスプ入れ歯は自由診療になるため高額になるので、経済的にできないと仰っていました。

考えた挙句、極力は見えにくいようにクラスプの位置を変えて設定することに成功しました。

でも、大きく笑うと全く見えないわけではないですが、患者さんとしては「このぐらいだったら大丈夫。」と仰っていただけましたよ。

前歯に掛けるクラスプも見えにくい位置に設定するということは、ある程度はできる可能性があります。

全ての人にという訳ではないですが。。。

もし、気になる方はご相談ください。

保険診療内でも、できる可能性があることはやってみたいと思います。

 

院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


即時入れ歯という方法で歯の無い時期を無くすこともできます。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

初めて入れ歯を入れる人で、入れ歯になって良かったと思う人は恐らくいないと思います。

どんなにいい入れ歯でも、健康な状態の歯とは全然違いますからね。

やはり、神様が与えてくれた歯や咬合が一番です。

だからこそ、健康状態を維持するためにも定期健診は欠かさずに行いましょうね。

でも、もし、不幸にも重度歯周炎のために歯がプラプラした状態で残存していた場合、咬合や咀嚼が困難になり食物が上手く食べれないようになった場合は、いっそ保存不可能な歯を抜歯して、入れ歯にした方が良く咬めるようになることもあります。(そのような状態にならないように、健康な状態をホームケアと定期健診で維持するのが望ましいのですが。。。)

 ちょっと前の事ですが、多数歯に渡る重度歯周炎のため、多くの歯を抜歯しなければならないような患者さんが来られました。

その方は、50代の女性で人前で話をする仕事をしているため、「歯を抜かなければならないのは、覚悟しています。でも、ないままの状態がしばらく続くのは嫌です。それと、歯がなくなると空気が漏れて発音しにくいでしょ。」と言われました。

僕は「本来は入れ歯は抜歯して、その後、しばらく傷の治りを待ってから新製することが一般的な作り方です。

でも、即時入れ歯と言って抜歯後、すぐにセットする方法もあります。

でも、これは、あくまで傷の治りを予測して作るので、あまり良い入れ歯にはなりえません。当院ではこれはあくまで仮入れ歯としてとらえていますが、それでもいいですか?恐らく、傷が治ってきたころは、作り替えか入れ歯の内側を裏打ちするという処置が必要になるかと思います。」と言ったところ、それでもいいという返事をいただきました。

 そのため、プラプラの歯に気をつけて型と咬み合わせを取り、模型製作を行いました。

人工歯は今ある歯の大きさと色を確認して、入れ歯製作に入り、入れ歯を完成した状態にして、2回目の来院時に抜歯をして入れ歯のセット、調整を行いました。

抜歯数は上下顎の歯を14本、その後に入れ歯の調整に一時間ほどかけて調整をしました。

多数歯に渡る抜歯後の即時入れ歯の調整は、かなり難しく咬合関係にも不安がありますが、良い状態でセットできたかと思います。

 それから1月ほど経って、現在はほとんど問題なくご飯も食べられ、口元の審美性や咀嚼能力も回復しているようです。

でも、発音はかなりしにくく、自分では思ったように話せていないと仰っていました。

まだまだ、これから抜いた歯の部位の歯茎の状態は変化してきます。

最終的には、本入れ歯を新製しなければならないかと思いますが、それまではこの即時入れ歯という仮入れ歯を使いこなしていただき、リハビリをしていただきたく思っています。

この段階を乗り越えられれば、本入れ歯になった時は見違えるほど良いものになっていくと思いますよ。

 

院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


12345...102030...