入れ歯 新潟市

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

初診の方は、年内中に入れ歯の完成は難しいです。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 当院の入れ歯製作は、即時入れ歯以外に関しては時間がかかります(即時入れ歯はおおむね2回ほどですが、仮り入れ歯のようなものです。)。

この年末になると、年内中に作ってほしいと駆け込みで来られる方が多くいます。

そのような方には、以下の理由のためそれは無理ですと、お断りすることがあります。

総入れ歯の場合、週に一回のペースで来られたとしても、5~6回は製作過程の中で必要となるため1月半はかかります。

入れ歯は型を取って、はい出来上がりということはないです。

というのは、型は概形印象と精密印象が必要ですし、総入れ歯のような自分の歯で咬みあう歯がない場合、入れ歯の噛み合わせの高さや、前後左右的にどこで咬んでいいのか決めるのが大変です。

また、仮合わせをして入れ歯に対してのイメージも持たせなくてはなりませんからね。。。

そうなるとやはり5,6回はかかると思うのです(他院でも、恐らく同じかと思いますが。。。)。

例えば、東京には一日で入れ歯を完成させてしまうような医院もあります。

そこは、よほど設備や人員が揃っているのでしょう。

もちろん保険診療では、そこまで労力はかけられないでしょうから自由診療になると思いますしね。。。

当院では、そこまでの設備や人員は揃えられませんが、頑張って入れ歯製作を行っています。

そのため、出来るだけ早く作ってほしいというお考えの方には、当院は不向きな医院かもしれません。

でも、その代わり丁寧な診療を心がけていきますよ。

その辺りは上記のような理由があるため、ご理解をいただきたく思います。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


歯の欠損後の処置は。。。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 入れ歯の製作は大好きな処置ですが、そんなにお薦めはしたくないです。

できれば、自分の歯で一生過ごせたら一番いいですからね。

自分の健康な歯に勝る物はないわけですから。。。

しかしながら若い世代の方でも、重度の歯周病や虫歯のために歯を多く抜かなければならない人はいます。

そのような人たちは、恐らく自分でも、もうこの歯は持たないことを自覚している人がほとんどです。

その場合、考えられる処置は抜歯して入れ歯かブリッジですね。。。

でも、ブリッジは欠損様式によっては適応でないこともあります。

そして、中にはインプラントで対応したいと思われる方もいますが、重度歯周病や重度虫歯を作ってしまった原因は何かというと、日常のケアが不行き届きだったからと言わざるおえないと思います。

つまりインプラント周囲炎になるかもしれないという、大きなリスクを抱えているのですね。。。

そのような方に、インプラントで対応するということは患者さんにはよほどの覚悟をもって、やらなければならないものです(当院ではインプラント治療は行っていませんが。)。。。

それこそ、日常の歯ブラシでは根こそぎプラークを取り除くという覚悟が必要だということです。

そうでなければ、インプラントをやったのはいいけど、近い将来にまた撤去ということが本当に多いですからね。。。。

そうなってから、入れ歯を製作して装着するのは条件が悪くなるため、困難極まりないでしょうから。

歯科インプラントは決して悪いものではなく、天然歯のように噛めるメリットはあります。

でも、それを維持するのは簡単ではないということを認識してから望むようにしてくださいね。

そして、少しでもそれに対して不安を抱えるならば、良い入れ歯を作って対応したほうが身体にも精神的にもいいかもしれませんよ。

入れ歯でもブリッジでも、インプラントでも口腔内の衛生を維持し保つことは重要ですが、リスクと鑑みて対応するようにしてくださいね。

それこそ、後々、後悔のないようにしてください。

その辺りについては、かかりつけの歯科医院でご相談することをお勧めいたします。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


当院は訪問診療も頑張っています。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歯が痛い、歯茎が腫れるので診てほしいとか、入れ歯を入れてほしいけど歯科医院の外来に通うことができない要介護の患者さんは少なくないです。

当院ではそのような方達にも、歯科治療を提供できるようにと思い、開院当初から訪問診療にも力を入れてきました。

この訪問診療は、主に火曜日の午後に介護施設や居宅に行くことが多いです(日程が合えば他の曜日にも行きますが。。。)。

これまで当院は、訪問診療で行えることは診療室で行うこととほぼ変わりなくできるように設備をそろえてきました。

歯を削るためのエンジンもありますし、その際に出る水を吸うためのバキュームもあります。レントゲン撮影もできますし、もちろん歯石を取るための機材もありますよ。

このように、診療室で行うことに比べて、それ程遜色ないようにしてきたつもりです。

訪問診療というと一般的には、どうしても高齢者の方が対象になることが多いため、抜歯して入れ歯製作という処置が一番多いのは確かですが、最近は、要介護者の方でも介護の方の献身的な介護により歯を一生懸命、磨いていただきその補助や衛生指導を行うことも多くなってきた気がいたします。

できるだけ健康な歯を残し、入れ歯が必要ならば製作させていただき、オーラルフレイルの観点からも介護度がそれ以上悪くならないようにお手伝いさせていただけたら幸いです。

訪問診療の詳しい案内
当院での精密入れ歯治療の案内は

 


POICウオーターをホームケアに使用していただけると良い効果があります。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院では、デンタルチェアに座ったら、まずはPOICウオーター(POIC研究会発行)でうがいをしてもらっています。

以前は初診時のみ、うがいをしていただきましたが、今は治療やメンテナンスに入る前に全ての患者さんにしてもらっています。

POICウオーターは、タンパク分解型除菌水と言われています。

原料は超純水と超純粋塩を専用の機械で電解質分解して作られる次亜塩素酸イオン水です。

pHは9.0付近でアルカリ性ですが、口腔内に15~20秒ほど含むと、口腔内のアミノ基と結びつくため、酸性化します。

酸性化することにより次亜塩素酸イオン水から次亜塩素酸水に変化します(ちょっと言い方が似ていて、ややこしいですね。。。)。

この次亜塩素酸イオン水でpHアルカリ性の時に、細菌が自分を守るために張るバリア(バイオフィルム)を崩し、酸性化(次亜塩素酸水)することで除菌水になっていきます。

除菌水になった時のpHは6.0ほどなので酸性です。

つまり、口に含んですぐの時はアルカリ性でバイオフィルムを崩し、酸化することでバイオフィルムの中にある細菌をやっつけるという仕組みですね。

非常に理にかなった除菌水なのですね。。。

この作用を利用して、ブラッシングをすることによってものすごく歯磨き効果も上がりますし、歯周病で歯周ポケットが深い人や、歯並びの問題でブラシが届きにくくて虫歯ができやすい人には液体なので隅々まで行き渡り、すごく効果があります。

また、口臭でお悩みの方には、すごく効果があります。

僕はこの効果に魅せられて、POIC研究会認定のホームケアアドバイザーの資格を取得しました。

実はこのPOICウオーター以外にも世間には、次亜塩素酸水と言われるモノはあります。

でも、それは薬品を混ぜて作られたモノでアレルギーや副作用の懸念がありますし、考えられてのpHや濃度は調整されていないのが現実です。

このPOICウオーターは基本的に純粋な水と塩だけが原料なので、アレルギーに心配はないです。

確かに、口に含んだときの味はものすごく悪く、「プールの臭いがする。」と患者さんから、よく言われます。

でも、それはPOICウオーターが汚れを分解して出る臭いで、「クロラミン臭」というモノなんです。

継続使用することにより、口腔内がきれいになると全くそのようなことは無くなりますよ。

僕は毎日、昼と夜にこのPOICウオーターを使用しています。

朝、起きたときの口の中のネバネバ感がかなり薄れますし、これをしないと気持ち悪い感じがします。

このPOICウオーターで歯を磨いた後は、舌で歯の表面を触ると歯がつるつるしていて気持ちいいです。

是非、皆さんにもこのPOICウオーターを知っていただけたらなと思います。

※ご興味のある方は、当院スタッフにお尋ねください。ご説明をさせていただき、同意が得られたら有料となりますがお渡しすることは可能です。

 


入れ歯でお悩みなら、ご相談ください。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 入れ歯を作って、歯の代替えを図り、実際にどれだけ噛めるようになるのかと言われると、健康な歯だった時に比べてどんなに良い義歯が装着されたとしても、その40%ぐらいしか回復されないそうです。。。

そのように思うと、自分の歯は本当に大切なのですね。。。

でも、残念ながら重度の歯周病や重度の虫歯で歯根の先に大きな膿の袋を抱えているような場合は、正直、歯を抜くしかないでしょうね。。。

その後は、やはり入れ歯かインプラントか(少数歯の欠損であれば、ブリッジで対応できることもあります。)

当院では、インプラントは行っていませんので、インプラントを希望される場合は、大学病に紹介いたします。

入れ歯で対応したいと思われる方には、こちらでしっかりやらせていただきたくは思います(顎骨ごとの一部欠損などの症例によっては、大学病院に紹介することもありますが。。。)。

この入れ歯製作も、各個人で欠損部分の歯茎の状態や顎の動き方や口腔周囲の筋圧、舌圧、唾液の量や質などが違うため難しい症例というものは確かにあります。

型取り一つとっても、なかなか一筋縄でいかないような方も多いですからね。

でも、良いものができるように自分の持てる力を最大限に発揮していくように心がけています。

できるだけ、患者さんの生活の質が上がるように貢献したく思います。

入れ歯でお悩みの方は、是非、ご相談くださいね。。。

 


入れ歯の良し悪しを左右するのは。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

総入れ歯の型取りは基本的に2回以上必要です(部分入れ歯も当院では2回以上の型取りをしています。)。

この作業は保険診療でも自由診療でも変わりがありません。

1回目は概形印象として、これで模型を起こし、その模型を研究用模型として、患者さんの口腔内の情報を得ます。

ここは、粘膜がブヨブヨだから、緩衝腔(リリーフ)を設けた方がいいなとか骨隆起があるから、痛みが出ないようにブロックアウトした方がいいなとか、仮想の咬合平面は恐らくこのぐらいになるだろうなとか、人工歯の排列位置はこのくらいになるなとかのおおよその見当がつきます。

この研究用模型が、良いものでなければ、その後の精密印象を採得するための個人トレー(患者さんの口腔内に合ったトレー)の製作も良いものにはならないため、良い作業模型は作れませんね。

そのため、当院ではこの概形印象の採得はかなり慎重にやっていると思います。

この概形印象は既成のトレーを使って型を取るので、それなりのテクニックが必要です。

口の中の様相は患者さん一人一人、違いますからね。

必要なところまで取れていないと良い印象にはなりませんから。

従って、場合によってはその既成トレーを削ったり、曲げたり、辺縁にワックスを盛り足すこともありますからね。。。

患者さんの中には、頬の筋の圧力や舌圧が強かったり、入れ歯が乗る歯茎が極端に痩せてしまったために、なかなか良い印象が取れない人がいます。

でも、ここは非常に大切なところなので、上手くいかないときは患者さんに謝って、もう一度取らせてもらう事があるかもしれません。

この概形印象が総入れ歯の成否を決める第一歩になるので、当院では一番大切にしている作業ですよ。

この概形印象が上手く取れれば、その後の個人トレー製作や、いわゆる2回目の型取りの精密印象採得が、かなりスムーズに行きますからね。

当院の入れ歯作りでは、「勝負は概形印象にあり。」を心がけています。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


入れ歯に慣れるまでは、ちょっと大変ですね。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯は馴染むまでに時間がかかります。

新しい入れ歯を入れて、暫くは違和感があるという人は少なくはないです。

特に起きやすいのが、頬を噛むとか、舌を噛むということと、発音がしにくいということですかね。。。

人の神経筋機構が調和するまでは、時間がかかるようですよ。

適正な人工歯の排列、歯肉形成、咬合高径が付与された入れ歯ならば、そのうち問題なくなるかと思います。

経験的に言わせてもらうと2週間ぐらいでしょうかね。

それ以上経っても慣れないようならば、他の問題も視野に検討するようにはしています。

この2週間という期間は患者さんにとってなかなか苦痛を伴うことが多いようです。

そのため、当院ではセットした後、1週間後に調整に来ていただくようにしていますよ。

入れ歯が自分の器官として、機能できるように僕は全力を尽くして調整と生活指導をします。

気を付けることとして、紙にもそれを記してお渡ししています。

是非、それを見て実践していただけたらと思います。

諦めずに入れ歯を使用することで、慣れていくという現実もあるので一緒に頑張りましょうね。


残根上入れ歯を作ることも、場合によってはあります。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

先日、入れ歯を製作希望で来られた新患の方がいました。

欠損している部位が多いとのことでしたが、入れ歯を装着したことはないとのことでした。

口腔内を見させていただくと、重度虫歯による残根(歯根だけが残っている)状態の歯が数本あり、上下顎ともに健康な歯は前歯しかない状態でした。

臼歯の残根は6本ほど。。。

そして、できれば年内中に、入れ歯を入れてお正月を迎えたいとの希望を言われました。

しかしながら、がんの既往もあり全身状態も良くはなく糖尿病も良い状態ではなかったです。

抜歯もなかなか困難が予想されました。。。

そのため、抜歯と同時に入れ歯をセットするような即時義歯も向いていないと思いますし、この残根を残して製作していく残根上義歯が良いかと思いました。

患者さんには、「この残根は痛みはないようですね。レントゲン上では数本、根っこの先に膿の袋を抱えている歯もあるようですが。。。ゆくゆくはこの残根は抜歯しなければならないとはおもいますが、この残根に入れ歯が乗るようにして作らせてもらい、それからお医者さんに連絡を取りながら抜歯していきましょうか。ただ、いずれはこの入れ歯は抜歯を行うことにより歯茎の変化に対応していくことはなかなか難しいでしょうから、ゆくゆくはもう一度、入れ歯を新製していくようにしましょうね。」と言いました。

患者さんは、取りあえず抜歯をせずに、入れ歯を作ってもらえるということにほっとした表情でした。

あまり、この残根を残して入れ歯を製作することはしませんが、全身状態により抜歯が難しくリスクがあるような方には、このように対応することもあります。

もし、自分の口腔内にそのような歯があるようでしたら、早めにご相談ください。

場合によっては対応が可能かもしれませんよ。

(写真と上記の内容は関連がございません。)


歯の欠損の放置が顎に問題を起こしているのかもしれませんよ。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

新しく作った入れ歯は、なかなか思うように使えないという人は少なくはないですね。

中には、以前の健康なときの状態に比べて、咬めないとか、発音しにくいとか、違和感があるという声を聞くことがあります。

また、入れ歯を入れて食べると味がしないと言われる方もいますね。

大変言いにくいことではありますが、元の健康な歯があってなんでも食べれるような状態の歯にすることは困難です。

もし、それが可能ならば、小さい虫歯でも歯を抜いて入れ歯にした方がいいということになりますものね。

そんな、夢のようなことは現在の歯科医療では不可能と言われてます。

僕達が、新しい入れ歯を作る意味も、比較対照は健康の歯ではないですからね。

それと比較されたら、絶対に良いものにはなり得ませんから。。。

ただ、親知らず以外の歯で欠損の状態をそのままにしていて良いことはありませんから。。。

1本でも歯の欠損があると、噛み合わせのバランスを崩し、欠損したその部位に向かって周囲の歯は傾いたり、あるいは相方の歯は延びてきます(これを挺出といいます。)。

また、そのせいで咬合に不調和をきたし、顎関節に支障が起こり顎関節症様の症状が出る人もいますから。

以前も、歯の欠損を何本か抱えた上で、顎関節症を発症した人を診ました。

本人もその欠損部のことを知っていながら、放置していたことを悔やんでいました。

顎関節症は、咬合の因子だけではないとよく言われますが、咬合の不調和が全くないということも少ないです。

このように、欠損部を放っておいて顎関節症様の状態になるケースはたくさん見てきましたからね。

できるだけ、そのようなことがないように、もし、歯の欠損があって、顎に変な音がするというような、心当たりがある人は早めにかかりつけの歯科医院で診てもらった方がいいと思いますよ。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


訪問診療にも行きますよ。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院に来られる患者さんは、入れ歯の新製をされたいという方が多いです。

僕は、元々大学病院の入れ歯の講座に籍を置き、入れ歯を専門にやってきた経緯もありますので、そういって、来てもらえるのは本当に嬉しい限りです。

でも、介護を要する方で、入れ歯を作りたくても歯科医院に通えないため、躊躇している方が少なくないようですね。

当院では、そのような方たちのために、訪問診療も行っています。

もし、ご家族やお知り合いに要介護者がいて、入れ歯や虫歯、歯のクリーニングをしてほしいという希望があるのならば、当院に相談されてくれたら嬉しいです。

当院から、徒歩や自動車に乗って、要介護者の自宅や介護保険施設などに出向くことは可能ですから。

当院は、この訪問診療にも力を入れているため、設備の充実も図ってきました。

ポータブルのレントゲン装置、口腔内吸引器、ポータブル超音波スケーラーなども完備しています。

できるだけ外来診療の設備に近づけることによって、訪問診療でもそれほど遜色なく診療ができるようになってきたと思います(全てがそうなったとは、言えませんが。。。)。

もし、入れ歯製作のみならず、虫歯の治療や歯茎の治療、または歯のお掃除だけということでも大丈夫ですので何かご相談したいことがあったら、一度お口の中を拝見させていただけたら幸いです。

最近では、80歳を超えて要介護の方でも介護者がしっかり口腔内を良い衛生状態に保ってくれて、歯が20本以上残っている人が珍しくもなくなってきました。

そのためか、3ヶ月に1回ほど、歯石取りとクリーニングに行くことも多くなりました。

そしてその都度、ブラッシングの仕方について指導とコメントをするという感じです。

このようなやりとりが一番、患者さんにとっては良いですし、僕らも安心して安全に処置に入れます。

これからは、訪問診療も歯を抜いて入れ歯を装着するだけの診療ではなくなりましたね。

オーラルフレイルの考えからも、歯を保存して本来の口腔機能を維持させることが大切ですものね。

そのお手伝いを、当院にさせていただけたら本当に嬉しい限りです。

もし、虫歯、歯周病、入れ歯、歯のクリーニング、歯石取りのご希望があるようでしたら、ご連絡いただけたら幸いです。

予約制となりますが、お家、介護施設に出向いていきますね。

訪問診療の詳しい案内
当院での精密入れ歯治療の案内は


12345...102030...