金属床入れ歯という入れ歯もあります。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

金属床入れ歯という入れ歯もあります。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

自由診療で製作される総入れ歯は金属床というものになると思います。

金属床入れ歯と一言で言っても、その金属床に使う金属の種類は何種類かあります。

当院で使用が可能なものはコバルトクロムとチタン、ゴールドです。

この金属の違いとしてよく言われるのは、コバルトクロムは重い金属です。

同じ面積で使用されるにしてもチタンと比べると重く感じますね。

しかも、チタンは金属アレルギーがあったとしても使用が可能だと思われます。(チタンに金属アレルギーがないという訳ではないですが、少ないです。)

ゴールドも比較的アレルギーが少ないものですが、重さはかなり重いです。

そのようなことを考えると、チタンを使用した金属床入れ歯がお勧めになりますかね。

でも、技工サイドとしては技工士さんには、あまりチタンを使用したものは喜ばれませんね。

設備を持っていない技工所も多くあり、操作が難しいのが欠点なのかもしれませんね。

でも、技工操作に慣れた技工士さんが作るチタン床義歯は精度も良く、問題ないものですね。

 

金属床はどの金属を使用したとしても、保険診療内で作られるレジン床(ピンクのプラスチックのみで作られるもの)のものよりも、熱の伝導感覚は優れていますし、上顎の場合は口蓋部、下顎の場合は舌側部分を金属にすることによって薄くできます。(この部位のみに金属を使用するので、他人に見えることはないです。)

熱の伝導感覚が優れていることによってアイスクリームやお鍋などの冷たさや温かさを感じて食べるものは美味しく感じることができるでしょうし、口蓋部、舌側部分が薄くなることによって舌の動きが良くなるために発音も良くなることを経験しています。

さらに、丈夫ですから、簡単に壊れることはないです。

デメリットとしては、自由診療なので金額が高いということでしょうか。。。

でも、快適な入れ歯を使うことによって生活の質が上がることを考えてみると、本当はもっとお勧めしたいとは思います。

もし、気になる方はご相談ください。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

 

関連する記事