部分入れ歯の場合、入れ歯以外の問題もありえます。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

部分入れ歯の場合、入れ歯以外の問題もありえます。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

先日、入れ歯が口の中で横揺れするので、入れ歯を作ってほしいという依頼で当院に来られた人がいました。

その方は、割と大きな部分入れ歯ですが金属のバネが掛かるブリッジが動揺しており、そのブリッジを何とかしないとどうにもならないことを伝えました。

他院で自由診療のブリッジを入れていたようですが、その方は「高額なブリッジを入れたので、そのブリッジを取らずに何とかしてほしい」という希望でしたが、それは正直無理だとお伝えしました。。。

本来、ブリッジは固定性の被せ物で、それを入れ歯の固定源としているため、それを無視して入れ歯を製作してもどうしてもできた入れ歯は、動揺を止めることができないのですね。

つまりはブリッジを外して、ブリッジの再製作をして入れ歯を作るか、ブリッジ除去後の根っこを残して入れ歯を再製作するか、もしくは、ブリッジの被っている歯を抜いて入れ歯を再製作するかだと思われました。

少なくとも今のブリッジを削らずに外して再装着というのは考えられない状態でした。

その旨を全てお話させていただき、どうされるか考えてもらうことにしました。

その患者さんは、ブリッジを入れてもらった歯科医院に相談してみるとのことでした。

僕もそれが良いのではないかと伝えました。

部分入れ歯の場合、完全な粘膜負担でなくクラスプという金属のバネでも維持の負担を行います。

そう言う設計が本来のものなのですね。

ですから、残存歯の状態が良くないのに入れ歯を作ってもその悩みから解決できないのであれば、やるだけ無駄というものもあるのですね。

その旨は、よく説明しますので、入れ歯でお悩みならば聞きに来ていただけたらと思いますよ。

その際にはお口の中をよく見させていただきレントゲンなりを取らせていただけたらと思います。

関連する記事