作った入れ歯を使用していますかね?

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

作った入れ歯を使用していますかね?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯が痛くて、使用できないという人はいませんかね?

入れ歯は使用しないことによって、さらに合わなくなる可能性が高いです。

もし痛みがあって、入れているだけでも苦痛ならば、それこそ早めに歯科医院で診てもらうことは大切なことです。

よくあるのですが、少数歯欠損の場合、入れ歯が無くても取りあえず何とか食べれるから使用しないという人がいますが、これは良いことがないです。

歯は欠損していると、欠損している部位の方向へ残存歯が傾いてくることが往々にしてあります。

また対合の歯も移動してきます。

そうなると入れ歯を入れようとしても入らなくなるのですね。

また、他の残存歯に過重な圧力がかかってしまい、それと歯周病などがあると、その歯周病が手伝ってグラグラしてくることも多いです。

そうなってから、入れ歯を直そうとしても困難でどうにもならないで作り替えをすることも多いですからね。

もし、少しの間入れ歯を作ったけどもいれていないという方は、入れてみましょう。

そして、きちんと入るか、痛くはないか、ご飯が美味しく食べれるかを確認してみてください。

もし、合わないならばなるべく早く歯科医院に行って調整をしてもらいましょう。

また、入らないなら早めに作り替えを覚悟のうえ、歯科医師の指示に従うことをお勧めいたしますよ。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

関連する記事