総入れ歯の型取りは製作段階中で、何回もやることがあります。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

総入れ歯の型取りは製作段階中で、何回もやることがあります。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

総入れ歯の特徴として、歯が一本もないためフルデンチャーということもあります。

歯が本来あるべきところに、全く歯がないので入れ歯の支持・維持は全て粘膜負担となります。

従って、入れ歯の適合が悪ければ簡単に落ちる、外れるということがいえます。

総入れ歯の吸着は粘膜に乗っかっている部分の適合のみならず、咬合も大きな関係があります。

咬合関係は総入れ歯用の咬み合わせの構築が必要です。

かなり難しい調整が必要になるので、なかなか大変ではありますが、歯の並びや色は、ある意味自由自在にいかようにもできます。

そのため、入れ歯の仮合わせの時にはしっかりと見ていただくようにしていますよ。

その際に総入れ歯の仮床を用いて型を取ることもあります。

総入れ歯は咬み合わせ決めや、仮合わせの時、また、完成時にも取ることができます。

段階ごとに取っていけば、それこそ精度が上がります。

このような特徴は、総入れ歯ならではだと思います。

部分入れ歯だと、ちょっと工程が複雑になるので、これは総入れ歯だからこそできるものだと思います。

もし、総入れ歯でお困りならば、ご相談ください。

くっつきのいい入れ歯を作るように努力しますね。

 

関連する記事