ノンクラスプ入れ歯が向かない人もいます。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

ノンクラスプ入れ歯が向かない人もいます。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯を新しく製作したい主訴で、当院にかかられた人が先日来ました。

今も欠損歯が多く、下顎の前歯のみ残存している状態です。

その方は、入れ歯をお持ちでしたが使用したくないとのことでした。

理由としては、前歯にクラスプという金属のバネが掛かるため目立ってしまうのが嫌だということでした。

しかしながら、保険診療で作られる部分入れ歯に関しては、どうしてもこのクラスプが必要です。

これがないと、保険診療で製作することはできませんし、入れ歯の維持安定のためにも必要です。

でも、残存している歯が前歯のみしかないのであれば、保険診療ではやむを得ないということになってしまいます。

代案としては、自由診療になりますが金属のバネを使わないノンクラスプデンチャーが良いとは思いますが、これも問題がないわけではないです。

というのも残存している歯の状態が中等度以上の歯周病であるならば動揺も大きいでしょうし、その歯にノンクラスプ入れ歯のアーム部分の樹脂に覆われるようならば、残存歯に相当な負担がかかりますのでノンクラスプデンチャーが、向いていないということもあり得るのですね。

もし、歯周病で歯が揺れているようならば、お勧めすることはできません。

その際は、ご希望に添えることはできないかもしれませんが、保険内でクラスプを使用した入れ歯が妥当かと思いますよ。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

☆8月予定の移転開院時のタイミングで、一緒に働いてくれる新しいスタッフも正社員として若干名募集いたしております(もし、ご興味のある方は、当院HPの求人・採用情報https://www.ringo-dental.jp/recruit-dh/を見ていただき、お電話を頂けたらと思います)。

 

関連する記事