入れ歯治療は好きですが。。。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

入れ歯治療は好きですが。。。

CIMG0969.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 

入れ歯治療を得意として、日々の診療をしていると必然的に抜歯症例も多くなります。

 

どうしても重度虫歯や重度歯周病の歯の抜歯→傷の治癒→入れ歯製作という流れになりますから、ある意味仕方ないのですが。。。

 

それこそ、数年前は、(これから入れ歯製作ができる。)ということを考えると、喜んでいた部分も自分の中にあったかもしれませんね。

 

でも、今はあまり嬉しくないですね。

 

特に自分で作った部分入れ歯の方で、残存歯を抜かなければならなくなった時は悲しい気分もあります。

 

もっと、「ブラッシング指導を徹底的にしなければならなかったかな~。」とか、「もっと短い期間での健診を勧めれば良かったかな~。」などの後悔の気持ちが先に立ちます。

 

でも、多くのケースの場合は、1~3ヶ月に1回の定期健診に罹らなくなり、ある日、突然予約の電話がかかってきて、「歯がプラプラするから診てほしい。」と言う依頼で来られて、診てみるともう、保存不可能という人が圧倒的に多いです。

 

特に30~50代で若いうちに、歯を失って入れ歯を装着している人は、そのような傾向が強いと思います。

 

その世代はまさに、働き盛りという世代で、何より仕事が大切なのでしょうね。。。

 

1回か2回の健診には来てくれても、長続きする人は少ないです。

 

逆に、全部歯があってしっかり健診に来られている人では、歯を抜くことはほぼ無いですよ。

 

言うなれば、それこそ自分の口を守ろうと思う意識の差が全然違うのですね。

 

歯を失って、それを悔やんでも遅いです。

 

入れ歯で、自分の歯の代用をしようとしても、所詮は異物です。

 

元々、あった自分の健康な歯に勝てるわけはありません。

 

もちろん、良い入れ歯を提供できるように最大限の努力をしていますが、神様が与えてくれた自分の歯には、なれませんよ。。。

 

今、ブリッジや部分入れ歯が入っている人は、特にその点に注意して定期健診とブラッシング指導、歯石取りを受けて頂くことをお勧めいたします。

 

永久歯は抜いたら、二度と生えてきませんからね。。。

 

是非、大切に考えましょう。

 

関連する記事