歯周病で歯を失った場合は、残っている歯もかなり状況が悪いです。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

歯周病で歯を失った場合は、残っている歯もかなり状況が悪いです。

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 部分入れ歯を新しく作りたいという理由で、当院にかかられる人は多くいます。

40代くらいの若い方も少なくはありません。

歯を失った理由としては歯周病によるものが多くを占めます。

歯周病は程度の差はあれ、一口腔内の中で広がるものです。

失った歯だけが歯周病ということはなく、残存している歯にも歯周病が認められるものがほとんどです。

従って残存している歯も残すことが難しい事があります。

もちろん極力、歯を残すことを考えて入れ歯を作るようにいたしますが、保存が難しい事もありうることをご理解いただきたく思います。

また、部分入れ歯を何とかセットできたとしても、残存歯を歯周病から守りコントロールするために1~3ヵ月毎の定期健診とクリーニングは必須となることをご理解ください。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は

関連する記事