入れ歯が非適応の人。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

入れ歯が非適応の人。

            CIMG0549.JPG
 入れ歯はどのような欠損症例においても、対応できます。本来はできるとされています。しかしながら、明らかに非適応と思われる人も少ないですがいます。それは、あまりにも短気で装着したその日に、もう自分の歯のように馴染んでいないと不服と思う人です。今まで欠損のままでいて、急に大きな入れ歯が入るのですから、馴染むまでは時間が凄くかかります。義手や義足も、そうですよね。機能するようになるまでは、慣れるための練習や時間は必要なのです。それは本当に理解していただきたい。あくまで人工物なのですから。。。もちろん、それを言い訳にしたくはありませんが、神様が作った天然の歯に勝るようなことはどんな補綴物でも考えられないのです。(そのためにも、今ある歯を保存するための予防の概念が存在するわけです。)

関連する記事