入れ歯のバネがかかる歯は特に大事です。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

入れ歯のバネがかかる歯は特に大事です。

            1424910329967.jpg
 部分入れ歯は、残存している歯にバネをかけて入れ歯の維持安定を図ります。でも、その歯が歯周病により動揺があったり、また、部分入れ歯のバネをかけたため側方力がかかり揺さぶられるため、歯周病が悪化することがあります。できるだけそうならないように、僕ら歯科医師側も注意しますが、患者さんの協力も必要不可欠です。
 まず、残存歯のブラッシングは徹底的に行っていただきたいですし、特にバネがかかる歯はバネがかかっているがために不衛生になりやすいです。歯周病はあくまでプラーク内にいる細菌が原因ですので、このプラークを除去する操作が何より重要ですね。このプラークの除去は僕ら歯科医師や歯科衛生士が患者さんに付き添っていくわけには当然行きませんので、正しいブラッシング方法を歯科医院で習得していただき、食後に実践していただきたいと強く思います。