抜歯して、直ぐに入れ歯のセット。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

抜歯して、直ぐに入れ歯のセット。

       CIMG1370.JPG
       CIMG1381.JPG
 重度の歯周炎で、保存が困難で多数歯の抜歯をすることがあります。その場合は歯を抜いて、抜きっぱなしだと、審美性の問題や、咬合関係がないため咀嚼できないという不調和が出ます。本来は、抜歯後にその傷が安定してから入れ歯の製作に入るのが一番いいのですが、お使いになっている入れ歯がないケースもよくあります。
 そのような場合は、即時義歯というものを抜歯前に型と咬み合わせを取り、模型上で抜歯予定の歯を削って入れ歯を先に作ってしまい、抜歯後にすぐセットするという方法があります。
 しかしながら、これだとあくまで傷の治り具合というのは、想像だけで製作しているため、粘膜面には不安が残りますし、咬合関係も抜歯時の麻酔も効いているためなかなか安定しにくいです。なんとか、安定を得ようとその義歯をいろいろと修正しますが、口で言うほどこの処置は簡単ではありません。
 当院では、抜歯して即時義歯セット後にはもう一度、入れ歯の製作をお勧めしております。