入れ歯製作のための咬合器

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

入れ歯製作のための咬合器

 

入れ歯に限らず、インレーや冠、ブリッジを製作する際は、型を取ったあと咬み合わせを取り、咬合器というものに模型を装着して技工操作に入ります。(ラボサイドでデスクワークとなります)咬合器はさまざまな種類があり、製作するものによって使用する咬合器を使い分けるのが一般的です。
当院は総入れ歯製作の場合、ハノーというメーカーの半調節性咬合器を使用しています。人工歯の排列や、下顎が運動した時の顎関節部分の顆路という角度を測定しています。
これを使用することで総入れ歯に適した咬合関係を作りやすくすることができます。
(写真は半調節性咬合器に上顎模型を装着しているところです。顆路の調整は行わず、平均値で顆路を決めております)


関連する記事