ブリッジについて。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

ブリッジについて。

       1427676974279.jpg
 ブリッジは少数歯欠損においては、頻繁に用いられる補綴手段かと思います。金属の歯で良ければ保険も適応されます。咀嚼した感じも自分の歯に割と近いですし、入れ歯のように取り外ししなくてもいいので、煩わしさがないのも長所です。しかしながら、衛生的にはなかなかきれいにするのが難しく、日常の歯ブラシ時には歯間ブラシの併用も必須になります。これをやらないと、橋渡しのための土台部分の歯に磨けない部位が存在してしまい、土台の歯が歯周病になるケースをいくつも見ております。
 是非、それ以上の欠損を作らないためにも、ブラッシングは頑張りましょう。

(写真は上顎左側犬歯から上顎左側第二小臼歯にかけてのブリッジです。患者さんに説明用の模型に装着してます。前歯は保険でも白い歯を製作することができます。)