部分入れ歯のバネについて。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

部分入れ歯のバネについて。

     CIMG0048.JPG

 部分入れ歯というのは、部分的に歯が欠損しているところに装着するものです。ない部位に人工の歯が並び、残っている歯にバネを掛けます。このバネというのは保険診療では、ワイヤーや鋳造した金属になります。歯冠色とは全然違うため、前歯だとかなり目立ってしまうのが欠点ではあります。自由診療であれば、バネをつけずに違う方法で部分入れ歯を装着する方法もありますが。。。

 総入れ歯の場合、歯が存在していないのでバネをかけようがないのですが、部分入れ歯は残っている歯にバネがかけられるため維持をその残存歯に求められます。そのため、単純に考えると総入れ歯よりは安定するケースが多いですが、残存歯の歯周病的な状態や咬合力のかかり方の状況によっては総入れ歯より難しいケースもあります。そのため、かえって総入れ歯の方が維持安定を求めるならばいいことがありますが、当院ではそのような理由で抜歯することは、まずありません。やっぱり、患者さんとしてはできるだけ保存したいかと思いますものね。できるだけ頑張ります。

関連する記事