親知らずの抜歯。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

親知らずの抜歯。

 最近、親知らずが痛いと言ってくる人が多いような気がします。やはり若い人が多いような気がしますが、高齢の人もそれなりに来ます。当院では、骨の中にもぐっているような親知らずに関しては、笑気鎮静法と言って笑気ガスを併用して麻酔をかけることが多いです。これをやると患者さんも恐怖心が薄れますし、副作用もほぼないので安全・安心に抜歯操作に入れますね。
 でも、下顎の親知らずは位置的に深いとやはり時間を要します。隣の歯や深い神経、血管を傷つけないように細心の注意を払いながらやりますので、こちらの疲労度もすごくあります。一時間から二時間ほどかけて、抜歯することもしばしばありますよ。
 よく患者さんから質問されるのですが、抜歯後は腫れますか?との問いには、経験的に上顎はそれほど腫れた人はいないです。でも下顎は、結構腫れることがありますね。と言ってます。
 でも、この痛みから逃れられるなら、一回の抜歯を頑張っていただくのがいいと私は思うのです。原因となる歯がなくなれば、それ以上、その親知らずに悩まされることはありませんからね。