りんご歯科医院ブログ

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

即時入れ歯は仮入れ歯というふうに考えています。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 即時入れ歯を入れなければならない状況なほど、残存歯が重度虫歯や重度歯周炎に侵されている人も少なくはないです。

そのような状況の場合、やはり抜歯が第一選択になるのは否めませんね。。。

本来、入れ歯は抜歯後の傷が完治してから作らなければならないのですが、前歯にかかる残存歯を抜かなければならない状況だったり、臼歯であったとしても入れ歯がないと咬合できないようなケースの場合、通常の作り方だと歯のない時期ができてしまうため、抜歯と同時に入れ歯をセットするということもやらないわけではないです。

しかしながら、このやり方は残存歯があるうちに型と咬み合わせを取り、模型を起こし咬合器に取り付け、抜くべき歯を特定して、仮合わせ(試適)を挟まずに完成までもっていってしまいます。

そして次回の来院時に抜歯と同時に、入れ歯をセットしてしまうというやり方です。

これは、メリットとしては回数(概ね2~3回)は少なくて済みますし、歯のない時期は基本的になくなります。

しかしながら、問題点も多くあります。

傷の治り具合は個人差が大きく、完全に予想して作ってますし、歯茎の吸収具合も特定することはできません。

また、型取り時や咬み合わせ取りも、残存歯が重度歯周炎であれば咬合そのものもかなり不安定ですから、それを再現してもあまりよい入れ歯にはなり得ないです。

従って、当院ではこの即時入れ歯はあくまで仮入れ歯というふうに考えています。

そして、この即時入れ歯は保険診療で製作した場合、思いのほか傷の治りがよく、再製作するのは問題がない歯茎になっていたとしても、再度、保険診療で作るとなると保険診療のルールとして半年間は再製作ができません。

どうしても、この仮入れ歯である即時入れ歯を早めに作り替えたいと思われるならば、自由診療も考えていただけたらと思いますよ。

その方が、良い入れ歯になりますし使い心地も即時入れ歯に比べて遥かに良いものになるかと思います。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


高齢者の総入れ歯治療は大変ですね。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 総入れ歯を使用中の方は解るかと思いますが、総入れ歯で何でも食べれるかというと正直、難しいと思います。

総入れ歯は歯が一本もないため、部分入れ歯のように残存歯に維持を取ることはできません。

つまり粘膜負担になるのですね。

総入れ歯を安定させるのには顎堤の状態、口腔周囲の筋圧による安定と、唾液による粘着力も必要です。

条件が良ければ、それほど難しくなく作ることができますが、条件が良いという人も決して多くはないです。

特に高齢者の場合、こちらの支持の声が聞こえないとか、意思疎通が難しいという人もいます。

中には、基礎疾患を抱え薬の副作用で舌や顎の不随意運動がある人もいます。

そうなると適切な咬合関係を得るのは至難の業です。

僕たちは、この総入れ歯を安定させるために、型取りや咬み合わせ決めを行いますが、なかなか簡単にいかないことの方が多いです。

そのため、時間はかかりますし、時間をおいてもう一回、やらなければならないこともあるかと思います。

でも、そうやることによって精度は上がっていきますが。。。

また、この総入れ歯をセットしてから、使いこなせるようになるための時間も相当かかりますね。

総入れ歯になると、歯があった時のようには食べれない、喋れないということが起きやすいのは知っておいてほしいと思います。

もちろん最大限は努力いたしますし、ご満足いただけるように頑張って行きます。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 


総入れ歯をくっつけさせるために頑張ってます。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

総入れ歯が外れやすい方は、床の適合に問題があるか、床縁が短いか、咬合に問題があるか等が考えられます。

それと入れ歯の歯肉の形態も、実は維持に影響することもあります。

人工のプラスチックで作る歯肉の形、盛り上がり方等も実は入れ歯の維持安定に影響するのですね。

また、唾液量が少ないことや唾液の性質なども大きく影響することがあります。

唾液が少なかったり、唾液の粘着力がないために、入れ歯の床内面に陰圧が作れず吸着しないことが考えられますからね。

そうなると、かなり入れ歯はくっつかない状態になりますね。。。

そのような方には、保湿剤をお薦めして、口の中を潤した状態で使ってもらうのが賢明だと思います。

そうすることによって、入れ歯が吸着が得られることが往々にしてありますよ。

また、欠損部分の歯茎が極端に痩せていて、真っ平らで貧弱な顎堤の場合は、くっつかないことはないかもしれませんが、かなり難しいかと思います。

極力、外れない入れ歯を作るというのを目指していますが、なかなか一筋縄ではいかないのですね。。。

一時的にくっついたように見えても、しばらく使ってみるとまた、緩くなってしまうことは歯科医師であれば皆、経験しているところだと思います。。。

総入れ歯をくっつけるために、いろいろなテクニックがあって、これに対応するように日々頑張ってはいますが、一筋縄ではいかないケースもたくさんあります。

患者さん自身も諦めていたりすることもありますからね。。。

でも、諦めたらそれよりもいい入れ歯にはならないのも事実なんですよね。。。

いろいろな諸事情があって、全てにおいて満足に行くようなものというのはなかなか難しいのが現実ですが、少しでも良いものになれるように総入れ歯の患者さんに向き合っていきたいと思います。

諦めることなく一緒に頑張りましょう。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


少数歯欠損にノンクラスプ入れ歯という選択肢もあるかと思います。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯でお悩みの人は多いですね。

当院では毎日、入れ歯の患者さんは来ます。

年配の方に限らず、30代~50代の若い人たちも部分入れ歯の製作を希望して来られる人が多いです。

この方たちの多くは、何本か歯が残っており、希望する入れ歯は部分入れ歯になります。

この部分入れ歯の製作で問題になりやすいのが、保険の入れ歯であるならば、クラスプという金属のバネを使います。

奥歯に残存歯があって、金属のバネをそこに掛けるのならば、あまり目立つことはなく部分入れ歯を装着させることができるかと思いますが、残存歯が前歯しかないケースの場合は、正直、目立たないバネを付けるということが保険の入れ歯ではできませんね。

1本欠損ぐらいであればブリッジやインプラントの方が良いかとは思いますが、ブリッジは残存歯を大きく削る必要がありますし、インプラントも手術が必要ではあります。

そうなるとやりたくないという意識が働くのも無理はないかもしれませんね。

であるならば、これに対応するには、現状で考えられるのは自由診療で行うノンクラスプ入れ歯でしょうか。。。

この入れ歯のメリットとしては、金属のバネを使用することがないので目立つことがないのと残存歯の歯肉に床を這わせて歯間部に食い込ませるようなものです。

床といわれるピンク色の材料も保険内で製作されるものと色は似ていますが、弾力があります。

非常に審美性に優れており、良いものだと思います。

もし、入れ歯による金属のバネにお悩みであるならば、ご一考いただけたらいいと思います。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

 


義歯にもリハビリが必要ですね。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯にお悩みで、なかなか思うようにならないという人は多いですね。

もちろん入れ歯なので、自分の健康な歯と同じように食べれるようになるには時間も掛かりますし、練習も必要です。

自分の歯ではないのですから、リハビリは絶対的に必要ですよ。

短気な方は、この練習をすることなく直ぐに食べれるようになることを求めますが、それは無理だと思います。

義手や義足だって、自分の身体の一部になるまでは気の遠くなるような時間をかけてリハビリして、自分の身体の一部としていくわけですからね。。。

入れ歯は正式名称で義歯と言いますからね。

考え方としては同じなのですよ。

でも、知り合いの整形外科の先生は言っていました。

「義手や義足はリハビリに凄く時間が掛かる。でも、義歯はそれほど多くの時間をかけずにご飯を食べれるようになるんだもんな。本当に凄い技術だと思うよ。」と。。。

 

確かに、最初は入れ歯を入れてご飯を食べることができない人でも、何回かの調整でそれほど気にならなくなってしまうというのは、しょっちゅう経験していますよ。

僕は、持てる力は全て出し切って入れ歯の製作にいそしんでいるつもりです。

最後までとことん寄り添っていきますので、入れ歯にお悩みならば相談に来ていただけたらと思います。


作った入れ歯を使用していますかね?

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯が痛くて、使用できないという人はいませんかね?

入れ歯は使用しないことによって、さらに合わなくなる可能性が高いです。

もし痛みがあって、入れているだけでも苦痛ならば、それこそ早めに歯科医院で診てもらうことは大切なことです。

よくあるのですが、少数歯欠損の場合、入れ歯が無くても取りあえず何とか食べれるから使用しないという人がいますが、これは良いことがないです。

歯は欠損していると、欠損している部位の方向へ残存歯が傾いてくることが往々にしてあります。

また対合の歯も移動してきます。

そうなると入れ歯を入れようとしても入らなくなるのですね。

また、他の残存歯に過重な圧力がかかってしまい、それと歯周病などがあると、その歯周病が手伝ってグラグラしてくることも多いです。

そうなってから、入れ歯を直そうとしても困難でどうにもならないで作り替えをすることも多いですからね。

もし、少しの間入れ歯を作ったけどもいれていないという方は、入れてみましょう。

そして、きちんと入るか、痛くはないか、ご飯が美味しく食べれるかを確認してみてください。

もし、合わないならばなるべく早く歯科医院に行って調整をしてもらいましょう。

また、入らないなら早めに作り替えを覚悟のうえ、歯科医師の指示に従うことをお勧めいたしますよ。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


スポーツマウスガードで安全安心にスポーツを楽しみましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。 

接触の多い格闘技やコンタクトスポーツ(ラグビー、サッカー、バスケットボール等)や重量挙げや綱引きなどの歯を喰いしばることの多いスポーツをされている方にお勧めしたいのは、スポーツマウスガードです。

スポーツ用マウスガードは市販のものとしてもスポーツ店で販売されておりますが、自分で温湯で軟化した材料を口に入れて形を作り調整します。

簡便で安価ではあるかもしれませんが、かなり適合の良いものを作るのは困難で、歯科医療従事者側から見ると適合の良いものとは思えません。

その点、歯科医院で作るものは型をしっかり取らせてもらい、マウスガード用のシートで圧接し、適合させることができます。

プレイ中に簡単に外れることもなく、かつ、口腔顎顔面部の外傷予防に対して実際に機能するものになりますよ。

また、その保護されている安心感からか思い切りプレイに集中できるため、スポーツパフォーマンスは上がります。

福利効果としての筋力の向上も期待されています(この辺りは筋力向上の可能性があるということですが。。。)。

是非、安全にスポーツを楽しむためのアイテムとして、考えてもらえたらと思います。

僕自身は日本スポーツ協会公認のスポーツデンティストでもあります。

スポーツマウスガードの、ご興味のある方は是非、ご相談ください。

(当院でのマウスガード製作料金は6600円(税込み)となっています。色付きのものは7700円(税込み)です。)

 


金属床の入れ歯は喜ばれることが多いです。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

このコロナ禍で、景気も悪いせいか自由診療で入れ歯を作ってほしいという人は少し少なくなったかなとは思います。

でも、自由診療の金属床入れ歯にはメリットが多くあるのも事実ですね。

総入れ歯やそれに近い部分入れ歯の場合、金属床入れ歯というものがお勧めですが、保険診療で作られた物よりも頑丈です。

そのため、壊れにくいと言えます。

また、口蓋や舌に触れるところを金属にするため、床の厚みを薄くできます。そのために違和感は少ないとよく言われますね。

床が薄いことによって発音とかもしやすくなるとは、よく聞きます。

そして、金属にすることによって熱が伝わりやすいため、温かい食材は温かく食べれますし、冷たい食材は冷たいという感覚で食べれますね。

そうすることによって、美味しく感じられる人はやはり多いですね。

先日もこの金属床入れ歯をセットさせていただきました。

その方は、保険の入れ歯から金属床の入れ歯になったのですが、「凄く薄くて違和感が少ない。」と言ってましたよ。

その方はチタンという金属を使用して、セットさせていただきました。

このチタンは生体親和性も良く軽くて丈夫ですからね。

金属床入れ歯は使用する材料によっても重さや向き不向きがありますので、もしご興味があるようならば、是非、ご相談くださいね。

その旨は、しっかり説明させていただきますよ。

入れ歯は毎日、使用するものです。

できるだけ良い入れ歯を作って、その後はメンテナンスに通っていただき、極力作り替えない方向で診ていくことが大切だと思いますよ。

自由診療なので確かに安いものではありませんが、生活の質の向上のためにも是非、考えていただきたく思います。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


完全予約制には意味があります。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院は完全予約制の歯科医院です。

飛び込みの方や、急患を診ないということではないですが、予約の患者さんを優先させていただいています。

予約の患者さんで空きがない場合は、入れないこともあることはご了承願いたいと思います。

 

予約制には理由があって、恐らくその人の処置にはこのくらい時間がかかるであろうと見込んで、その時間を確保しているのですね。

たまにお待たせすることがあるかもしれませんが、極力はそういうことのないようにしているつもりではあります(どうしても、症例によっては時間がかかってしまう人もいなくはないので絶対ではないですが。。。)。

そのため、その時間に来られなかったり無断キャンセルや当日キャンセルがあると非常に困ります。

その方のために時間を割いているわけですからね。

準備も、その人のために行っています。

先日も抜歯予定の方が当日にキャンセルということがありました。

埋伏歯であるので、困難が予想されたためその人のために1時間30分の時間を確保していました。

しかし、その人は約束の時間の5分前に電話でキャンセルの連絡を入れてきました。。。

これには困りましたよ。

その時間に他の患者さんを入れてあげたくても、その時になったらもうどうしようもありませんからね。。。

それまで、その時間に入りたいという希望の患者さんを断っていたわけですからね。。。

せめて一日前にキャンセルの連絡をいただけたら、その時間を空けることもなかったのですけどもね。。。

 

よく仕事を理由に当日キャンセルをされる方がいますが、それは理由にならないと僕は思います。

僕らのこの歯科医療だって仕事ですからね。

この仕事をして材料や設備を整えて従業員に給料を払い、テナント料を払った上に自分の生活費を稼いでいるわけですからね。

無断キャンセルや当日キャンセルをされた場合は、本来得られたはずの料金がゼロになるわけですから。

しかもその時間は虚しい空虚な時間になるわけですよ。

そう思うと罪深いことだと、僕は思います。

ボランティアでやっているわけではないのですから。。。

 

このコロナ禍で、熱があっても無理して来てくださいという訳ではないですが、中には連続4回も何らかの理由を付けて当日キャンセルという人もいます。

大変申し訳ないですが、そのような方は予約制を敷いている当院には向かないと思います。

その場合は、予約制を敷いていない歯科医院で診ていただいたほうがその人の歯のためだと思いますからね。。。

よくその辺りは理解して、予約制の当院に来られていただけたらと思います。

 


予約の日時を守って、歯を守りましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院に来られている患者さんで30代前半なのですが、重度の歯周炎のため歯をどんどん失ってくる人がいます。

現存している歯もかなりグラグラでものすごく挺出していました。

以前から、抜歯しなければならない旨は伝えていましたが、なかなか踏ん切りがつかないのでしょうかね。

その日はもう少し様子を見たいということで帰られました。

その方は、こうなる前から予約の無断キャンセルも多くあり、歯周病治療も全く意味のないものになってしまいました。。。

しかしながら、それから一カ月ほどしてまた当院に連絡があり、歯が抜けたので入れ歯を作ってほしいということで再来したいという事でした。

その患者さんは予約日の予約時間になっても来ず、こちらから電話をしてみると、「あと15分ほど遅れる。」という返事でした。

スタッフは、「あまり遅れられてしまうとその後の患者さんにも影響してしまうので、なるべく早くお願いいたしますね。」というと、怒りながら「解ってるよ、うるせえな。」という返事だったということです。

それを聞いて、その人を待ち、その人が当院のユニットに座った際に僕はまずは予約時間を守ってほしいという旨を話しました。

その方は、ちょっと怒りながら、「だって予約取れないんだもん。」ということを言っていました。

僕は、「そうですか、、、では、予約制を敷いていない歯科医院に行かれたらどうですか?新潟市はたくさんの歯科医院があるのですから、それこそ予約制でない歯科医院も多くあるはずですよ。」と言ったら、黙ってしまいました。

それを言った後、その人の口腔内を見てみると、ほとんどの歯が無くなってはいましたが、あと一本、グラグラで保存が無理な歯があり、ここも抜かなければならないということをお伝えしました。

僕は「この歯は抜歯しないと、入れ歯を作ることはできませんね。恐らく型を取っただけで取れてしまうと思いますよ。それを覚悟でやってみますか?」というと、その人は黙ってしまいました。

その人は、震えながら「やだ、、、怖い。。。」と言って涙を流し始めました。

僕は、「そんなに嫌ならば今は止めましょう。でも、それを抜かないと入れ歯製作に踏み切ることができないのはご理解くださいね。」と言いました。

その人は、「いや、やっぱり抜く。だって次にいつ来れるか解らないんだもん。」と言ってました。

そして、麻酔を効かせて、抜歯は本当にあっという間に終わりました。

抜かれた本人も、「え、もう終わったの?」という感じでしたよ。

歯を抜くのは恐怖ですよね。

僕もやりたいわけではないです。

でも、もう全くどうしようもない歯というのもあり、処置としては抜かなければならない状況というのも確かに存在しますからね。

また、歯科医院での予約は大切にして時間を守っていただき、しっかりと治療や定期健診に罹りましょう。

それが、本当に大切なことだと思いますよ。

 


12345...102030...