りんご歯科医院ブログ

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

自由診療で作ることができる入れ歯があります。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

基本的に入れ歯を機能的に使用できて、外れにくくするという点においては保険の入れ歯でもある程度、満足いくようにできるのではないかと思います。

しかしながら、さらに審美的にして、ご飯の味をもっと楽しみたいと思うなら、やはり自由診療で保険では認められない材料・生体親和性のいい金属を使用するべきだと思います。

これを使用することによって義歯床と言われる部分を薄くでき、かつ丈夫にできます。

また、金属を使用することによって食材の温度をそのまま伝えることができ、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく粘膜に伝えることができますよ。

この金属を使用する義歯を金属床義歯と言います。

この金属床入れ歯は、総入れ歯でも部分入れ歯でも製作することが可能です。

非常にメリット大きいものだと思われます。

 

 また、当院では審美性を考慮したノンクラスプ義歯というものもあります。

これは、欠損の状態により、保険の入れ歯では、どうしても前歯にバネをかけなければならない場合、そのバネが見えないようにするためにバネに代わる義歯床の延長したものを歯間部に当てはめて維持するものです。

(しかしながら、歯周病が中等度以上あって残存歯が揺れている場合は、非適応となりますが。。。)

素材も保険診療で使用されているものよりも柔らかく痛みも出にくいと思いますよ。

 

この金属床入れ歯とノンクラスプ入れ歯の良い点を組み合わせたハイブリッド型の入れ歯ももちろんできます。

気になる方は、ご相談くださいね。

(写真はノンクラスプ義歯を模型に装着して、横から撮った写真です。バネの代わりに入れ歯の床部分を伸ばして、歯間部に這わせてあります。歯肉の色と同化するので目立たなくなります。)

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

 


歯を残すための定期健診とクリーニングをしましょう。

CIMG1543.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

歳をとれば、歯が抜けるのは当たり前と思っていらしゃる方は、いまだに多くいると思います。

でも、それは大きな間違いです。

歯が抜ける主な原因は歯周病です。

この歯周病はプラーク内の細菌が歯茎といわれる歯肉、歯槽骨や歯と骨を繋げる歯根膜、歯根表層部のセメント質に感染したために起きる病気なのですね。

この歯周病にならなければ、また、なったとしても軽度であれば進行を食い止めるのは可能なのです。

もちろん、普段からの食後のブラッシングが非常に大切ですが、それだけでは不十分なのです。

なぜなら、歯ブラシが届く範囲は表面的で歯と歯肉の境目に歯肉溝(歯周ポケットと言われるところ)というものがありますが、そこを歯ブラシで洗浄するのはほぼ不可能なのです。

是非、定期的に歯科医院で定期健診を受け、正しいブラッシングを習得し、プロフェッショナル・クリーニングを受けていただきたく思いますよ。

私は入れ歯を得意とし、入れ歯治療に情熱を傾けて診療に励んでいますが、入れ歯の歯よりも絶対に自分の天然歯に勝るものはないと思います。(よっぽど歯周病が酷く、歯がプラプラに動く場合は別ですが。。。)

もちろん、入れ歯になったなら最大限持てる力を発揮できるよう頑張りますが。。。

是非、入れ歯になる前に自分の歯を残すためにも、定期的に歯科健診は受けましょう。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


就寝時の歯ぎしり対策としてナイトガードがあります。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院の立地上、歯ぎしりでお悩みの方は多いです。

この辺りは、新潟駅前で会社が多いですからね。

仕事のストレスを抱えている人が多いように感じます。

特にコロナ禍になった今は、いろいろなストレスが複雑に絡んでいるのではないかと予想します。

研究によると人間は太古の昔から、ストレスを抱えていると歯ぎしりをしていたのではないかという説があります。

現在でもこの社会的なストレスは人に重くのしかかっています。

学校や会社、家庭、そしてこのコロナ禍による身体、経済的な不安。。。

現代人の多くは、このストレスと付き合っていかなければならない状況ですよね。

この歯ぎしりは、日中にも何かに集中していると思わず喰いしばってしまったり、噛みしめてしまったりする人がいます。

この日中の噛みしめは、意識して治すことが可能とされています。

しかしながら、夜間就寝時の喰いしばりや歯ぎしりはいくら意識してもなかなか意識しようもないのが現実です。

そう言っている自分も、夜間の歯ぎしりには相当悩まされました。

自分の歯ぎしりの音で目が覚めたこともあります。

実際に歯ぎしりがひどくて歯を割ってしまい、抜歯に至ったことも過去にありました。

患者さんの中には、しょっちゅう被せ物や詰め物が外れるとか、歯が割れる、歯の頭や歯茎の歯質がすり減ってしまい、歯がしみるという人も少なくはないと思います。

そのような方は、恐らく夜間の歯ぎしりをしているのではないでしょうかね。

そういう方は本当に多いです。

そのような方には、対症療法になってはしまいますが就寝時にナイトガードというマウスピースをお勧めします。

ナイトガードは歯ぎしりを止めることはできますんが、歯に掛かる負担はかなり減らすことができます。

きちんと使ってもらえれば、被せ物の脱離とか歯の咬耗、歯根破折は防止できるかと思いますよ。

もし、そのようなお悩みがありましたらご相談ください。

このナイトガード製作は保険診療でできます。

 


総入れ歯での前噛みは外れる原因になりますね。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

先日、上下顎で総入れ歯の人の新製入れ歯をセットしました。

上顎は金属床の総入れ歯で、下顎は保険内のレジン床の総入れ歯です。

この患者さんは、下顎の入れ歯が乗る歯茎が極端に痩せているため、患者さん本人も下顎の方は、保険でいいということでした。

この判断は、やっている僕でもなかなか迷う部分もあるのですが、患者さんの希望に沿うようにいたしました。

そしていよいよ、昨日、上下顎総入れ歯のセットという際に、いつも通りに咬合調整をして、粘膜面のあたりを調べ、問題がないことを確認して上下顎の入れ歯の吸着を確認したところ、上下顎ともに良い状態で入れ歯が吸着していることが解ったので、ひとまず終了となったのですが、帰り際に入れ歯が落ちると仰っていたため、再度、診療室に入ってもらいました。

そして、確認すると「奥歯で噛むとピタッとしているんだけど、前歯で噛むと外れる。」と仰いました。

僕は、少しほっとしながら「基本的に総入れ歯は前歯で噛むことはできない設計になっているんです。前歯で噛むと上顎の入れ歯が突き上げられ、後縁部から空気が入り、陰圧が壊れ吸着が出来なくなるんです。吸盤に空気が入ってくっつきが悪くなるのと同じような理屈なんですね。。。だからできるだけ奥歯で噛むというのを意識してくださいね」と言いました。

その方は、すぐに納得してくれて、「そうなんですね。あ、本当だ。しっかりしている。」と満足気でした。

総入れ歯の吸着は、どんなに良い印象を取って良い模型を使って製作されたとしても、咬合の問題が改善されないと簡単に吸着は壊れます。

また、前噛みをする癖のある方は、注意が必要です。

患者さんには、その辺りもきちんと説明しないといけないなと改めて思いましたよ。。。

僕たち的には当たり前だと思っていても、患者さんにとってはそのようなことは全く分かりませんものね。

当たり前ですが。。。。つい、忘れてしまうことがありますね。。。

今後は、その旨を注意して、しっかり説明していきたいと思います。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 


金属床入れ歯がお勧めです。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯診療に力を入れているせいか、自由診療で総入れ歯(自分の歯が一本もない方用の入れ歯)を作ってほしいという方も、最近は増えてきたような気がいたします。

患者さんからよく聞かれることで、発音を良くしたいとか、壊れにくいようにしたいという希望をお持ちならば、僕は絶対的に金属床の方が良いと言っております。

この金属床というのは、上顎では口蓋部分が金属で覆われますし、下顎では舌が接する歯茎の面が金属で覆われるようになります。

この総入れ歯で、金属床にするメリットとしては金属にすることによって、熱の伝導性は良くなりますし、保険で使われるレジンと言われるピンクのものよりも薄くすることによって嘔吐反射も出にくくなりますし、発音もしやすいです。

落として、壊れるということもほぼないですからね。。。

このように、金属床入れ歯のメリットは多いものですが、デメリットもあります。

保険診療ではできないため、値段が高いという所でしょうか。。。

使用される金属もゴールド、チタン、コバルトクロムなどがあります。

当院では総入れ歯の場合、チタンが金属アレルギーも出にくく、軽いという観点からお勧めすることが多いです。

ただ技工操作がちょっと難しく、技工士さんにとっては扱いにくい金属なのですが。。。

金属床入れ歯にすることによって、今までの入れ歯の概念が一変したという患者さんも多くいられます。

快適で壊れにくく、物が食べやすいということはよく耳にしますよ。

それこそ生活の質を高めるという意味では、本当に良いものと思います。

ただ、あまりにも歯茎がやせすぎている場合は不向きな人もいますので、気になる方はご相談ください。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 


総入れ歯の型取りはどの段階でも行うことがあります。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

総入れ歯の特徴として、歯が一本もないためフルデンチャーということもあります。

歯が本来あるべきところに、全く歯がないので入れ歯の支持・維持は全て粘膜負担となります。

従って、入れ歯の適合が悪ければ簡単に落ちる、外れるということがいえます。

総入れ歯の吸着は粘膜に乗っかっている部分の適合のみならず、咬合も大きな関係があります。

咬合関係は総入れ歯用の咬み合わせの構築が必要です。

かなり難しい調整が必要になるので、なかなか大変ではありますが、歯の並びや色は、ある意味自由自在にいかようにもできます。

そのため、入れ歯の仮合わせの時にはしっかりと見ていただくようにしていますよ。

その際に総入れ歯の仮床を用いて型を取ることもあります。

総入れ歯は咬み合わせ決めや、仮合わせの時、また、完成時にも取ることができます。

段階ごとに取っていけば、それこそ精度が上がります。

このような特徴は、総入れ歯ならではだと思います。

部分入れ歯だと、ちょっと工程が複雑になるので、これは総入れ歯だからこそできるものだと思います。

もし、総入れ歯でお困りならば、ご相談ください。

くっつきのいい入れ歯を作るように努力しますね。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


部分入れ歯の方は残った歯を守りましょう。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

若い世代で歯を失い、入れ歯になる人も少なくはないです。

でも、その中の多くの人は、部分入れ歯だと思います。

歯を抜かなければならなくなった、もしくは抜かなければならなくなった理由は何でしょうかね?

恐らく、重度の虫歯か、重度の歯周病だと思います。

そうなる前に痛みはなかったでしょうかね?

仕事や学校に時間を取られてしまい、なかなか歯科医院に行けないという人もいますよね。

また、新型コロナウイルスの感染拡大が怖くて行けなかったという人も少なくないかもしれませんね。

でも、永久歯であるなら、歯を失ったらもう二度と歯は生えてこないです。

新型コロナウイルスも、口腔内を不潔にしていたら感染しやすい状況になると言われていますよ。

どういった理由であれ、歯を失うほどまでに歯科医院に行かないというのは良いことはないです。

歯を失った以上、ブリッジができればまだ、良いですが適応外となるようならば、部分入れ歯が適応されると思います。

何とか頑張って、部分入れ歯に慣れて機能するものになったとしても、残った歯をしっかり守ってあげないと、その残った歯さえダメになり抜歯から入れ歯の再製作という悪循環をたどる人は少なくないです。

できるだけ今の自分の口腔内の状況を知り、先ずは予防に励むことが本当に大切です。

いい入れ歯を入れたなら、長持ちできるように予防に取り組みましょう。

そのためにも定期健診を、一緒に頑張りましょうね。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 


金属床とノンクラスプのハイブリッド型入れ歯はいいものです。

IMG_6851.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 自由診療で高額となりますが、ノンクラスプ入れ歯と金属床入れ歯の組み合わせで、一つの入れ歯を製作することがあります。

例えば上顎の前歯のみ自分の歯で奥歯がないような欠損の場合、保険内の入れ歯の場合はその前歯に金属のバネ(クラスプ)が掛かります。

その場合はノンクラスプ入れ歯で対応してあげて、目立たないようにしたらいいのではないかと提案することがあります。

また、口蓋部分を覆うようなケースの場合、保険内の入れ歯だとレジン床と言われるピンク色のプラスチックで覆われるのが一般的だと思います。

その場合、プラスチックであるために、厚みをしっかりとって覆う面積もかなり大きいものとなります。

口蓋の厚みが厚いほど、発音に影響しやすいでしょうし、面積が大きくなればなるほど嘔吐反射なども起きやすくなります。

それをできるだけ、軽減させるためにその床部分を金属にするというものをお勧めします。

口蓋部分を金属にすることでその厚みは薄くできますし、金属なので熱を伝えやすいです。

そのため、おでんや鍋料理の冷熱感が良く伝わりやすくなります。

また、薄くなるため舌の動きを妨げにくくなり、発音にもいい影響がありますよ。

自由診療となりますが、欠損歯が多い入れ歯で違和感は少なく、審美的に優れた入れ歯はこのノンクラスプ入れ歯と金属床入れ歯のハイブリッド型がお勧めではあります。

もちろん、歯周病などで残存歯が揺れたりしていないことが、前庭にはなりますが。。。

ご興味のある方は、ご相談ください。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


スタッフマネジメントについての自分の考えは。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。
今日は天皇誕生日のため、当院はお休みです。
そのため、いつもの診療とは違う話をしますがご容赦ください。
僕は今まで、たくさんのスタッフマネジメントのための本を読んでセミナーに出て、ようやく辿り着いた答えがあります。。。
それは、何年も悩んでたことですけど、テクニックややり方は重要じゃないですね。
考えてみればスタッフマネジメントなんて、方向性を確立して、それをスタッフと共に一丸となってやることです。
それをやるためには、一人一人のスタッフの特徴をよく知って向き合えばいいんです、徹底的に。
 
「僕はスタッフ全員の親父、兄貴になる。」
 
この考えが一番、自分に合っています。。。
いつも言ってる「りんごファミリー」って、そういう気持ちで名付けたはずなんです。
そう思うとスタッフマネジメントなんて、そんなに難しくない。。。
今までやってきた事に、礼節を持って掘り下げればいいんですから。
 
難しいのは自分の感情のコントロールなんです。
入れ込みすぎると、医院を辞められた時は本当に辛いですよ。
一人前に育てるためにも、多くの経費と時間と愛情を注いで教育しますからね。
でも、人の縁には逆らえないです。。。どちらが良いとか悪いとかはないですし。
縁が切れればそれまでですものね。
それでも、そういう事もあると承知の上でやるんです!
何かあったらどうする?という恐怖心からくる愚問に対する答えは、「その時はその時だ!」捨てる神ありゃ、拾う神もあるでしょうと割りきる強さを持って対処していくだけです。
 
スタッフマネジメントって、そういう心意気と覚悟を持ってやるだけなんです!
たったそれだけの事なんですよね。
 
やっと見つけた自分の答えです。
これでようやく次のフェーズに行けます。。

歯並びを改善することによって得られるメリットは多いです。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 歯並びを気にされて、人前で話をするのが苦手だという人や笑うことができないという人が少なくはないです。

特に若い方の場合、口元を隠すように笑う人が多いように思います。

歯並びは人それぞれで、それを個性と捉える向きもありますが、歯の生え方によっては歯と歯の間を磨くのに、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシがどうやっても入らないケースというものもあります。

そのような状態でいると、その歯間部分から虫歯を作ってきたり、歯周炎が出てきたりすることが多いですね。

その場合、歯並びを変えて口腔内の環境を改善することが、虫歯や歯周病予防の第一歩になりますよね。

歯並びが良くなることによって、虫歯リスクや歯周病リスクが格段と低くなり治療後の予後が良くなったという人は少なくないです。

 

また審美的な問題として、気にされる方も多いです。

例えば、出っ歯や八重歯、反対の咬み合わせなどで、口元がキレイにならない人は結構いますよね。

歯の状態で下顔面部の審美性は決まりますから。。。

この歯並びを変えるのに、一般的に必要な処置は歯科矯正と言われるものです。

歯科矯正は抜歯をして行う方法と、抜歯をせずに行う方法があります。

この判断基準は、顎の大きさに対して歯の大きさがどうなのかが大きなポイントであるかと思います。

つまり、歯が並ぶスペースがほとんど無い場合は、どうしても抜歯処置が必要になるかと思います。

もちろん、抜歯をするまでもなく、歯科矯正することが可能な方も少なくはないですから、診査が本当に大切になりますね。

一般的な治療の流れとしては、口腔内の診査(虫歯があるかないかや、歯周炎の状態、口元の状態など。)をします。

そして、レントゲン診査や模型を起こしての分析をします。

そして治療方針を決めて行くわけですね。

治療としては、それぞれの口腔内の状態により、方法は変わっていきますね。

その旨は、治療方針を決定する際に説明をしっかりするようにしていますよ。

多くの方が矯正というと、歯に金属のブラケットというものをつけて、ワイヤーで動かすものと思われるかと思いますが、現在は目立たないものもあります。

その他にも、適応は限られますが、床矯正といわれるものやマウスピース矯正というものもあります。

いずれにしても、症例によってそれは使い分けなければならないのでしっかり説明をしていけたらと思います。

また、多くの方が気にしているのは、期間と料金、そして今更やっても歯並びは直らないという諦めの気持ちではないでしょうか。。。

確かに矯正治療は時間がかかります。

料金も自由診療となるため、安くはないかもしれません。

でも、多くの人は、そのあたりを過剰に考えていますね。

治療計画に基づいて料金表と照らし合わせて説明すると、「何だ、このぐらいの金額なんだ。。。思ったより安いです。」と言われる方も多いですよ。

デンタルローンを使うという手段もあります(当院でも取り扱っております。)。

また、成人になってからでも歯科矯正は、問題なくできますよ。

年齢に関係なく、歯は確実に動きますから。

当院に、現在も60代の女性が矯正治療をして、キレイな歯並びになってきましたよ。

この方も、歯並びがキレイになることによって明るくなったような気がいたします。

それまでは、診療室でこちらが話しかけても会話は多くはなかったですが、今ではよく話しもするし笑顔も多いです。

笑顔に自信を持ってきたみたいです。

恐らく自分でも歯並びがキレイになったことを実感されているのでしょうね。。。

もちろん学童期の乳歯と永久歯が混在している混合歯列期の歯科矯正も行っています。

歯並びが気になって、お悩みの方はご相談いただけたら幸いです。

※当院には月に1~2回、矯正専門の先生が来られます。
矯正専門医に相談希望の方は、連絡いただけたら幸いです。矯正相談料は3000円(税抜き)となります。

 


12345...102030...