りんご歯科医院ブログ

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

ノンクラスプ入れ歯で金属のバネが見える悩みを解消しましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

先日、来られた患者さんで入れ歯のバネが気になって、笑えないという人がいました。

確かに前歯にクラスプという金属のバネが掛かっているので、見えてしまうのはいたしかたないです。

また、残存している歯も前歯しかないので、そこにクラスプが掛かるのは保険で製作された入れ歯であるならば必然でもあるわけですが。。。

しかしながら、やはり目立たないようにしたいという気持ちはあるでしょうね。

自由診療ではありますが、そのような場合はノンクラスプ入れ歯が良いのではないかと僕は考えます。

これは、金属のバネを使わずに特殊なプラスチックで歯肉に似たような色で作れますからね。

歯肉色のプラスチックが歯と歯茎の境目を覆うので歯が少し短く見えてしまうという感じはありますが、笑うと金属色が露骨に出るような物よりは遙かに審美的ではありますね。

しかしながら、このノンクラスプ入れ歯も残存歯の歯周病の状態がある程度良くないとなかなか製作に踏み切れませんね。

製作するに当たっては、診査が大切で慎重に作ることが必要です。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

訪問診療でも歯のクリーニングをしていますよ。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院では、要介護者に向けて訪問診療にも力を入れています。

この訪問診療は予約制となっておりますが、なるべく早く、こちらからお家や介護保険施設に出向いて治療を行うようにと心掛けています。

最近では訪問診療でできることして、今まで多かった抜歯や入れ歯製作のみならず歯のクリーニングの要望も多くなってきましたね。

やはり誤嚥性肺炎を防いだり他の全身疾患の予防のためにも、お口の中を清潔にしておくという重要性にお家や施設内の介護者に浸透してきたからだと思います。

そのためのポータブルの超音波スケーラーや歯面清掃機もあります。

設備面での充実によりいままで外来でしか、なかなかできなかったこともできるようになりましたね。

そのため、治療のみならず予防に関しても積極的にできるようになったという自負がありますね。

歯の治療全般におけることと、入れ歯製作、そして歯の歯石取りやクリーニングなどもしっかりやることが可能ですよ。

もし、ご家族やお知り合いの方に要介護者がいて、どこに相談したらいいのかお悩みであるならばご相談いただけたら幸いです。

 

訪問診療の詳しい案内
当院での精密入れ歯治療の案内は

スポーツ選手には考えてほしいマウスガード。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

最近はコロナ禍も明けて、学生さんも通常通りに部活動やサークル活動ができるようになりましたね。

そのような学生さんが、当スポーツマウスガードを製作したいという理由で来られる人は多いです。

 

スポーツマウスガードは、コンタクトスポーツを行うアスリートには必須のものと考えます。

コンタクトスポーツというと格闘技はもちろんですが、ラグビー、アメリカンフットボール、サッカー、バスケットボール、ラクロス、アイスホッケーなども含まれます。

近年では、サッカーのJリーガーやプロ野球選手もよく使用していますね。

このスポーツ用マウスガードは院内で型を取って模型を製作し、その上でシートを軟化圧接して製作します。

成形後、セット時には咬み合わせの調整が必要になります。

製作工程としてはそれほど難しくはないですが、咬み合わせの調整はとても大事です。

変な位置で噛んでしまったものは、瞬発力を発揮する時に力が入らないと言われることがありますからね。。。

 

このスポーツマウスガードは、あくまで外傷予防で使用されるものです。

最大のパフォーマンスを発揮するためには、少しでも安心感を得ることが必要です。

このスポーツマウスガードは顎顔面、口腔周囲のけがの予防には非常に役立つものと思います。

実際、高校ラグビーやアメリカンフットボールなどでは、今や必須のアイテムになっていますからね。

安全面を考えると凄くいいことだと思います。

僕は日本スポーツ協会公認スポーツデンティストの資格を得て、この分野にも力を入れています。

もし、ご興味のあるアスリートはご相談に来ていただけたらと思います。

 

※スポーツマウスガードは自由診療となります。

透明なものは税込みで6600円、色付きのものは7700円です。

色は好きなものを選ぶことが可能です。

 

 

入れ歯になれば、問題がなくなるということはないです。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

過去に、数本の歯が残存していますが、全部歯を抜いて総入れ歯にしたいという患者さんが来院されました。

その方の口腔内を見てみると、確かに何本かは抜歯を要するとは思われるのですが、全部歯を抜く必要性はないと思いました。

その旨を説明すると、その方は「私、歯のことでもう悩みたくないのよ。全部抜いてすっきりしたい。正直、邪魔に感じる。」と仰いました。

僕は、「そうなんですね。。。でも、もし総入れ歯にしたら今度は違う問題がでますよ。。。総入れ歯になればもう口の中は安泰だというのはありえないのですね。歯を抜いた以上歯茎はどんどん痩せていきますし、一時的にはしっかりくっついていても、そういった意味では時間の経過とともに緩くもなります。そうすると、今度は入れ歯が外れるとか、発音しにくいとか、横揺れして痛いなどの問題が予測されます。粘膜だけで維持しているよりも健康な歯にも負担してもらう部分入れ歯の方がまだマシかと思いますが。。。抜くほど悪くないような歯も何本かあるかと思いますよ。できるだけ残る歯は残すのが僕の心情でもありますし。。。」と伝えました。

でも、その患者さんは全部抜いてしまいたいという気持ちが強いようでした。

その方の予約の時間もあるので、先ずはどこを抜いてどこを残して、治療をしていった方がいいのかをもう一度よく精査し、治療計画を提示していく時間を取ることにしましたが、この人の押しの強さから、なかなか先行きが難航しそうな予感がしました。

僕は入れ歯を得意としているつもりですが、保存できると思う歯を抜くのは絶対に賛成しませんよ。

そうでなくても、歯科医師であれば基本的には歯を残すことを前提に頑張っているものですからね。

総入れ歯になってよかったという人は、本当の意味ではありえないのではないかとさえ思いますよ。

当然ながら、自分の歯が健康でいる方が、良いに決まっていますからね。

健康な歯には入れ歯が勝てることは何もないですからね。

やむを得なく作るのが入れ歯ですからね。

1本でも2本でも歯が残りそうならば残していくのが筋なのは知っておいてほしいです。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

入れ歯を自分のものとするのには。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯はある意味、人工臓器だといえますね。

何の違和感もなく、特に咀嚼や嚥下に問題がないという人は少ないかもしれませんが、歯科医院で何回か調整をしていくとそうなっていくかと思います。

でも、最初からそうだったという人はほとんどいないのではないでしょうか。

特に初めて入れ歯を入れるという人にとっては、異物以外の何物でもなかったりします。

しかしながら、入れ歯を使用しないで食べようとしても、硬いものはおろか、それなりの硬さのあるものも咀嚼が困難であったりします。

そうなると、栄養バランスの偏りが出てしまったりして良いことがありません。

それを続けていると、年齢を重ねるにつれてオーラルフレイルという虚弱体質になっていく人が多いようです。

そうならないようにするには、欠損歯を放置しないことと、もし、入れ歯になったにしてもよく噛めるように調整し慣れていただくことが本当に大切だと思います。

最初は異物だとしても、リハビリを繰り返し調整することで良いモノになっていきますから。

一緒に頑張りましょう。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

多数歯に渡る欠損のままでいると。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

一般的に入れ歯が無い状態で総入れ歯を作ってほしいという人は多くないです。

多くの人は小さい範囲の部分入れ歯を入れてはいたけども、また歯を抜かなければならなくなったり、抜かなければならない状態になって再度、製作になることが多いはずです。

しかしながら、たまに総入れ歯のような欠損状態になって初めて入れ歯を作るという人も当院にはきますね。。。

このような人は入れ歯製作が非常に困難なことが予想されます。

まず、咬み合わせる位置が患者さん自身で解らなくなっていることが多く、咬合採得が一筋縄でいかないことが多いです。

 

そうなると、これを決めるためにも回数や手段が必要ですね。

また、それをやったからといって必ずしも良い物になるという保証もないです。

このような場合は、仮入れ歯を製作させてもらって、それを使用しつつ咬み合わせを調整させてもらいながらモディファイドしていき、良い咬合関係を構築した後に本入れ歯を作らせてもらうのが一番良いかもしれませんね。。。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

 

総入れ歯でも定期健診を必要とする理由の一つは。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

総入れ歯を長年使用していると、様々な不調和が出てきます。

特に総義歯の場合、両側性平衡咬合(フルバランスド オクルージョン)という咬合関係を付与するために、人間の顎関節の形態から前歯部にはほんのわずかながらですが強い接触がないようになっております。

つまり普通に奥歯で咬んだとき、臼歯のみの接触となります。

そうやって咬み合わせのバランスを取り、入れ歯の安定を図っているのです。

ところが経時的に臼歯部が咬耗してくると前歯部に強い当たりが出てきます。

長い間そのような状態でいると、普通に咬んだだけでも入れ歯が外れる問題や、上顎の前歯部の粘膜がグニョグニョになってしまうコンニャク状顎堤と呼ばれるフラビーガムというものが出てくる可能性があります。

また、これに関しては自覚症状もほとんどないことが特徴です。
これが広範囲にできてしまうと、安定感が非常に良くなくなりますので新しい入れ歯を製作するときにものすごく難しくなってしまいます。

ぶよぶよの粘膜の上に入れ歯が乗るわけですから、当然と言えば当然ですよね。

したがって、新しい入れ歯を製作後、何でもないように思えても3カ月に一度は入れ歯の調整に行かれることをお勧めいたします。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

要介護者にも歯のクリーニングを。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院では、要介護者に向けて積極的に訪問診療も行っております。

この訪問診療は当院では予約制となっておりますが、こちらからお家や介護保険施設に出向いて治療を行うことができます。

最近では訪問診療でできることして、今まで多かった抜歯や入れ歯製作のみならず歯の歯石取りや歯のクリーニングの要望も多くなってきましたね。

やはり誤嚥性肺炎を防いだり他の全身疾患の予防のためにも、お口の中を清潔にしておくという重要性にお家や施設内の介護者に浸透してきたからだと思います。

そのためのポータブルの超音波スケーラーや歯面清掃装置機も当院にはあります。

設備面での充実によりいままで外来でしか、なかなかできなかったこともできるようになりましたね。

そのため、治療のみならず予防に関しても積極的にできるようになったという自負があります。

歯の治療全般におけることと、入れ歯製作、そして歯の歯石取りやクリーニングなどもしっかりやることが可能ですよ。

もし、ご家族やお知り合いの方に要介護者がいて、どこに相談したらいいのかお悩みであるならばご相談いただけたら幸いです。

 

訪問診療の詳しい案内
当院での精密入れ歯治療の案内は

入れ歯を一緒に頑張りましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯はなかなか自分の思うように機能しないものです。

どうしても、入れ歯を機能させるにはそれなりの時間と練習を必要とします。

どんなに良いと思われる入れ歯でも、自分の歯とは全然違いますからね。

結局は他人が作った歯ですし、咬み合わせですから。

神様が与えてくれた天然の歯のようにはなりえませんね。

でも、欠損部位が大きくなれば、基本的には入れ歯で対応するのが良いとは思います。

その欠損部位にブリッジが可能ならば、僕らは基本的にはブリッジの方をお勧めします(残存歯の歯周病の状態にもよりますが。。。)

やはり、固定性のブリッジの方が可撤性の入れ歯に比べ違和感は少ないですし、実際よく噛めますからね。

そのような理由から、あまり入れ歯の処置を積極的には勧めないものです。

しかしながら、その欠損範囲がブリッジ可能な範囲を超えていたりした場合はどうしても入れ歯がファーストチョイスになりますね。

この入れ歯は初めて入れる方は特につらく感じますね。

違和感がかなり大きいですから。。。

でも、諦めないで調整をして、慣れてもらうよう使用していただければ良いものになっていくと思います。

実際そういう人がはるかに多いものです。

一緒に頑張りましょう。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

金属床の入れ歯は生活の質の向上にもお勧めしたいです。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院の場合、自由診療で製作する総入れ歯は主に金属床入れ歯というものになります。

保険診療ではピンク色のレジンというプラスチックを床部分全面に敷きます。

どうしてもプラスチックですので、強度は強くないですし、強度を保つために上顎であれば口蓋部分は厚くなりますし、下顎の舌側部分も厚くなります。

一応、補強線というものが口蓋部分のレジン床の中に入りますが、それ程の強度は見込めないため、床部分が厚くなってしまいます。

自由診療とはなりますが金属床の場合、そこが金属になるため、強度は保証されますし薄くできます。

そうすることによって、舌の自由度が増して発音にもいい影響が出ますし、飲み込みもしやすいとよく言われますね。

 

よく見るケースで、上顎が総入れ歯やそれに近い状態で下顎の歯がほぼ残存している人がいます。

そのような方は大抵、咬合力も強い方が多いです。

歯があった時からも、この咬合力が強すぎてしまったため咬合性外傷というものを引き起こし、歯周病も手伝って歯が抜けてしまったか、歯を抜かなければならない状況になっていったのだと推測します。

それは、上顎の場合、欠損歯茎の唇頬側から骨が吸収されるため、もともと歯が並んでいたものより幅が狭くなり小さくなってしまうのですね。。。

そうなると総入れ歯を製作する際に、下顎の歯に対して正常咬合配列を施そうとすると、歯茎の一番高い部分より外れて、歯を並べなければならなくなります。

これを防止するためには、人工臼歯の咬み合わせを変えて交叉咬合配列にするなどの工夫が必要になります。

でも、この金属床で、チタンを使用したものであれば、入れ歯そのものも軽いですし、貧弱な顎堤にも対応できます。

そして強度もかなり強く、入れ歯が正中で割れるようなことはないと思います。

もし、そのように入れ歯がしょっちゅう壊れてしまうため、困っているという方は一度検討していただけたらいいと思います。

入れ歯は毎日の生活の中で、その人の天然歯の代わりとして日常の食事や会話に関わっているわけです。

その負担を担う入れ歯がしょっちゅう壊れてしまっては、良い入れ歯とは言えませんからね。

咬合力や顎堤の状態によっては、大変いいにくいことではありますが、保険診療で決められている材料で入れ歯を作っても限界が来るのは早いですよ。

そのため、入れ歯が割れて、その度に修理をして、また割れるというようなサイクルでいるのならばこの金属床で解決することをお勧めいたします。

貧弱な上顎の顎堤だったとしても、チタンを使用したものならばそれほど重くなることもないですから、使用に問題はないかと思います。

生活の質を高めるためにも、お勧めですよ。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは