«  2018年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年7月14日

IMG_6512.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 重度歯周炎や重度の虫歯により多数の歯を抜かなければならない患者さんは、抜歯後、次の選択肢として入れ歯を入れると考えることだと思います。

間違いではないのですが、今まで入れ歯を入れたことがない人が大きな入れ歯を簡単に受け入れてくれるかというと、そうではないです。

入れ歯を使用したことのない人が、それこそ大きな入れ歯に馴染むまでは相当な時間がかかりますし、それ相応の努力が必要です。

どんなに形態的にも機能的にも良い入れ歯でも、あくまで異物です。

神様が与えてくれた、健康な時の自分の歯には勝てないものです(歯周病で骨の支持がなくプラプラしている歯よりは、良いかもしれませんが。。。)。

咀嚼力も発音のしやすさも、何一つ勝てないのは、今までの研究論文や経験にも裏付けられています。

 ですから、部分入れ歯でも残存している健康な歯は1本でも多く残し抜歯を極力避けるようにしていきましょう。

そのためには、僕らだけの努力ではどうにもなりません。

虫歯や歯周病は糖尿病や高血圧と同類の慢性疾患で生活習慣病なのですから。

もし、糖尿病や高血圧だとしたら、根本的な治療はほぼできないですよね。。。

つまり完治が難しいため、服薬や運動療法でのコントロールが必要なのですよね。

歯周病や虫歯も、同じです。

日常のホームケアと定期的な健診とプロフェッショナルクリーニングがそのコントロールになるのですね。

その患者さんの日常生活のなかで、歯科医院で習った指導を基に歯磨きはきちんとやっていただき、歯科医院のメンテナンス(定期健診)にはしっかり通うようにしましょうね。

あくまで、入れ歯は歯が抜けた後の歯の代わりの処置なので、できるだけそうならないように一緒に気をつけていきましょうね。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


2018年7月13日

IMG_6512.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 最近は、患者さんからの予約が取りにくくなってしまったためか、なかなか日時的なご希望に添えられない事があるようです。

その辺りについては、大変申し訳ありませんが当院もデンタルユニットは4台しかなく、従業員も限られていますから、できる範囲で精一杯頑張って予約させていただいていますので。。。

ご理解いただきたいです。

当院は、完全予約制であります。

一度も当院にかかられたことのない方の、予約は恐らく電話をいただいた日よりも、後になることと思います(キャンセルが出ていれば、当日診ることも可能かもしれませんが、その際はお電話で確認していただきたく思います。)

痛みがあるから、診てほしいと言われることもよくありますが、当院は予約を取って来ていただいている方を差し置いて、今まで来られた事の無い新規の患者さんを受け入れて診るのは反って無責任に思えてしまいます。

あまりにも激痛で耐えられないと仰る、初めて来られる方ならば、それは他院で診ていただいた方が良いのだと思います(最近に当院で診た患部が痛むというのならば、極力早く診ますが。。。)

当院は、再診の患者さんも予約を取っていただき、恐らくこのくらいの時間はかかるであろうという時間を、その処置内容に合わせて確保しています。

中には、30分の人もいれば、1時間の人もいます。

また、当院に初めて来られた方には、それこそ1時間ほどお時間を取らせていただき、トリートメントコーディネーターが患者さんのご要望や、こちらの処置方針をお伝えさせていただき、診査・処置に入るようにしています。

その際に、こちらからお願いしたいのは、初診の予約を入れておいて診療前日の遅くなってからのキャンセルや当日キャンセルは本当に止めてほしいです。

ましてや無断キャンセルなんて、常識ある人の行為では無いと思いますから。

再診の方なら、風邪を引いてしまってキャンセルというのは仕方ないことですが、初診での予約で、当日に無断キャンセルなんてありえませんよね(再診の方でも無断キャンセルはありえないと思っていますが。)。

その方の、どんなに仕事が忙しいのかは解らないですが、こちらも仕事です。。。

仮に2時間の予約を取っていた方が急なキャンセルにより空いたとすると、僕らのモチベーションはもの凄く下がってしまいます。

それはスタッフも同じです。

また、本来はその時間に得られたであろう収入が全くの0になるのですから、急なキャンセルは罪深きことだと思います。

最近は、このような問題が歯科業界に限らず、全国的に蔓延しているようですね。

本当に困ったものだと、思います。

こちらも従業員を抱えての仕事です。

レストランやホテルでは、本来はキャンセル料を請求されても致し方ないですからね(当院は今のところしていませんが。)。。。

自分の好きな時間に行きたいと思われている方は、予約制を敷いていない歯科医院を探して行くべきですね。

僕の知る限りでは、あまり聞いたことはないですが。。。

予約制を敷いている医院は、その時間に入りたいという患者さんを断って、予約を入れてくれた人のために時間を確保していることをご理解下さい。

2018年7月12日

1425175324604.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 近年では、スポーツ愛好家の間でマウスガードが普及しつつあります。

まだ、耳慣れない方もいるかもしれませんが、ボクシングや空手の選手が試合の際に、口の中に入れているマウスピースの事を言います。

スポーツマウスガードの効用は、口腔内の歯牙や歯肉などの歯周組織を外力から守るのが主目的であります。

多くのプロ格闘家の方は、必ず使用しているものと思います。

でも、ある報告では、中高生のスポーツ時の外傷で75%以上が首から上の頭部にあり、その中で口腔内の障害が多く見られます。

このことから、特にプロ選手でなくても、スポーツ愛好家は装着された方が外傷予防に役立つ物であります。

最近はアメリカンフットボール、アイスホッケー、ラグビー、バスケットボール、サッカー、野球、ゴルフ等の選手にも幅広く普及されています。

スポーツ時の外傷予防として使用されるマウスピースをスポーツマウスガードと言い、歯ぎしり用のナイトガードや顎関節症治療用のマウスピースとは明確に区分されています。

このスポーツマウスガードは、スポーツ店などでも購入することはできますが、これは材料を温湯で軟化し、それを口腔内に入れて口を動かし、自らの口腔周囲の筋肉を動かして併せていくものです。

でも、これは簡便ではありますが、素材の厚みが厚くなったり薄くなったりして一定ではなく、適合が良くないです。

その点、歯科医院で製作されたものは口腔内の型を取り、模型を起こしてEVAシートという弾力のある材料を軟化・成形して製作するものです。

一層、もしくは複数のシートを使用して一定の厚みで製作することができます。

さらに、競技の特殊性を考慮して、危険な部位を保護するために意図的に厚くすることもできます。

また、福利効果としてケガに対する安心感からか、思い切り競技に集中してできるため、パフォーマンス力が上がり、筋力の向上も期待されています。

その効果を十分に発揮するためにも、スポーツマウスガード購入の際にはスポーツ歯学に精通した歯科医院で、適合の良いものを製作されてみてはいかがでしょうか。

※写真は、スポーツマウスガードを製作中のものです。カラフルなフランスカラーのシートで製作しています。

2018年7月11日

IMG_6512.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 当院では先月から、エピオス社のエコシステムというものを導入しました。

これは全部のデンタルユニットから殺菌水が出るようなシステムです。

診療中は、いつでもこの殺菌水が出てきます。

僕らスタッフ専用の手洗い場や器具消毒の洗い場にも、この殺菌水が出てきます。

以前は、水道水からの水をデンタルユニット内部で濾過された水を当たり前のように使っていましたが、これだと滅菌されることはありません。

水道水には1ミリリットル内に100個以下の細菌数であるべきと明確に規定されていますが、このデンタルユニット内を介して出てくる水の細菌数は、どのくらいあるのでしょうか。。。

実は、かなりの細菌が含まれている可能性が否めないわけです。

ある歯科医院でその数を測ったところ、何万個の細菌数であったという事実がありました。

これは、もの凄く不潔で下水道の水と同等レベルのものです。

僕は、ただ単に何も考えずにデンタルユニットから出る水は清潔だと思っていた自分が恥ずかしくなり、そのことに恐怖を覚えました。

うちの医院では、どのくらいの細菌がデンタルユニット内に忍び込んでいるのか不安で不安でいたたまれなくなりました。

また、絶対に清潔だと思っている患者さんに背を向けるようなことはしたくないと思いました。

そのため、僕は今のままではいけないと感じたため、かなりの高額でしたがこのエピオス社のエコシステムを導入いたしました。

これを使用することにより、患者さんのお口の中を殺菌できることはもちろんですが、この水が口腔外に飛び散ったとしてもその安全性は確保され、スタッフにも安心感を与えます。

実際これを使うようになって、埋伏歯の抜歯でもあまり腫れなくなったような気がします。

もしかしたら、水平埋伏歯の場合、歯や骨を削る際にタービンから出る水に感染したために腫れたのかもしれないという憶測も出るのですね。。。

考えてみると、皆さんは内科などで予防接種などをされる前には、注射を接種される前に消毒をいたしますよね。

これは、皮膚表面を消毒をしてから注射で細菌やウイルスを皮下や筋肉に押し込まないためのものです。

歯科は本来、歯を削ったり歯茎からの出血を伴うことが多い処置です。

処置をする際に、汚い水でうがいをしても患部は絶対に消毒されないですよね。。。

反って感染の危険性が強く出てきますよね。

それを思うと、この水は本当に有益で患者さんの処置中はずっと、殺菌水が出ていると思うと、凄く安心です。

安い買い物ではなかったかもしれませんが、この安心感を得られたと思うと高くもないかなと、今では思えますよ。

セントラルは、待合室に置いてあります。

是非、見ていただけると幸いです。

※当院で、診療に入る前にPOICウオーターで、うがいをしてもらっていますが、デンタルユニット内部から出る水はPOICウオーターよりも低濃度の次亜塩素酸水です。味も臭いもほぼしません。もし、飲まれたとしても体に害はないものです。

2018年7月10日

IMG_6512.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯の適合を確認するのにフィットチェッカー、P.I.Pというクリーム状の物があります。

これは主に入れ歯の内面を診査する物です。

入れ歯の内面は、入れ歯の咬合面から押してみて痛みを感じるようであれば、その辺りの強い部分を削除調整します。

入れ歯を押しても痛くはないんだけど、咬ませると痛いという場合は、恐らく咬合面に問題があります。

左右均等に当たっておらず、奥歯で咬んだときに、どちらかが先に当たっていたりすると多少なりとも干渉するのですね。

このようなところを早期接触と言います。

咬合調整をして、均等に当たるようにしてあげると、そのようなことはなくなります。

もし咬合だけに問題があるのならば、これだけで粘膜に伝わる痛みもなくなりますね。

そうは言っても、少なからず不安はありますので、当院ではしっかりその後の粘膜面を検査しますが。。。

入れ歯の調整で大切なのはここですね。。。

入れ歯を噛み合わせの面から垂直方向に押していたいのか、咬んで痛いのかで直すポイントが違ってきますね。

この辺りがしっかり見れるかどうかで、入れ歯の調整の善し悪しが決まってくるような気がいたします。

入れ歯の調整で患者さんの方では、ただ痛いところを削っているのだと思われがちですが、いろいろなところを見て調整しているのを知ってほしいです。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

2018年7月 9日

IMG_6512.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 入れ歯は必ずしも、すぐに満足に機能するわけでは無いと思います。

一生懸命に入れ歯を製作して調整していますが、なかなかすぐに満足はいただけないことがあります。

どうしても慣れの問題もありますからね。。。

新しい入れ歯を装着した後、当院では必ず調整の時間を取ります。

何事もなくても、一度は診せてもらうようにしています。

たまに、患者さん自身でも気づかないような粘膜の傷を作ってくる人がいなくもないですからね。。。

入れ歯を入れて物を嚙むと、しょっちゅう舌を嚙むとか頬を嚙むというのは患者さんの口腔周囲の神経筋機構が上手く調和していないことが考えられます。

総入れ歯が、くっつかないのは唾液の量やその他の要因であったりもします。

単純に歯科医師の腕の問題でもなかったりすることが多いのですね。。。

僕は、入れ歯を得意として日々の患者さんも多くの入れ歯の患者さんが来院されますが、一筋縄で物事が進展するほど易しいケースは少ないです。

でも、患者さんがこの医院を選んでくれて足を運んでくれている事実には感謝しておりますし、時折、優しい言葉をかけられると凄く嬉しいですよ。

全ての患者さんが満足するような入れ歯は多分、作れていないかと思いますが、自分の持てる力を最大限、出し切るように頑張りますよ。

それこそ、あらゆる手段を駆使していきたいと思います。

また、当院に来ていただいた患者さんには、必ず言っていますが、ほとんどの方は総入れ歯ではなく、部分入れ歯です。

その方達は、まだ歯が一本以上残存しているわけです。

重度の虫歯や歯周病でなければ、できるだけ保存を図るように当院では行っています。

でも、それを保存するためには患者さんの協力が必要です。

具体的には、ブラッシングによる日常のホームケアと定期健診に来ていただきたいです。

是非、一緒に頑張っていきましょう。


当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

2018年7月 6日

IMG_6512.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 総入れ歯を入れたいという希望で当院に来院される患者さんは多いです。

新製したい理由として多いのは、入れ歯が外れる、痛い、見栄えが悪い、発音しにくい等が多いです。

入れ歯は、ブリッジや被せ物とは違って取り外しが可能な物です。

全く取れないというものではないですね。

もしあったら、それは入れ歯といえるものでは無いと思います。

でも、それなりにくっついた総入れ歯を製作するために、様々な努力をしています。

総入れ歯の新製は、型取りから始まると思われがちですが、その前にやるべきことがあります。

それは、その人の粘膜の状態を見たり触ったりして傷がないかどうかや、ぶよぶよした粘膜はないか等をよく確認します。

もし、そのようなことがあった場合、適切な前処置から入らなければなりません。

特に問題が無ければ、初めて入れ歯の型取りとなります。

当院では保険診療でも簡単に既成のトレーを使って概形印象を取り、模型を起こしてから、その人に合った個人トレーを制作します。

その後、上下的な咬み合わせをと前後的な咬み合わせを取った後、仮合わせという流れになるのです。

そして仮合わせが終わって、患者さんに了解が得られれば完成となります。

作業工程としては、院内でやることと技工操作として歯科技工士がやる部分もあります。

院内での作業は、患者さんの口腔内でやるので見える作業ですが、歯科技工士さんがやっているところはあまり見かけたことはないですよね。。。

歯科医師も歯科技工士も入れ歯製作は簡単ではないですが、その患者さんの口の中にしっかり機能できるように日々頑張っていますよ。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

IMG_6512.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 即時入れ歯といって、抜歯と同時に入れ歯をセットすることがあります。

通常は、抜歯部位の傷が治ってから入れ歯を作るのが一般的ですが、前歯が絡む抜歯を行うと歯がないのが見えてしまいますよね。

審美的な面で、見栄え的に歯のない時期をなくすことができるので、日常の臨床で行うことがあります。

しかしながら、ある意味これは仮の入れ歯と僕は思っています。

抜歯部位の傷が治ったら、入れ歯を再製作するか、即時入れ歯の内面を裏打ちし直すのが必要な処置であります。

なぜなら、傷口の回復はある意味予想して作っているため、歯肉の回復度は個人や部位によっても違いますからね。。。

昨日、ある即時入れ歯を1年ほど前に入れた患者さんが来られました。

その患者さんは、その旨をお話ししていましたが、セットしてから1年間以上来られなかったのですが、入れ歯が当たって痛いということで急患として来ました。

入れ歯は抜歯して歯肉が盛り上がってきた部位に強く当たっており、かなりの調整が必要でした。

「○○さん、どうしてもっと早く来なかったの?これは、あくまで仮の入れ歯だと言ったよね。。。」と言ったら、「仕事忙しくて来れないのと、上が入っているから下の入れ歯は入れなくてもいいやと思って。。。あと、痛みが出てきたのでしなかったんだ。。。」と言ってました。

「もっと前に、入れ歯の裏打ちをするとか、作り直しをするとか考えないといけないですよ。。。そのことは言ってましたよね。」と言いました。

その方は、ちょっと不機嫌になったと思いますが、これは事実なんですよね。。。

その人は下顎の前歯は残存しており、臼歯部が欠損しております。

上顎は総入れ歯に近い部分入れ歯が入っています。

一応の見た目は、大丈夫だと思ったのでしょうね。。。

でも、このような咬み合わせだと下顎の歯が上顎の義歯を突き上げ、入れ歯の前歯が脱離するとかいうことが起きます(実際それがありました。。。)。

どうか、自分の口の中の事です。

起こりえる危険性は言っているつもりです。

それに、耳を傾けて下さいね、そうでないと根本的な解決には至らないですよ。。。

一緒に頑張りましょう。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは


2018年7月 5日

IMG_6512.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 部分入れ歯の維持や支持は歯牙と粘膜で図るものであります。

総入れ歯のような完全に粘膜負担のものとはちょっと違うのですね。

考えようによっては、歯もあるし粘膜にも負担をさせることができるので、総入れ歯よりは難しくないと考えられることがありますが、必ずしもそうとは言い切れないのです。

歯の残存の仕方によっては、「すれ違い咬合」と呼ばれる欠損様式があります。

このすれ違い咬合は残存している上下の歯が全く当たらず、すれ違ってしまっているのですね。。。

例えば上顎の左側臼歯部と下顎右側臼歯部が残存としているけども、他の部位が上下顎とも欠損していると、咬み合うことはなくすれ違っていますよね。

このような状態をすれ違い咬合と言います。

このすれ違い咬合は非常にやっかいな咬合様式です。

天然歯同士の接触がないので、咬むと咬合のストップが効かず、入れ歯が無いと粘膜に歯が食い込んでしまいます。

欠損部位に入れ歯が入ったとしても、その部位は入れ歯が粘膜に乗っかっているため沈み込みがあります。

どうしても、この入れ歯の沈み込みは避けられないことなのですね。

また、咬合力の強い人は、維持を図っている歯に付いている金属のバネも浮いてしまったりしやすいです。

そうなると維持は、本当に図りにくいですし、なかなか上手くいかないことがあります。

僕らも、バネをかけられる歯にはかけているのですが、ストップが効かないすれ違い咬合は本当にやっかいです。

場合によっては、総入れ歯の方が簡単なのではないかとも思えます(だからといって、抜くわけではないですが。。。)

このようなケースの場合は、患者さんと相談させていただいて、様々な方法を使って対応していきたいと考えます。

2018年7月 4日

IMG_6512.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 昨日、一本だけ(上顎第一大臼歯)の欠損で、入れ歯を入れてほしいという方が来られました。

その方は、残存歯に歯石や着色は付着していますが、特段、虫歯はなく、歯周組織は安定しているようでした。

その欠損部の補綴処置として、ファーストチョイスはブリッジかと思うのですが、その方は残存歯は削りたくないとのことです。

歯科インプラントのこともお話ししたのですが、これにも興味を示すことはなく、入れ歯を選択されました(当院では歯科インプラントは取り扱っていませんが。。。)。

入れ歯は、ブリッジと比較すると咬み心地は断然ブリッジの方が良いです。

僕もブリッジで対応できるケースならばブリッジをお勧めしています。

でも、ブリッジにはデメリットもあるのですね。

まず、欠損歯の隣の歯を少なからず削らなければなりません。

また、セット後、ダミー部分の汚れが形態的に付着しやすいため、清掃性もあまり良くありません。

そのため、残存歯が歯周病のためにブリッジが非適応である人もいます。

この方はインターネットなどで、その話はよく知っておりました。

それ故に、入れ歯を選ばれました。

また、保険内の残存歯に金属のバネがかかるモノも、この金属が見えるのは我慢ならないし、金属で歯が痛むのではないかという不安があるそうです。

確かにこの金属のバネが見えることは審美的とは言えませんし、この金属のバネのためにそれがかかる歯は多少傷つく可能性はないとは言えません。

保険内の金属のバネを使用した入れ歯を完全否定するつもりは毛頭ありませんが、使用できる素材や設計に関しては一定の決まりがあるため、なかなか歯がゆいことがあります。。。

実際、自由診療になりますがノンクラスプ入れ歯と言って金属のバネを使わない入れ歯は審美的ですし、小さい歯の欠損には向いていると思えます。

ただ入れ歯の咬み心地を天然歯と一緒に考えていると、先が思いやられることは度々あるのも事実です。

もちろん最大限の努力と、慣れていただけるよう調整はしていきますが、どんなに良いものでも違和感と咬合力の弱さはあると思いますので、その辺りについてはご了承下さい。

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
りんご歯科医院 院長 澤口正俊 りんご歯科医院
http://www.ringo-dental.jp/
院長 澤口正俊

当院は2011年9月の開業以来、地域密着型の歯科医院として患者さんのお口の健康をお守りしてきました。新潟駅前という場所柄、サラリーマンやOLの患者さんも多く、皆さんが毎日楽しく仕事に打ち込めるようにと、できる限りスピーディに痛みや違和感を取るように努めています。

私自身は大学時代に入れ歯治療への興味が芽生え、以来、総入れ歯を中心に入れ歯治療を熱心に行ってきました。現在は訪問診療にも力を入れ、ご高齢の方のお口の健康維持にも積極的に取り組んでおります。

今後も地域に根ざした歯科医院として、皆さんの歯の健康をお守りします。お口の中のトラブルでお困りのときは、ぜひお気軽にご相談ください。