«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年5月21日

IMG_6512.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

(前回の院長ブログの続きです。)

カリスマ講師のR.Iさんが言うには、

経営とは 経営=マーケティング+マネージメント となります。

マーケティングとは、モノ・サービスを売るための全ての工夫をいいますし、マネージメントとは人・モノ・時間などの使用法を最善にし、上手く物事を運営することといえます。

つまり、具体的にはマーケティングとは医院の宣伝広告となるものです。

そして、マネージメントとは院内の設備管理やスタッフ管理、そして患者さんへの管理となると思います(このことについては、僕の考えを後ほど説明していきたいです。)。

つまりこの二つだけで経営とは成り立つようです。

考えてみると、これまでこの二つを一生懸命にやっていた経験はないですし、やっている歯科医師も、これまでは知らなかったです。

でも、いわゆる繁盛歯科医院は、皆、ほぼ間違いなくそれを実践している。。。

特に都心部の先生や、地方でも突出している先生はほぼ間違いなくこの二つが上手く機能しているといえるのです。

僕は、一心不乱に教わったことをやってみようと思い、スタッフとミーティングをして様々な取り組みをしてきました。

精度は悪いかもしれないけど、まずはR.I講師が言ったことをやってみようと。。。

実際、ある程度コストはかかりました。

あまり使えるお金がなかったのですが、思い切らないことには物事は前に進みません。。。

かなりの経費をかけたところもあります。

そうすると、時間は少しかかりましたがファン患者さんが増えて、新規の患者さんが増えてきました。

この時は忙しく働ける自分が嬉しかったですよ。

なんとなく突破口が見えたような気がしましたから。。。

このベーシックコースは年に4回と、チームミーティングが2回あります。

その都度、チームの皆に報告する機会があるのですが、皆、様々な取り組みをしていて参考になりますし、回を追うごとに医院が成長していっているような気がしているとメンバーの人達に伝えることができました。

参加している医院さんの中には、もう既に有名歯科医院でこれ以上、頑張らなくても良いのではないかと思える医院も多く参加していて、その実践事例がまた、凄いのですね。。。

本当に刺激になりました。

僕はこのベーシックコースに2年連続で参加しましたし、その後、アドバンスコースにも参加しました(現在も、アドバンスコースに参加しています。)。

これらの実践を重ねて患者さんが増えて、それこそ忙しい日々を過ごせるようになってきましたが、ある日、何か違和感を感じている自分に気づき始めていました。

(この後は、次回の院長ブログに続きます。)

2018年5月19日

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

(前回の院長ブログの続きです。)

 お試しコースに行ってみると、この業界では有名なR.Iと言う人が講義をしてくれて、いわゆる繁盛歯科医院の実践事例を紹介してくれました。

その実践事例は、その時の自分にとってはもの凄くタイムリーで知りたい情報でした。

それを聞いて、よし、明日からこれをやってみようと当時の僕は奮い立ちました。。。

それはあまり難しいことではないのです。

例えば受付や玄関に生け花を置くとか、アロマをたいてみるとか、患者さんを名字や名前で呼ぶということでした(ハードルの高いものもちょっとは紹介されていたのですが、当時の僕はちょっと怖じ気づいていましたね。)。

でも、そのこと一つ一つはたいした手間はないのですが、積み重ねていくと結構大変です。

でも、確実に大きな効果が出ます。

実際、自分には効果が確かにあったので、この時点でこのセミナーの「ベーシックコース」に参加することを決めました。

このコースには歯科医師のみならず歯科衛生士、歯科助手、事務長、受付担当などのいろいろな人が参加していました。

でも、皆、モチベーションが高くて、自分の医院を良くするんだという意気込みのある人達が多かったような気がします。

初めて参加する人も多くいましたが、何年もリピートして参加している人もいました。

でも、まだ自分はそんなにこのセミナーには魅力があるんだろうかと懐疑的な目で見ていました。。。

もしかして、宗教かな?とも。。。

そんなこんなで、お試しコースから3ヶ月ほど経って、このベーシックコースが始まりました。

いざ始まってみると、カリスマ講師のR.Iさんの挨拶があり、まずはチーム編成をしていきます。

そのチームの作り方も凄いんです、モチベーションの高い人が立候補してチームリーダーになるんです。

それも立候補の数が凄く多くて25,26人ぐらいいたでしょうか。。。

普通に考えて、リーダーになりたいと思う人はまず、いないはずですよね。。。

だって、その他のメンバーのお世話役ですよ。

ところが、それになりたいという人がこんなにいるなんて。。。

凄くビックリしました。

後で解ったことなのですが、チームリーダーになることによって、スタッフをまとめる力がつくそうです。

つまり、一つの仮想歯科医院の組織ができるわけですね(歯科医師のみならず、歯科衛生士、歯科助手、事務長、受付、TC等の職種がいますから。) 。

その人達をまとめるための力、いわゆるマネージメント力が養われるそうです(あるチームリーダーはそう言っていました。)。

この立候補者達は自分の豊富を述べた後に、この人について行きたいという人の前にその他の参加者は集まるのですが、その立候補者の前に並んだ参加者の数が少ないところはチームとして認められず、解散させられ他のチームに移るのですね。。。

そして、12チームぐらいになります。

1チーム、大体12、3人ぐらいですかね。。。

そして、そのグループごとに分かれて席について、カリスマ講師のR.Iさんの講義を受けるのです。

この講義の中で、最初に教えてもらった内容には「経営」とは、なんぞやというところから入りました。

いわゆる歯科医院の経営は、ある簡単な数式で成り立つのです。

(この後は次回に続きます。)

2018年5月14日

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

(前回のブログの続きです。)

 でも、どうやって立て直したら良いのかを考えてみても何も浮かばなかったです。

新しい看板を立てれば良いのかとか、宣伝広告を打てば良いのかとか、タウンページにでかでかと広告を打てば良いのかとか、考えられるものはいくつかありましたが、最初はお金もないため、コストをかけずにできる方法はないかなと考えた末にやりだしたのが近所の歯科以外の医院に挨拶に行きました。

もちろん手ぶらで行くことはせずに、当院の紹介チラシと医院カードと贈り物のお菓子を持って。。。

先生に直に会って、「私は、りんご歯科医院で歯科医師をやっているものです。もし、何かお役に立てられることがあったら、ご紹介していただけたら幸いです。」と言って頭を下げてお願いしました。。。

僕達、歯科医師は開業する前に近所の歯科医院に挨拶に行くのはある意味当然ですが、歯科以外の医院に挨拶に行く人は、あまりいないと思うのですね。

その医院のお昼休みを、あらかじめ確認しておいて行くようにして、先生の顔を見てご挨拶させていただきましたよ。

言われた先生も、ビックリしていましたよ。

「歯医者さんって大変だね~。」と言われましたからね。。。

それでも、やって良かったですよ。

実際、その後に近くの内科の先生から何件も糖尿病患者さんの歯石取りを頼まれたりしましたからね。

また、当院周辺は飲食店が多く、当院の下の階には美味しいイタリア料理店と、繊細な料理の和食店がテナントで入っています。

近所の居酒屋や、焼き鳥屋さん、中華料理屋さん、ハンバーガー屋さんなど、あらゆる所に挨拶に伺いました。。。

初めは挨拶がてらに飲みに行って店長に挨拶をさせていただき、そして医院のカードやパンフレットを置いてもらったりしましたよ。

ここで感じたのは、皆、面と向かって真摯にお願いすれば全く嫌な顔されることなく、医院のカードを目立つ場所に置いてくれましたよ。

中には、そこの飲食店の従業員が来てくれたりもしました。

それと同時進行に、地域のお祭りに参加したりして顔を知ってもらったりしました。

現在もそのお祭りの川端奉行行列に参加させていただき、お奉行様の格好をして新潟祭りに参加しています。

そして地域の健康交流会にも積極的に参加し、地域住民に歯科のことを知ってもらおうと今も頑張っています。

同業の歯科医師の中には、このようなことをするのは歯科医師の品を悪くすると言う人もいました。

嫌がらせをする近所の歯科医師もいましたし。。。

でも、歯科医師が自分のできることを伝えて何が悪いのか僕には解りませんし、できることを言わない方が罪なのかもしれませんよ。

誇大表現をしなければ品を失うことはないような気がいたしますが。。。

でも、ここまでやったのが3年目ぐらいでしょうか、まだまだ規模は小さくてデンタルユニットが2台(新しいユニット1台と古いユニット1台)、従業員は妻とパートの衛生士が二人だけの規模の歯科医院でした。

患者さんの数も1日に平均12~16人ぐらいでしょうか。。。

まだまだ、全然満足いくような経営状態ではなかったですね。

そういう経営の悩みを常に抱えていたので、他にもいろいろやってみました。。。

タウンページに広告を載せたり、消火栓看板をしたり、雑誌に当院の情報を載せてもらったり、バス内のコールもやりました。

医院の内装も買った当初よりキレイにしようと思い、受付から変えていきました。

水が自動で出ないような古いユニットを破棄し、新しいユニットに変えたり、一階から二階までの階段とその壁を変えて明るくしたりしましたね。

でも、まだ2台のユニットで診療をこなしていましたが、根本的に受け入れられるスペースがないと思い、断腸の思いで3台目のユニットを購入しました。

そうこうするうちに、1日の平均患者数が20人を超えていくことが多くなってきました。

それでも、自分としてはまだまだ満足いくような結果にはならず、これからどうしたらいいかさえも解らなくなっていましたよ。

その時、FBからある経営セミナーの広告を見ました。

それには、無料でお試しのコースを受けられることが書いてありました。


(この後は次回に続きます。)

2018年5月12日

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 先月8日の日曜日のことですが、大阪で歯科医院の経営のためのセミナーがありました。

経営のセミナーというと、お金儲けのセミナーかと言われそうですが、このセミナーは単なるお金儲けのセミナーではないです。

この経営セミナーは自分のやりたい歯科治療を通して、院長やスタッフにやり甲斐を持たせ、患者さんに良い治療を提供して幸せにしていくという、皆がwin winの関係を目指す経営塾なのです。

もちろんお金の話が全くない経営塾なんてないと思います。

まあ、確かにお金が無ければ、スッタッフは雇えませんし、設備も充実させることができないですからね。

つまりはある程度、繁盛しなければ、良い歯科医療を提供し続けていくことは無理なのかもしれないと、僕は考えています(まだまだダメですけどもね。。。)

そうならないと、医院の維持はできませんから。。。

だから歯科医学のことだけではなく、医院経営についても勉強は必須だと思っています。

でも、歯科医師って経営の勉強をする機会が、学生時代は全くないんですよね。。。

大学で教えてくれることはないんです(今は解りませんが。。。)

実際、僕はこの歯科医師過剰が既に叫ばれている中での開業です(今年の9月で8年目になります。)。

それなのに、開業当初は看板さえ出してしっかり治療していれば患者さんは来てくれると真剣に思っていましたから。。。

でも、開業してしばらくは患者さんが全くいなくて、経営状況は最悪でした。。。

その当時は、スタッフも妻しかいないため、人件費はかかりませんでしたが古い医院を居抜きで買ったとは言え多額の借金を抱えてますからね。。。

月の支払いは、患者さんがいようがいまいが何十万円と出て行くのです。

肝心の患者さんも恥ずかしながら半年ぐらいまで、一日の患者さんが10人を超えることは無かったですよ。

そのため、現金収入がほとんど無くいつも切羽詰まった顔をしていました。

あまりにも収入が少ないため、夜10時半頃から朝方の3時くらいまで宅配会社のアルバイトもこの時期に経験しました。

僕は、それまで歯科医業以外の仕事というのは、ほとんどしたことが無く、この宅配業はアルバイトとはいえ、もの凄く辛かったです。

ラインというベルトコンベアに次々に送られてくる荷物を乗せるのが主な仕事でしたが、業務用の冷蔵庫のようなものもあり、あまりにも重くて持ち上げられなかったりして、下に落としてしまい、僕よりも年が10歳ぐらい若い人から、すごく怒られたりしましたからね。。。

ミスした自分が悪いのですが、その罵られ方は凄かったです。

それからというもの、このことが発端で目を付けられるようになり、その他にも、いろいろと凄い剣幕で怒られましたよ。

このアルバイトを1ヶ月ほどやっていましたが、夜、宅配会社のアルバイトをして、日中は患者さんがいないことを良いことにうたた寝をしているのです(当時の当院はいつも暇だったので。。。)。


ここで、ふとあることにようやく気づいたのですが、歯科医院の経営状態が悪いからといって夜に他業種のアルバイトをやっていても、時給1000円が5時間分しか入ってこず、借金返済の助けにはならないじゃないかと。。。

考えてみれば当たり前なのですが、当時の僕は本当にお金に困っていましたし、その時給1000円のお金が欲しかったのですね。。。

悩んだ末に決心しました。

このアルバイトを辞めて、本業をしっかり立て直すんだと。。。

(この後は次回に続きます。)

2018年5月11日

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 昨日のことですが、市の健診を使用したい方が来院しました。

その方は、なぜか僕のことをじっと見ていて、何か言いたそうな顔をしていました。

僕は、何か悩みがあるのかな?と思っていましたが、口腔内の状態はそれほど悪くなかったです。

ただ「くさび状欠損」で治した方が良い歯を2本ほど指摘し、歯石の除去もした方が良い旨をお話ししました。

その方は、「そうですか、では、今後通います。」と言ってくれました。

その後、帰り際に「森○教授はお元気ですか?」と言ってきました。

森○教授は僕が大学病院に勤務していたときに従事していた総義歯学の教授です。

7年前に現役を退官されて、今は名誉教授となっております。

現在、教授は東京に住んでいます。

僕は、びっくりして、「え、森○教授を知っているのですか?森○教授は、元気です。今でもうちに年に2回ぐらいは来てくれますよ。」と言いました。

その方は、「私は森○教授が、新潟に居たときに同じマンションに住んでいた者なんです。その際に、あなたの医院の紹介カードをいただいてね。。。ちょっと遅くなったけど来たんだ。教授はあなたのことを、すごく気にかけていたよ。歯科医院の多いところだもんね。僕の教え子のことを頼むね。あいつは頭はあまり良くないけど、腕と人柄は良いから。」と言っていたとのことです。

確かに、教授が当院の医院カードを、僕の妻からもらっていたのを思い出しました。

実は、教授の紹介という方はこの人だけではないです。

ほかにも3人ほどいます。

教授の人柄や性格のことを考えると、本当に僕は嬉しく思いました。

森○教授の人柄は優しくて良い人ですが、教授としてのプライドは人一倍あります。

総入れ歯が専門なので、入れ歯はもちろん上手です。

教授の考えとしては研究肌か臨床肌に分かれることが多いのですが、森○教授はどちらも頑張らないと医局員としては失格だと言っていました。

そのため、大学院、医局員時代は教授に付いて、見学や技工をしたり動物を使った実験や材料の研究をしていましたよ。

そのため、教授が人に頭を下げて当院の紹介カードを持って、人にお願いするのは本当にびっくりです。

僕らには結構、厳しいことを言う教授がそんなことをしてたなんて。。。

教授に気にかけていただいて、本当に光栄ですよ。

親にも教授にもまだまだ心配をかけっぱなしの状況ですが、日々前進していきたいと思います。

教授の講座で勉強できて良かったなーと心底思えました。

教授、本当にありがとうございます。

2018年5月10日

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

以前に当院である60代の男性が、上下顎の総入れ歯を製作いたしました。

その方は非常に満足していただけたようで、「先生、私の妻も診てほしい。かなり具合の悪い歯があるようなんだ。多分入れ歯になるな~。」と言ってました。

僕は軽い気持ちで、「そうなんですね。僕で良ければ良いですよ。頑張ります。」と、その方に伝えました。

翌週、その方の奥さんが当院に来られ口腔内を診てみると、その時点で上顎の両側臼歯は欠損しておりました。

残存歯も歯周病の状態が悪く、大きな虫歯で根の治療をやらなければならない歯も何本かあります。そして、ブリッジも破損していたり、不適な被せものもあります。

治療計画を立てていくと、歯周病により抜歯しなければならないものが下顎前歯と臼歯の残痕を含めて6本、根の治療を併行してやっていき、前歯が絡む抜歯なので残存歯も多くはないために早めに部分入れ歯を作り、咬合の回復も図りつつ不適なブリッジを再製した後は、もう一度、部分入れ歯を作らなければならない旨を説明しました。

とにかく、やらなければならない処置は多くあるため、時間がかかる旨を説明しました。
その方の返事は、「先生の一番良いと思われる治療をお願いします。頑張って通います。」と言ってくれました。

でも、その時に思い出したのですが、以前、この方の旦那さんが「五月の連休明けには、故郷である秋田県の本荘市に妻と帰って、楽しく暮らすんだ~。」と言っていたことを。。。

この時点では、まだ4月前だったので僕は「そう言えば、以前、旦那さんが5月の連休明けには秋田県に帰って、向こうで暮らすと言っていましたが通うのは難しいですよね。。。もし、良かったら知り合いの先生を紹介いたしますが。」と伝えました。

その方は、「いえいえ、大丈夫です。夫もここの先生にしっかり治してもらいなさいと言ってましたし。暖かくなったので、雪は心配ないし。毎週は来れないかもしれないけど頑張ります。」と言っていただきました。

この言葉を聞いたときに、無理はしないでほしいという気持ちと、僕を信頼していただけて嬉しいという気持ちが入り交じりましたよ。。。

そして昨日、その連休明けの予約があり、その時間にその人はやってきました。

僕やスタッフは「秋田からお疲れ様です。大丈夫ですか?」と訪ねたところ、「うん、連休中に引っ越ししましてね。今日は主人の車で4時間かけて来ましたよ。今日は泊まりなので全然大丈夫です。」と仰っていましたよ。

本当に頭が下がる思いです。

その方の年齢も60代後半ですし、僕としてはそこまで当院を信頼してくれてありがたいです。

まだ、治療は道半ばですが極力早くやってあげたいですし、この方にとって無理のない日程と時間を確保したいと思いますよ。

そして、もし、この医院で無事に治療終了されることができたなら、スタッフ皆でお祝いしたいと思います。

僕たちもその日を目指して精一杯、頑張ります。

2018年5月 9日

CIMG1889.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 昨日のことですが、ある患者さんから「自由診療の金属床の入れ歯って、保険の入れ歯とどう違い、どういうメリットがありますか?また、今後は作り替えなくても大丈夫なのですか?」と聞かれました。

この方は5年前に、当院で保険診療内において、入れ歯を製作しました。

上顎は全ての歯が欠損しており、総入れ歯です。

下顎は、両側臼歯部分が欠損しており部分入れ歯が入っています。

この方は、過去に強い咬合力のため、上顎の総入れ歯が一度、真ん中から割れてしまったことがありました。

また、この強い咬合力のために人工歯が咬耗し、咬合高径が下がってしまいました。

そのために老人用顔貌になりやすく、顎も調子が悪いということです。

そのため、その入れ歯の咬み合わせ部分にプラスチックを盛り、咬み合わせの高さを上げました。

1年ほど前にもこのような咬み合わせの修理・調整をしました。

この患者さんは、村上市という遠いところから通ってきているため良いものを作って、それを持たせたい気持ちが強い方だとは思います。

この方に僕は、「自由診療で作らせてもらうならば、金属床入れ歯が良いと思います。

この金属床義歯とは、義歯床の部分が金属で加工されている入れ歯のことを一般的に呼びます。

床を金属にする技術によって、入れ歯を薄くすることが出来るため、使用する患者自体の違和感が少ないことなどが特徴に挙げられます。

保険診療内での、プラスチックで作られた入れ歯よりも強度面で優れているなどの効果があり、丈夫な素材を使っているため患者自体も快適に使用することが出来るというメリットがあります。

また、入れ歯全体も、プラスチックで作ったときのようなたわみを抑えることが出来ます。

よく聞くことですが、患者さんが実際に使用したときの感触としては、金属を使用することによって、通常のタイプのものよりも薄く仕上げることが出来るので、口の中が広くなってしゃべりやすいと言われます。

また、金属床の部分入れ歯の場合には、自由な入れ歯の設計から、残っている健康な歯に負担をかけないことも可能というメリットもあります。

金属を使用しているため熱の伝わり方も良く、温かい食材は温かく、冷たい食材は冷たく食べられるという特徴もあります。

そして、この患者さんが一番気になっている人工歯の咬耗も、できるだけないような陶歯や、金属を使用した人工歯に変えることも可能ですからね。。。

トータル的に考えて、金属床の入れ歯の方が僕は良いと思います。

ただ作り替えなくて良いものとか、何年持ちますかという問いに対しては、その人の使い方や定期健診にきちんと応じてくれるとか、歯茎の痩せ方とかいろいろな要素がありますので、何ともいえませんが。。。ただ経験上、この自由診療の金属床入れ歯を2~3年で作り替えというのは今までないですね。」と言いました。

そして、当院の自由診療についての料金表をお渡ししたところ検討したいとのことでした。

この金属床の入れ歯は、みんなに勧めたい気持ちがありますが、デメリットとしては金額が高いということでしょうか。。。

でも、メリットの多さは確実にあるといえるので、ご興味のある方は検討していただきたいと思います。

生活の質は、きっと向上すると思いますよ。


当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

2018年5月 8日

CIMG2006.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 患者さんとしては、入れ歯はできればあまりしたくはないですよね。

僕ら歯科医師も、極力は入れ歯を避けるような処置を進めることが多いです。

一本だけの欠損ならば、ファーストチョイスはブリッジだと思います。

ブリッジは、固定性の補綴物なので咬んだ感触は天然歯に近いです。

実際、よく咬めます。

でも、問題点がないわけでもないです。

欠損した両隣在歯を削らなければならないデメリットがあります。

欠損した両隣の歯にもし虫歯があれば、それを削ってかぶせると言うことに強い抵抗はそれほどないのですが、もし、健康な歯ならば気分はいやなものです。

ですから、そのような人には歯科インプラントも勧めることがあります(当院では歯科インプラントはしていないので、必要な方には大学病院か近くの一生懸命に歯科インプラントを勉強している先生に紹介させていただいています。)。

もちろん保険診療ではないのでかなり高額ですが。。。

それに変わるものというと、やはり入れ歯でしかないというのも現状であります。

ただ、保険診療となると金属のバネ(クラスプ)を使用したものになります。

それ以外のものとなると、考えられるのはノンクラスプ入れ歯なのではないかと思います。

これも保険診療ではできないものではありますが、歯科インプラントと比べると安価だと思います(ただ咬み心地は歯科インプラントの方が遙かに良いとは思います。)。

また、このような少数歯欠損のケースは若い世代の人が多く、金属のバネを見えてしまうのを極端に嫌う方が多いため、ノンクラスプ入れ歯(金属のバネを使用しない入れ歯)を選択する人が多いです。

この入れ歯は、審美的には非常に良いものになります。

残存歯の歯間部の歯肉に床と言われるピンク色の材料を這わせて作ります。

床材料は、保険で使用するものよりも柔らかく弾力もあります。

そのため、維持力も優れています。

ただ残存歯を挟むようにして維持を図るため、残存歯の歯周病の程度はかなり注意して診ていかないといけないですし、動揺のある歯には使いたくないものであります。

このノンクラスプ入れ歯の適応はかなり多く、患者さんからも非常に喜ばれています。

当院では、このノンクラスプ入れ歯の症例も多く行っています。

ブリッジや歯科インプラントに抵抗を感じる方は、是非、考えていただけたら良いと思います。

その際にはまず、残存歯の状態を確認してからノンクラスプ入れ歯の製作を行いたいと思います。

もし、気になる方はご相談いただけたら幸いです。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

2018年5月 7日

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 総入れ歯を製作する際に、当院で特に気をつけていることは笑ったときの人工歯の見え方です。

これは、保険診療、自由診療にかかわらずに当院では入れ歯製作の際に、大切にしている作業です。

その際の人工歯の大きさや色も大切ですし、形も大切なのですが歯の見え方は置かれている歯の位置、出っ張り具合でかなり変わります。

いわゆる出っ歯のような状態になったままや、歯肉色が目立つようになったまま完成したら治すのがかなり困難ですからね(ほぼ作り替えなければならないと思います。)

そうならないように、咬み合わせ取りが終わって歯を並べ、歯肉形成を行ったならば必ず仮合わせをするように当院はしていますよ。

見るポイントは、まず正中がズレていないか、リップサポートという唇の張り具合(張りがなく唇の赤い部分が内側に入ってしまうこともあります。)はどうか、顔全体から見た歯の大きさ、顔や性差による歯の形態などは重要ですからね。

そして笑ったときの歯の見え方(スマイルラインを参考にしたものです。)は、すごく大切だと思いますから。。。

人工歯の素材としては、レジン歯(プラスチックの歯)、硬質レジン歯(硬いプラスチックの歯)、陶歯(セトモノでできた歯)がありますが、保険診療では主に硬質レジン歯を僕は使用します。

硬質レジン歯は、調整もしやすく摩耗も少ないため長期的に見て良いものと思えますから。

色も種類が豊富で明るい色のものもあれば、濃い色のものもありますからね。

入れ歯製作で重要な部分を占めるこの、人工歯配列の善し悪しは机上であれこれやることよりも実際に患者さんを前にして、やった方が実際の見え方がよくわかるので、もし、満足いかないなあと思えば自分でもう一回やることもありますよ。

もし、この仮合わせの段階で人工歯の配列不備があり、もう一回やり直すことはそれほど大変ではないですから、もし、気になることがあればこの段階で教えていただけたら幸いです。

入れ歯をを作るのに、患者さんの意見が入らないものは良いものになりにくいですからね。

こちらの方からも、そのあたりをしっかり取り込めるように積極的に聞いていますが、患者さん側としても、この仮合わせの時に気がかりなことがあれば教えていただけたら幸いです。

患者さん、歯科医師、歯科技工士が一緒に協力していきながら、良い入れ歯を作っていきましょうね。

そうすることによって、完成した入れ歯は患者さん自身もしっかり使っていただけると思うので慣れるのも早いですからね。

一緒に頑張りましょう。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

2018年5月 3日

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

(前回のブログの続きです。)

 それから、その人は一ヶ月ほどして退院して、当院に入れ歯の調整に来ました。

その際は、昔のような言葉にトゲトゲしさはなく、スタッフにも笑顔で話をするようになっていました。

相変わらず、歯磨きの話はあまり聞いてはくれませんが、自分なりには磨いていてくれています。

そして、この件があってから、その人はある意味、自分の言いにくいことを話してくれるようになりましたし、心を完全に開いてくれているようでした。

この7年間にその人の歯周病は特段悪化することはなかったですが、虫歯により根の治療をしましたが、抜歯はしていません。

ただ、入れ歯は本人の希望もあって、毎年作り替えています。

特段、悪くはないのですが、「俺の歯茎はブヨブヨで、ほかの歯医者がこれはお手上げだと言っていた。だから、おまえみたいな下手なやつが作った場合は、1年に1回は作り替えが必要なんだよ。」と茶目っ気たっぷりで言っています。

しかも、「最近、患者さんが増えてきたじゃんか、俺が鍛えてやっているからな。感謝しろよ~。」みたいなことも平気で言います。

でも、その心のやりとりは確実にお互いが笑えるくらい良いものになりましたよ。

スタッフも、最初はこの人のことを誤解していましたが、今は、みんなのアイドルとなっていますよ。

どこか旅行に行けば、お互いにお土産も買ってくる仲ですよ。

体調も今は良いようで、定期的な検診は行っているようですが、あれから5年以上経っているので、おそらく再発はないようです。

考えてみると、この方は奥さんも子供もいません。

きっと、家族のように心配したのは僕たちだけだったのではないでしょうか(その辺りはよく解りませんが。。。)?

でも、決してこうなるとはあの時の僕は思ってはおらず、健康食品を渡したのも、なんとなく僕の親父と似ていてかぶるところがあったからなのでしょうかね?

本当にタイミングですよね、物事の進展は。。。

でも、心が打ち解けられたら本当に良い関係が歯科医療を通じてできるのですね。

これからも、毎週一回はこの人を診て、1年に1回は入れ歯の製作を行えたら、僕としては嬉しい限りです。

この人は、もうすぐ70歳を迎えますが、その際は当院でプレゼントを用意して盛大にお祝いをしてあげたいと思います。

苦手意識を持つ患者さんを克服することの第一歩は、こちらから心を開くことなんですね。

この患者さんの診療を通じて、それは解りました。

でも、全ての患者さんにできることではないですが、これからも頑張っていきたいと思います。

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
りんご歯科医院 院長 澤口正俊 りんご歯科医院
http://www.ringo-dental.jp/
院長 澤口正俊

当院は2011年9月の開業以来、地域密着型の歯科医院として患者さんのお口の健康をお守りしてきました。新潟駅前という場所柄、サラリーマンやOLの患者さんも多く、皆さんが毎日楽しく仕事に打ち込めるようにと、できる限りスピーディに痛みや違和感を取るように努めています。

私自身は大学時代に入れ歯治療への興味が芽生え、以来、総入れ歯を中心に入れ歯治療を熱心に行ってきました。現在は訪問診療にも力を入れ、ご高齢の方のお口の健康維持にも積極的に取り組んでおります。

今後も地域に根ざした歯科医院として、皆さんの歯の健康をお守りします。お口の中のトラブルでお困りのときは、ぜひお気軽にご相談ください。