ノンクラスプ入れ歯をお勧めしたいケースとは。。。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

ノンクラスプ入れ歯をお勧めしたいケースとは。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

先日、まだお若い30台の男性が下顎右側の犬歯から第二小臼歯まで欠損されている方が来ました。

そこには保険診療内で製作されたと思われる入れ歯が装着されていました。

三本分の歯の欠損には人工歯とその前後の歯にクラスプという金属のバネが掛かっています。

これは、もちろん保険診療内では問題ない設計であります。

それこそ、保険診療内の入れ歯では、金属のバネを使用しないわけにはいきません。

しかしながら、あまり適合は良くなく患者さんは、作り替えたいようでしたが前歯に金属のバネが見えるので、見えないようにしてもらいたいとの希望がありました。

そのようなケースの場合、当院ではノンクラスプ入れ歯をお勧めすることが多いです。

 

でも、このノンクラスプ入れ歯は保険診療で製作することはできません。

自由診療で製作が可能となります。

それでも、インプラントや金属床の入れ歯に比べたら割と安価ではないかと僕は思います。

僕は、その患者さんに「このノンクラスプ入れ歯は今まで金属のバネが掛かっていた部位に金属のバネに変わってピンク色の床と言われるものが残存している歯の歯茎を覆います。保険で使用されているものと違って、柔らかい素材で弾力があります。出し入れする時は弾力があるためそれが維持にも役立ったり、外すときにも楽に外せます。」と言いました。

その患者さんには、非常に魅力的に感じられたのでしょうね。

すぐにこのノンクラスプ入れ歯を決断してくれましたよ。

しかしながら、このノンクラスプ入れ歯が全ての症例で適応ということはありません。

また、材質的にも強度がそれほど強いわけでもありません。

そして歯周病がある方には、この弾性による把持力が裏目に出てしまい着脱する際に歯を揺さぶって引き抜きの力が働いてしまうこともあります。

そのため、歯茎の点検は必須であるかと思いますし、動揺がすでにある方には不向きなものと思います。

ご希望の方は、その辺りもしっかり診査してから、製作に入るようにお勧めいたしますよ。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

関連する記事