金属床入れ歯で違和感を少なくできますね。。。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

金属床入れ歯で違和感を少なくできますね。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

総入れ歯を自由診療で作るならば、おそらく金属床というものになっていることが多いと思います。

この金属床というのは上顎の場合は、口蓋部分が大きく金属で覆われており、下顎は舌に接する部分が金属で覆われていることと思います。

この入れ歯のメリットは金属であるため粘膜に接する部分は熱の伝導性が非常に良いです。

また、その部位は薄くできるため、違和感は少なく発音や食物の飲み込みにも違和感が少ないものです。

総入れ歯の場合、入れ歯の維持と支持は粘膜で負担することになるので、自由診療にしろ保険診療にしろそれなりの面積が必要です。

そうしないと、入れ歯は簡単に外れてしまい良いことがありません。

ただ維持のためにその面積は変えられないにしても、入れ歯の厚みを変えることによって患者さんの違和感は相当改善できるのは施術していてよく感じます。

金属床にすることで、わずか数ミリかもしれませんが、その差は本当に違いますね。

使用する金属にも種類が何種類かあり、当院ではゴールド、チタン、コバルトクロムの3種類を提供できます。

もし、今まで保険の総入れ歯を入れていてそのような所にお悩みがあったりするならば、作り替える際には一度説明を聞いて判断していただけたらと思います。

入れ歯は毎日の生活の中で使用していかなければいけないものです。

丈夫で長持ちできるようなものという意味でも、この金属床入れ歯はお勧めです。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

☆当院では一緒に働いてくれる歯科衛生士(正社員)を募集しています。

 ご希望の方は、お電話にてお問い合わせください。

関連する記事