ノンクラスプ入れ歯をさらに目立たなくさせるために。。。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

ノンクラスプ入れ歯をさらに目立たなくさせるために。。。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

ノンクラスプ入れ歯は、部分欠損に対応する入れ歯です。

これは前歯の金属のバネ(クラスプ)が気になるので、目立たないようにしてほしいという希望があって行うことが多いです。

しかしながら、部分入れ歯は歯に維持や安定を求めるため、クラスプの代わりとなる特殊な材料の床部分を伸ばしたものが必要となります。

それをノンクラスプ入れ歯は、残存歯の歯肉部分まで覆い、入れ歯の着脱方向を見て歯の歯頚部まで覆います。

そのため、歯が短く見えてしまって、逆に自然で無くなることもあります。

これを回避するため、当院ではこの部位を半透明(クリアアームと言っています。)にし、歯の色を極力、消さないようにしています。

これにより、歯があまり短く見えることもなく、患者さんにも喜ばれていますよ。

(しかしながら、全く解らないようにするというのは難しいケースもありますが。。。)

もし、ノンクラスプ入れ歯にしても以上のことであまりきれいに見えないようなことがあるならば、一度相談に来ていただけたらと思います。

完全に解らないようにすることは無理かもしれませんが、大分、その辺りを改善できると思います。

 

※ノンクラスプ入れ歯は自由診療となります。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

関連する記事