入れ歯よりも大切な自分の歯を守りましょう。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

入れ歯よりも大切な自分の歯を守りましょう。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯の患者さんが当院には本当に多く来てくれています。

元々、歯科大学の入れ歯の講座に10年ほど居させてもらっていたので、入れ歯診療は大好きです。

僕は、入れ歯を触れない日がたまにあったりするとフラストレーションがたまってしまい、ちょっと面白くないです。

本当に自分でもおかしいんじゃないかと思う時がありますよ。

だから、休みの日にも入れ歯の本を読んでいたり、入れ歯のための技工をやっていたりします。

最近は技工の方は信頼を置ける歯科技工士が当院に来てくれましたので、技工の頻度は減りましたけどもね。

ただ一点だけ入れ歯診療でも、面白く思わないものがありますね。

それは、自分が過去に製作した入れ歯が早い時期に再製作になった時ですね。

総入れ歯であれば時間の経過とともに歯茎が痩せてくるので、再製作することはある程度は仕方ないことですが、問題は部分入れ歯です。

部分入れ歯で再製作になる可能性が一番高く頭を悩ませているのは、残っている歯が抜けてしまったり、抜歯しなければならなくなった時ですね。

そのような時というのは、だいたい患者さん自身の口腔内の衛生管理が良くなく、しかもメンテナンスにも来てもらえないことが多いものです。

つまりは口腔内の衛生管理が悪くてそうなってしまうのですね。

これをできれば改善したいです。

部分入れ歯の患者さんにそれ以上悪くならないように定期健診と歯のクリーニングに来ていただき、良い状態を維持する。

口で言うほど簡単なことではないですが、そうしたいです。

そのためにも、部分入れ歯の患者さんの歯を極力抜かずに、維持管理できるように唾液検査をしていただいて、その方の虫歯や歯周病のリスクを知ったうえでシステムを構築しています。

それが本当の意味での予防につながると信じてます。

 

※唾液検査は有料で、税込み3000円です。

関連する記事