自由診療で作る金属床入れ歯はメリットが多いですよ。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

自由診療で作る金属床入れ歯はメリットが多いですよ。

CIMG1636.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯の違和感は、初めて入れ歯を入れる人には強くあるようです。

どんなにいい入れ歯であってもあくまで人工物ですし、ブリッジなどの固定性のものとは違い粘膜部分に乗っかっていますので、避けられない事実ではあります。

しかしながら、それがないと噛めないのも多数歯欠損の場合ではあるので、多くの方は使いますよね。

そうこうしていくうちに、ほとんどの方は慣れていくのですね。もちろん調整が1~2度はあるかと思いますが。。。

ただ上顎の口蓋部分や下顎の舌側部分の厚みは、できるだけ薄いほうがいいですね。

その方が、違和感は少なくなりますが保険の入れ歯だとなかなか難しい面があります。

なぜなら保険で使用される入れ歯の材料はプラスチックのため、それなりに厚みが必要なのですね。

そうでないと、薄くなりすぎて壊れやすいですから。。。

その点、金属床と言われるものは、その部分を薄い金属で覆うことができるため、比較的違和感が少ないとされていますよ。

また、熱の伝わりも良く冷たい食材は冷たいものとして、温かい食材は温かいものとして食べられるので美味しく感じると思います。

また壊れにくく頑丈ですから、今まで保険の入れ歯でそのあたりを悩んでいた方にはお勧めの入れ歯と言えます。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

関連する記事