歯の欠損部に入る補綴は何が良いのか。。。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

歯の欠損部に入る補綴は何が良いのか。。。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

入れ歯は自分のモノとして機能するまではなかなか時間を要します。

特に大きい欠損があって、初めて入れ歯を入れるとなると馴染むまではなかなか容易ではないです。

口の中の環境ががらりと変わりますし、舌も動かしにくいため発音しにくいとか咀嚼時に頬粘膜や舌を噛みやすいということは多くありますね。

先日も初めて大きな入れ歯を入れた方がいましたが、セットしたその時は痛くはないのですが、ご飯を食べると痛いということは結構聞く話です。

患者さんにはその旨を説明していますが、短気な方はそれを我慢できずに諦めてしまい、入れ歯を使用しないという人は少なくないかもしれませんね。

でも、それだといつまでたっても使用できるようにはなりませんし、次の手段となるとインプラントでしょうか。。。

このインプラントも適応を誤ると、なかなか大変です。

金額的にも高額でしょうし、インプラント周囲炎でインプラント体を撤去しなければならなくなった人もたくさん見ています。。。

その場合の歯茎は、もっと侵襲が大きくあって更に歯茎が痩せてしまいますからね。

そこに再度入れ歯を入れるのは、かなり条件的に厳しいですよ。

もちろんインプラントが適応の方も多くいて、インプラントそのものを否定するわけではありませんが、安直に考えないほうがいいとは思います。

結局は欠損を作らないことが大切なのは言うまでもないですが、もし、欠損が起きてしまった場合の補綴物を決めるのは患者さん自身なのですからね。

その辺りはかかりつけの歯科医師とよく話をして、決めていただくのが良いと思います。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

関連する記事